ブログトップ
<   2007年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
暖冬の金沢
c0041132_2284437.jpg翌朝は、あと2人と昼に合流して、氷見に向かう予定。それまでA嬢と、しばしの金沢散策。
私は昨年のんびり金沢に来ていて、A嬢はだいぶ前に一人旅で来たっきり。茶屋街の辺りは寄ってないなぁ、とのことだったので、じゃぁ~、にし&ひがし茶屋街と、川べりをサイクリングしちゃおう!

→この通り、植え込みも全く雪が無いので、サイクリングも可能だったんだな。雪が積もっていれば、兼六園に行ったんだけどね。タクシーに乗ったら、運転手さんが「全然雪無いですからね~、1月は積雪なしで」って、信じられないお話をされてびっくり。そこまで暖冬だとは。
c0041132_22183029.jpg
素敵な青空。夏に行ったときと、あまり変わらない風景かなー?あの時泊まった宿のある、川沿いを自転車で走った。懐かしい。今度は、みんなでここに来ようか。
c0041132_22231768.jpgにし茶屋街の、・・・何の建物だっけ(^^;観光案内所みたいな所、だったような。向かいの甘納豆やさんに、また行って、渋皮栗の甘納豆を購入。みんなのおやつにした。いや~、もっと買っておけばよかったなぁ。しみじみ、おいしいです(甘納豆 かわむら)

↓ひがし茶屋街の、パーマ屋さん。ここの通りは、ほんと素敵な通りで、当然観光客もいっぱい。ツアーの人たちが到着したのと入れ替わりに、離れたけれど、お洒落な和風お土産屋さんが多くて、目移りしちゃう。

c0041132_22253366.jpg

c0041132_22403184.jpg待ち合わせまでの時間は、お麩の「不室屋」さんへ。A嬢は、麩まんじゅうがお目当て。店内を見て、「麩まんじゅう無いよ(T_T) 」というので、「ここ(カウンターのショーケース)にあるよ」と教えて、私は他の物を見て戻ったら、一瞬のうちに麩まんじゅう売り切れw 計10個ほどだったが、すっかり買い占めた模様。 私はと言えば、お吸い物と普通のお麩のほか、バレンタイン限定?!ハートのお吸い物♪を買えて満足~~♪駅には無かったしね。レジでお店の方に、「もう出てるだけだったんですよ」と言われ、ちょっと嬉しい。この日、氷見で泊まりで無かったら、生麩も買いたかったな~。ま、池袋でも買えるけど・・・、ね。

さて、時間ぴったりまで自転車乗り回した所(私たち、時間配分完璧!と自画自賛しつつ)で、金沢駅でM姉さまとHちゃんと合流~♪なんだか興奮しちゃうわー。

次回は氷見へ♪

→サトちゃん。名札つき~。「あんどう さとこ」と、「あんどう さとお」、セーターは手縫いなのかしら。
[PR]
by phedre | 2007-02-27 22:48 | 金沢・白川郷・氷見・高岡 | Trackback | Comments(3)
白川郷の夜
雪が無いとはいえ、道は若干の積雪。雪国の生まれの者としてはw、関東出身のA嬢に「ちょっと積もって、融けているぐらいが滑るから」なんてエラソーに語ってみたりしつつ(言ってる端から滑ってみせる私w)、久々の雪道を堪能~。
素敵なお寺(左上)があったけど、本堂は工事中みたい。
c0041132_20535068.jpg

街中は観光客でいっぱい!各地からのバスツアーで、駐車場もいっぱい。この日はバス駐車場は予約制とか。車で来ると、離れたところに置いて歩いてこないといけないようで、結構不便なのかも。夕方、日が暮れてくると続々と団体さん到着ー!私たちは、早めに着いて早めに帰るツアーだったけれど、6時半発ではライトアップもあまり楽しめないし、ということで、急ぎの人がいないのを確認の上、のんびり7時過ぎまでいられることに♪ツアーバス40人弱の中、8人ぐらいは関東からの人だったようで、結構遠くからの参加の方も多いのね。

c0041132_2057943.jpg街を一望できる展望台は、相当混むらしいし、何より雪の坂道は厳しい!と、私たちは街中を散策。でも、実はお寺の裏がちょっとした高台になっていて、なかなかいい眺めなのだ♪ってのを昼間に発見したので、日が暮れたらそこへ直行~。
→お寺の裏から。こうしてupすると、まぁ普通な気がするが・・・、現地では大興奮!ちょっと歩いてキャー!三脚立ててはキャー!でも一寸先は雪道で溝かもw、なので一歩歩いて(三脚を立てて足場確認して)キャー!状態。
右上に、光の連なりがあるところが展望台で、フラッシュが光るのが下からでもわかって面白い。
神社の鳥居も素敵♪

