ブログトップ
<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ビトリアの旧市街-3
ビトリアの観光―教会に立ち寄ると、ミサの時間だったので静かに・・・。壁の模様が、バッグの模様みたい。
c0041132_16363575.jpg

自然史博物館、古い建物を利用しているので特に階段周りの雰囲気が素敵♪
こぢんまりとした良い空間です。何より、ビトリアの美術館関係はほとんど無料~。一見の観光客も無料なんて、ありがたい・・・。
c0041132_16363553.jpg
↓駅の南側。広く大学の敷地があるほか、ゆったりした並木道が通っていて高級住宅街の風情・・・。
c0041132_1636356.jpg
美術館Museo de Bellas Artes、日本では触れることの無いバスク絵画のコレクションを眺め、昔は宮殿だった?らしい建物の、特に部屋ごとに変わる床の寄木模様を楽しめるところ。それに、トイレもドア周りとか普通の部屋かっていう雰囲気で良い。
c0041132_16363439.jpg
さて、と帰ろうとすると、受付のお兄さんが交代になった瞬間で、ちょうどすれ違う。アディオス!って帰ろうとしたら、先に「どう?良かった?」と声をかけられた。バスク絵画、すごく良かったです!気に入りました♪と答えると、おおそうかこっちへ来なさい・・・と建物の外へ。「ここはもとパラシオ(宮殿?)だったんだ」「すぐ向かいはバスク県知事の家で、隣は何々で・・・」と細かに説明してくれる。「で、そこの武器博物館には行った?まだ?じゃぁ行きなさい、サムライがあるから!」とまぁ、親切なこと。「ところでもし、バスク絵画で気に入ったのがあったら絵葉書やポスターも売ってるからね♪じゃ、良い旅を♪」って、営業もすかさず。
c0041132_16363316.jpg
↑その、県知事の家。今は住んで無いのかも・・・

せっかくなので武器博物館に寄ってみる。どこもそうだけど、入るときに国籍というか住んでいる国を聞かれる。日本から来ました。「スペイン語はわかる?」と聞かれたので、「ウンポキート」ちょこっと・・・と答えたら、さっきの美術館のお兄さんもそうだったけど、よーしそうかそうか!とばかりに、「じゃぁ簡単に説明するよ!1階のこっち側はアラブが攻めてきた時の何とかかんとか・・・。」と説明をしてくれる。
嬉しいんだけど、「その次はフランスが攻めてきた時の、ナポレオンの部隊の」って人名地名聞いてなんとか、ってレベル。「2階は日本のサムライがあるよ!2体も!カタナも!」おお、こんなはるばるスペインまでよく。
説明が終わると、「じゃゆっくり見て行ってね。Bienvenidos、Welcome!」だって。美術館でこんなに歓待されたことないよ・・・。
ということでのんびり見学。ジオラマとかなかなか良かった。サムライは、いつのものか忘れてしまった(^^;
c0041132_16363411.jpg
ビトリア駅。電車でサンセバスチャンへ行こうと思ってたけど、RENFEのサイトでうまくカード認証ができず、現地でまた予約に行くのも面倒で結局バス移動にした。

ホテルからタクシーでバスターミナルへ。運転手さんからまたも、「スペイン語は?」と聞かれたので「ウンポキート」。アンダルシアを旅行してから来たけれど、ビトリアは美しい街ですね~、とがんばって話をしたら、スーツケース代を少しサービスしてくれた♪
昔、ヒマに任せて覚えた旅行用スペイン語がこんなに役に立つとは。
ビトリアでは何と珍しく、アジア人の姿が無く、ふと水を買いに入った食料品店がやっと中国人?経営で何故か安心したり。欧米人観光客は結構見かけたんだけど。全然アジア人に会わないって滅多に無い・・・。
c0041132_17441949.jpg

さて、バスターミナルにてサンセバスチャンへの高速バスへ♪ チケット売り場が閉まっているので、インフォメーションのおじ様に聞くと、乗るときに払う仕組みのよう。で乗ってみれば、乗客3人。成程。
c0041132_17451192.jpg
山間を抜け、サンセバスチャンへ。降っているのかいないのか、わからないような小雨が、時折激しくなり・・・。