白川郷ライトアップのバスツアー、なかなかよかった~♪今回は北國観光のバスツアーで行きました。お世話になりました。今度は泊まりでいきたーい

さて、金沢に帰って、宿に荷物置いたらもう9時。この時間じゃ居酒屋だね、と思うも、昼から「寿司!すし食べたーい!」とお寿司モードのA嬢。私もお寿司は食べたい、でも金沢料理も食べたいし・・・とお寿司で居酒屋なとこあれば、と宿にあったフリーペーパーを見たら、ちょうど近くに寿司居酒屋があるらしいので、そこへ行ってみた。
c0041132_2185239.jpg
カウンターでお寿司盛り合わせと、加賀レンコンの蒸し物を頼むと、板さんに焼き魚をすすめられる。おすすめの、のどぐろを焼いてもらった。で、ビールはエビス♪
のどぐろ、うまうまー!蒸し物もハフハフ♪おかわりしたいくらい。で、普段たくさんは飲まないA嬢もビールが進むw(私は言わずもがな、で)。お寿司も、とろける~程うまーい♪ 出発も朝早く寝不足なままツアーに行き、更にビールでご機嫌なのもあったけど、カウンターで「おいしーい!」「毎年来よう!ここ!」の連呼w興奮しすぎw でも、さすが金沢だ~。何でもおいしい。そして、こんなにビールが料理に合ってうまい!と思ったこともないわ~。

〆は宿の大浴場(ビジネスホテルだけど、大浴場がある)でのんびりして、一瞬で爆睡。翌日は、お昼頃後発の二人と合流~

メモ:白川郷 観光案内 ライトアップ
金沢 寿司居酒屋 だいだい
[PR]
by phedre | 2007-02-26 21:27 | 金沢・白川郷・氷見・高岡 | Trackback | Comments(4)
雪の白川郷
c0041132_231130.jpg2週間も間があいてしまいました。
ちょこっと旅に出ていたのもあるけれど・・・、ちょっとエネルギー切れ(^^;で、ブログ巡回したら、もう充電切れているようなw 来月はまったり暮らせそうなので、ゆっくりエネルギーチャージしていこうー

さてさて、←バスからこんな雪を眺めながら、行ってまいりました♪
c0041132_2393337.jpg
雪の白川郷
ここも暖冬で、写真で見るような、冬の風景にはちょっと足りなかったけれど・・・。
DSCF0071
幸いにも前日、粉雪が降り、当日も観光前のお昼頃には雪が舞ってくれて、幻想的な風景を楽しむことができた。

c0041132_23312184.jpg今回は「女4人・氷見で寒ブリ御前つあー♪」なんだけど、日程に余裕があったA嬢と私は、前日白川郷へ行くことに。偶然にも白川郷ライトアップの日に当たったので、喜ぶのも束の間、白川郷に泊まろうにも宿は全然あいていない~。高岡辺りにでも泊まるか?と思ったら、路線バスの、休日の最終は16時前。何とか、金沢発の日帰りツアーを見つけたので、それに申し込んだ。
当日は集合時間にちょうど着くような飛行機で朝に金沢へ行き、ツアーに合流。まずはランチ+温泉しにトヨタ自然学校へ。
「料理自慢のオーベルジュ」らしく、おいしい地鶏のグリルをいただいて、温泉でまったり、休憩所でゴロ寝する時間もありの、道中爆睡しそうな素敵なツアーw せっかくの車窓風景楽しみたいので、がんばって起きてたけど、朝も早いし眠かった~。

次回はライトアップの様子です♪ 
[PR]
by phedre | 2007-02-25 23:35 | 金沢・白川郷・氷見・高岡 | Trackback | Comments(2)
またパロとの対話@サイエンススクエアつくば
産総研のサイエンス・スクエアつくばにいる、パロに会いに行ってきた♪c0041132_18431521.jpg
一般公開の時は混みあっていて、とても触れなかったけど、今回は10分ぐらい独り占め(^^
白い子と茶色い子がいて、触れるのは茶色の方。抱っこしてみたら、けっこう重い。人間の赤ちゃんぐらいの重さにしているそうだ。
名前を呼ぶと、覚える機能があり、パロじゃなくてもポチとかタマとか呼び続けていれば、自分の名前に反応するとか。パロ、って呼んでみたらちょっと動いたけど、多数の人が出入りする賑やかな場所だし、偶然かな・・・

パロの動画撮ってきました!@フォト蔵動画1動画2
ひげを触ると、いやいやするのがまたかわいくて。パロ欲しいよぅ。我が家は二人して動物のアレルギーがあるので、ペット飼うとしたら外猫や室外犬。でも、犬のブラッシングなんか苦しくて無理。だったらパロちゃんがいい!

そして久しぶりに地質標本館へ。化石が展示してある辺りで、カブトガニとオウムガイ(アンモナイトの現在版?)の映像が。カブトガニはかなり気持ち悪!いけど面白い。カブトの存在意義がよくわかんないが・・・、卵の中にいるときも、半透明のカブトガニ型なんだよな。そういうものなのかぁ。生まれたときからあの形なのね。ううーん。なんか不思議。
オウムガイの泳ぐ映像は激しく面白い!なんというか、アンモナイトが直立してふよふよとバックしているような(図に書きたくなってきた・・・)。前進、後退の映像があったが、どっちが前進なのかという疑問が残る不思議な生き物だ。

その後珍しい変形したアンモナイトの化石を見る。あの映像の後だとおもしろい、∞型や「つ」の字、直線状のアンモナイトが泳いでいる姿を想像すると。直線のとか、「つ」のは抵抗が少なくてすばやいのかもしれないが、∞な子はぐるぐる回っちゃったりするのかなぁ。
[PR]
by phedre | 2007-02-10 22:51 | お散歩@つくば近郊 | Trackback | Comments(0)
パロとの対話~ものづくり展@科博
c0041132_21295390.jpgものづくり展@国立科学博物館02月18日(日)まで
夫がぜひ見たい!ってことで、私もちょろちょろと付いて行きました。
入り口入るとすぐに、鉱石が置いてあって、その先はレトロな金属製品など。に見入っていると、もう夫の姿は消えているw 現代技術の方が興味津々、みたい。

スロープを下ると、「キュ、キュ~」というかわいい声が!パロちゃんがいるよー。→
つくばの産総研にもいるけれど、一般公開の時は子供達のアイドルで触れず。普段も会えるけれど、そこの子は触られまくってるので少々灰色っぽい。この展示にいる子はつやつや♪
そして、「パロを飼い始めた人達」といった内容のビデオが流れている。私が見たところは、旦那さんに先立たれ、子供達も自立して一人暮らしの女性と、定年後飼っていた犬も年老いてきたご夫婦。パロを家族のように可愛がっている姿を見て、年取ったらこういうのもいいのかなぁ、なんて。
私の父はペットを飼うのは「死んだらかわいそうだからダメだ」と反対していた人なので(でも、猫飼った時はつまみのトロとかあげて贅沢させてたw)、パロちゃんなら心配なくていいのかなぁと思った。
ロボットのペット可愛がるなんて、わかんない!?って思っている人も、実際にパロちゃんに触ってみると気持ちが変わるのでは?ほんとにかわいい!
のどをゴロゴロすると「きゅー♪」って喜んだかと思えば、次には「キュゥゥ。。。」っていやいやしたり。
動画で撮りたかったんだけど、実はカメラが壊れてAUTOの撮影のみになっちゃってた時だったので、今度産総研に行って触れたら撮ってきます♪ カメラはその後無事、修理から帰還してくれました。

他には色々な金型とか、パーツとか展示されていて、テクスチャを忠実に再現する型とか・・・、すごいんだけど、私には以前と比べてどのくらい進歩しているのか?がよくわからず、昔のモデルなんかがあったらよかったなーと思う。
でも、金属パーツなどのメタリックな輝きが素敵で、「きゃ~歯車ってかっこいい」なんて、にわか部品ファンになってきた。エッジの切れ具合とか、用途はわからなくてもかっこいいんだな。
c0041132_21454878.jpg
こちらは、お世話になっている方も多いでしょう!デジカメのズーム用鏡筒部分金型&成型品です~
c0041132_21554889.jpg
c0041132_21572542.jpg↑こんな楽器も展示されてました。演奏も、日によって行っているようです(行った日に演奏していたのに、ちょうど終わった頃に着いた。残念!)