静かな旧市街の町ビトリア、いつか再訪出来たら・・・と思います。ただ、街を散策するだけでも十分。
ビトリア観光局
[PR]
by phedre | 2010-08-22 17:57 | スペイン | Trackback | Comments(0)
ビトリアの旧市街-2
Vitoriaビトリア旧市街をぐるぐる歩く。休日なので、お店は閉まっているし美術館なども午後からお休み~。
c0041132_20475356.jpg

c0041132_20475416.jpg
番犬かしら?もさもさしたワンコが多い。
c0041132_20475331.jpg
ホテルのすぐ前はフロリダ公園。犬の散歩をしている人が多い。
c0041132_20484357.jpg
この日は観光も休日として、早々とホテルに退却。部屋からの眺め。
9階のお部屋で、バスクの山が望めて素敵・・・。見下ろすと、そこも公園。
c0041132_2048259.jpg
ちょっと荒れてますが、座っていても外が見えて気持ちよかったので、窓を開けて夕食。ビールはなぜかサンミゲール。ラッキーなことにRENFEの線路が見える(電車あんまり通らないけど・・・)
ホテルはNH Canciller Ayala
ツインルームで、新しくて清潔♪お風呂も広い~。ビデもあり!スペインに来たな~って思う。オリジナルのアメニティも、フルーツの香りで気に入った。これで50ユーロは嬉しいな。
のんびりお風呂に浸かって、パックして、読書して、旅の疲れを癒す。アジアならマッサージに出かけたいところ。
翌朝目が覚めても、休日のため朝食も始まる時間は遅いし、美術館が開く11時までヒマ。そこはスペイン人になったつもりで、のんびりと朝食を楽しんだ。現地の休日に旅行するってこういうことなのね・・・。
[PR]
by phedre | 2010-08-16 21:21 | スペイン | Trackback | Comments(2)
ビトリアの旧市街-1
Sevilla空港からVuelingでBilbao空港へ。北スペインへ向かうので、長袖のブラウスにジャケット、ストールを用意。朝はアンダルシアでも涼しいので長袖を羽織るけれど、さすがにジャケットはやりすぎな気候。出発して半分ほど過ぎると、どんどん雲行きが怪しくなってどんよりした空に。やっぱり天気悪いのか~。
c0041132_20451034.jpg
着いたら小雨で、思った通り涼しい。そして急に明るい色や原色を着ている人の人数が減って、みなさん地味な色合い。顔立ちもくっきりとした端正な美形がいなくなり、丸い鼻の親しみやすい印象の人に変わった。
c0041132_20455489.jpg
ビルバオのバスターミナル行きの空港シャトルバスに乗り、そこからVitoria行きに乗り換え。
さてターミナルに着いたけど、切符売り場が何箇所もあってわかりにくい・・・。閉まっている所もあるし。もう適当に空いている所に並んだら、ビトリア行きはあっちよ♪と。グラシアス、と向かったら、窓口誰もいないんですけど。しばらく待って、出発時間が近づいたらやっと係の人が出てきてくれた。
出発まで時間があったので、出発案内板の前で「ミステリアス・セッティング」を読みながら待つ。30分に出発なのが45分発に変更になって、まぁ知らない国だからと30分より前に向かったらもう乗車が始まっている。40分になったら、出発ー♪ええ?

1時間ほどでビトリアへ到着~。ホテルへ荷物を置いたら、早速、美しいと聞く旧市街を散策に出発。
c0041132_2047895.jpg
Virgen Blanca広場・・・
c0041132_2047817.jpg
思わず、「美しい!」と声が出てしまった。
段差の無いフラットな車道から繋がる開放感。地元の人たちがのんびりくつろいでいる姿があちこちに見られる、落ち着いた素敵な広場だった。
近くのパン屋さんでパンを買って、ここでお昼。
c0041132_20472411.jpg
変わりやすい天気の下、のんびり散策。
c0041132_20481481.jpg
旧市街の一番高い場所には教会があるためか、二箇所ほどエスカレーターが設置してあって助かった・・・。地味に坂道が続いているので。
c0041132_20483687.jpg
なんと八重桜が満開で、癒される♪右下は郵便局。
[PR]
by phedre | 2010-08-13 21:27 | スペイン | Trackback | Comments(2)
セビーリャのホテル、食べ物
セビーリャの宿泊先:Hotel Europa
エウロパ、という名前が気に入って。それに、この日は昼前にセビーリャに着いて翌朝発つ事を考えて、カテドラル近くに宿泊。
周りはバルを始め、小さいお店が沢山、大通りもすぐで便利!
c0041132_21413651.jpg
そして可愛い内装のホテル♪フロントのセニョーラも可愛らしい方。アンダルシアは美女&イケメン率が高いなぁ~。
c0041132_21421294.jpg
部屋の中は地味だけど、清潔にしてあるし半身浴が可能な小さいバスタブも有り。入浴剤持って来ていたので、狭いながらリラックス。
c0041132_21421055.jpg
夕食はエル・コルテ・イングレス(デパート)で購入。左上から、やはりリオハのワイン♪ガスパチョ(これがうまい)、フォアグラのパテ(フランス産)パン(やっぱり硬い)、マッシュルームのオリーブオイル漬け、ライスサラダ(ツナ入りで美味しい)、左下は近くのお菓子屋さんで買ったフラン(うま!)
左下が、近くのお菓子屋さんのショーケース。シンプルなお菓子が並ぶ。カテドラルすぐなので、周辺は物売りの人もちらほら。
右下は空港で朝食。ナポリターナ・チョコラテ(パン・オ・ショコラ)、大きい・・・あとカフェ・コン・レチェ(カフェオレ)。普段はブラックが好きなんだけど、スペインのはかなり濃厚なエスプレッソなのでミルクを入れても十分濃くて美味しい。というより、入れないときつい。