それから新しい360°シアターも入ってきた~
愛・地球博で展示されていたもの、らしい。
出入口と、足元の一部以外はぐるっと画面で、プラネタリウムの画面が広がった感じ。足元も半分は下が見えるスケスケ状態。映像はたとえば上空を眺めても、足元を見てもいい。体が上昇、下降など自由自在にしている気分になる。人によっては酔うかもしれない。海中から空へ昇る映像などは、上を見るか下を見るかで気分が変わるだろう。常設展ついでに見られるので、お得です。

ものづくり展、もうあと10日ほどで終わってしまうー。パロに触りたい方はお急ぎを。あるいはつくばへどうぞ♪産総研に住んでますよ~

ところで、エキサイトブログに文字色&サイズ変更機能がついたので、早速使ってみました。今までは太字イタリック下線打消し線、だけだったので。昔に文字の色変えたりしているのは、タグ手打ちですw ちょっとは読みやすくなるように、使いこなしていきたいものです。
[PR]
by phedre | 2007-02-07 22:14 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(5)
ホーチミンにて~終)猫とホテルと
c0041132_21133614.jpg
c0041132_2185253.jpgさて、猫写真とともに旅も終わり。

ベトナムは犬を飼っている家が多いようだけど、猫はあまり見かけなかった。犬は中型犬のもこもこ系が多い。家の前で、おうちの人に羽交い絞めにされて散髪されている犬もいて微笑ましい。

↑ブンタウのニェットバン寺の前にいた子。やっぱり顔が細い。

→ブンタウで、お昼を食べた食堂の向かいにある八百屋さん?の猫たち。ちょろちょろして、立てかけてある長い野菜の後ろで遊んでいたら、野菜倒れちゃった。いたずらっ子め~。眺めていたらお店が昼休みなのか閉まってしまって残念!この子達も細面だね。美人さんじゃのぉ。

↓この辺ではすっごく珍しい、服を着ている犬。暑いと思うけど・・・。ブンタウにて。
右:市民劇場横にいた猫。鎖がついているから、飼い猫かなぁ。うっかり走り出たら、即バイクに轢かれそうな場所ではある。
左:ブンタウの、食堂の猫。ホーチミンでは猫少なかったなぁ。暮らしづらいのかな。


c0041132_21152973.jpg

c0041132_21191548.jpg
c0041132_21314798.jpgそれから、後半泊まったホテル:グランド
ブンタウに行く前に、スーツケースを預けに寄ったんだけど、角を曲がると見えてくる豪華な白い建物。もしかしてここ?と興奮!想像の倍ぐらい綺麗で立派で感動。

ここの、コロニアルなお部屋に泊まりたかったんだよね~。って、ちゃんと旧館で指定して行ったのに、案内された部屋は新しくてきれいだし、9階で眺めもいいけど、何か違う。ここ、新館の部屋だった。つことで、フロントに聞きに行ったら、「もう予約してもらったタイプの部屋が無いので、旧館のスィートに取りましょう」 わーい、スィートだ~
お部屋はやっぱり広いし、重厚なインテリアで嬉しい。
ベッド上のクッションなどは、カバーがリバーシブルで、日によって雰囲気が変わる。この写真、出発寸前にくつろいでから撮ったので、ベッド周りしわがよってますが・・・
滞在中はクリスマス飾りが残っていて、嬉しかったなぁ。