翌朝はすぐ、空港へ。
c0041132_21414874.jpg
おみやげ屋さん。うまそう~~~!
c0041132_21414912.jpg
離陸前。(フィルムで撮っています)短い滞在だったけど、楽しかった~アンダルシア。また来たいな。
c0041132_2142086.jpg
まっすぐ北へ、Vuelingでスペインのバスク地方~ビルバオ空港へ向かいます。
[PR]
by phedre | 2010-08-13 00:17 | スペイン | Trackback | Comments(0)
セビーリャ街歩き
セビーリャの街を散策しながら、サルバドール教会へ。
丁度お昼時で、広場に面するバルは地元の若者で溢れている。楽しそうだなぁ・・・
日差しの下、アンダルシアは原色を纏う人が多いのに気付く。これが街を更に華やかにしているような。
c0041132_21113544.jpg

サルバドール教会、イスラム寺院跡に建てられたそうだけど、色合いといい、外見も一見教会と思えない。ここを目指していかなかったら、それとはわからないかも。
c0041132_2111547.jpg
中は普通の教会、メスキータのようなイスラムの雰囲気は無い。ステンドグラスは可愛らしく祭壇の周辺は重厚。ちょうどお祭りの準備なのか、祭壇をみんなで飾っているところに遭遇した。祭壇の裏側には、小さな展示室もあってお宝が色々見られる♪
c0041132_21112479.jpg
美術館Museo de Bellas Artesへ。すぐ前が広場になっていて、ムリーリョの像がある。近くでボカディージョ(サンドイッチ)を買って、ここでお昼にした。
チケットを買おうとしたら、ガードマンさんに声をかけられる。グラチュイト、と言ったような・・・つまり無料か、ラッキー。
c0041132_21114858.jpg
中は、絵画よりも素敵なパティオやモザイクの床、壁に目が行ってしまった・・・。
↑右上は床のタイル。
勿論コレクションも盛りだくさん。丁度ムリーリョ展をしていて、庶民的な風景を切り取った宗教画を眺めてきた。良かった。
c0041132_21124798.jpg

この建物はもともと、修道院だったそう。心地良さそうな場所。
[PR]
by phedre | 2010-08-12 21:37 | スペイン | Trackback | Comments(0)
アルカサル sanpo
アルカサルへ。イスラム時代の城を改築した宮殿で、庭園はかなり広大。コルドバのアルカサルより、数倍大きく豪華。
c0041132_20341482.jpg

c0041132_20341517.jpg

c0041132_20341637.jpg
豪奢な装飾に、言葉も出ない。
室内も何処に目をやればいいかわからなくなるほど。
c0041132_20341797.jpg

c0041132_20341875.jpg
c0041132_20341592.jpg
↓庭園を横切るように伸びている回廊。この反対側にも、更に広く庭園が続いている。全部回ったらどれぐらいかかるんだろう?
c0041132_20341417.jpg
c0041132_20332075.jpg
c0041132_2035785.jpgエネルギッシュな南国の庭園。細かく区画が区切られていて、場所ごとに様式が変わったりとワクワクする作り。迷路もある。その上、色々珍しい植物を集めてあるそう。
孔雀も歩いているし、小さな噴水ではカモも泳いでいて涼しげ。

しかしこの日も暑く、全部回る体力は無し・・・。迷路も、涼しい季節なら入ってみたかったな。きっと昔は若い貴族が逢引なんかしてたんだろうなー♪
[PR]
by phedre | 2010-08-02 21:13 | スペイン | Trackback | Comments(0)