→旧館のエレベーター周り。部屋に戻るたび気分がいい。
朝食もおいしくって、フォーもパンも、そして濃厚なベトナムコーヒーもたまらない。

難点は、結構窓の外の賑やかなバイクの音が聞こえてきたことかな。まぁ、遊び疲れてよく寝ていたけど。

ちょっとまとめに入って・・・、

エトセトラ
[PR]
by phedre | 2007-02-06 22:13 | ベトナム | Trackback | Comments(8)
ホーチミンにて~9)博物館めぐり
c0041132_1565361.jpg最終日は(やっと最終日まで来ましたな)博物館めぐり。こちらはホーチミン市博物館、1885年に建てられたもとはフランス官僚の邸宅で、後の南北分裂の時代には大統領の隠れ家にもなった。こんな立派な建物じゃ、ぜんっぜん隠れてないんじゃw
中の展示は、市民の生活寄りの物が多い。昔のお弁当箱とか。お庭に軍用機も置いてある。
二階のテラスからは、細かい飾りもよく見える。

着いたらちょうど、結婚式の撮影中。↓この車は展示物。乗っかっていいのね・・・。
新郎も写真撮ってます。この後教会の横を通ったら、偶然車で乗り付けてきた!なんつーか派手だが結婚式っぽくない車だな。どうやら結婚写真撮影ツアーみたいなのがあるようで、中で他の人が式をしている最中に、建物の横で写真を撮るカップルの姿も見られた。


c0041132_1521507.jpg
c0041132_15215911.jpg
c0041132_15363560.jpg↑伝統的な結婚式の様子、各民族毎の衣装が展示してある。頭のポンポンがすごいな~。
そして、中で撮影していたカップル。こちらも綺麗♪この後、ホテルやレストランなどで披露宴を行うようなのは、日本と一緒ね。週末はあちこちでパーティをしているのに出会う。私の泊まっていたホテルでもしていたが、パーティ会場入り口では弦楽器の生演奏がお出迎え。すご。

裏庭へまわると、敷地内にあるレストランでは結婚パーティの準備中。多分、今写真撮っている人とは別なんだろうな。この台の上が高砂になるのかなー?こんな歴史ある建物を飾り付けてくれるなんていいねぇ。
ピンクの扇型の板には、二人の名前と日付が書いてある。


次は、歴史博物館へ。

歴史博物館と公園
[PR]
by phedre | 2007-02-04 17:18 | ベトナム | Trackback | Comments(2)
ホーチミンにて~8)Majestic by night
c0041132_151160.jpgちょっとおめかしして、マジェスティック・ホテルのバーへ。
開高健氏が愛したという、サイゴン川の流れを眼下に眺めながら、のんびりしよう。
ガイドブックには、5階にあるとあったが、着いてみるとバーが二箇所。ちょっと迷いつつ、載っていた方のBreeze Sky Barへ行ったら、なんかイメージが違う感じだったので(もっと薄暗い、バーっぽいとこを想像していたら結構明るかった)、新館のたしか9階にあるBellevue Barへ。そちらは希望通りの暗くて素敵なバー♪名前の通り、眺めもいい~。テラス席の明かりはテーブルのランプだけなので、お酒と夜景を楽しむのにはぴったり。
c0041132_1502125.jpgカクテルは、Miss Saigonとか、タイトルにしたMajestic By Night(チェリーブランデーが利いていてうまし。写真左下)など、旅情をそそるものもいくつか。
お料理ももちろん、洗練された味。揚げ春巻き(写真上)、やはりここのが一番おいしかったな。
眼下のサイゴン川河岸には、ディナークルーズの船が何隻か停まっている。お魚ボートがかわいい!ちゃんと、えらも背びれもついてるよー。しかし、お客さんはいるのになかなか出航しない。帰って調べたら、19時乗船、ディナーの後20:30頃出航して、1時間ほどクルーズというコースらしい。
↓ライトアップしてある建物は、ホーチミン記念館。元は船会社の建物で、ホーチミンがその昔商船のコックとしてここから旅立ったため、のちに記念館として使われるようになったそうだ。
c0041132_151219.jpg
行きかうバイクも、ここから眺めると綺麗な光の流れのよう。優雅な時間が過ごせました。
帰ろうとすると、軽快なピアノアレンジ集のようなBGMが、聞き覚えのあるメロディーに変わる。この曲は!「だんご、だんご、だんご三兄弟~(歌は入ってないですが・・・)」こんなところで(しかもお洒落なバーで)だんご三兄弟を聞けるとはー。

ごはんネタがたまっているので、下に続けてupします。

ホーチミン版ごはんダイジェスト
[PR]
by phedre | 2007-02-03 22:22 | ベトナム | Trackback | Comments(2)