ブログトップ
<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
アウランガーバード2
エローラはアウランガーバードの街から1時間弱と近いので、帰りには市内の見所を観光。
ダウタラーバード、デカン高原の岩山を使った砦で、なかなか立派です。
c0041132_16294918.jpg
c0041132_16295393.jpg
扉のトゲトゲは象よけ?
c0041132_16401055.jpg
山の上の方まで登ると眺めがいいそうだけど・・・、もう坂を上がるパワーは無いよ~
c0041132_16294999.jpg
インドらしい色合いの塔が建っていた。中には入れず。
c0041132_16295094.jpg
入り口周辺には屋台が並んでいて賑やか♪

次は、誰もが知っているインドの有名観光地!タージマハル!
c0041132_16295019.jpg
・・・を基に作られたビービー・カ・マクバラー
なかなか本物っぽいと思うけど、比較するとやはり小さいし周りの木がしょぼい。そして建物は予算の都合で材質が安っぽいのが丸分かり。だがそこが面白い!壮大な遺跡群を見た後のゆるい観光スポットとしておすすめします。何と言ってもあまり広くないのですぐ回れるのが、疲れた体にやさしい。
c0041132_16295116.jpg

c0041132_16304126.jpg
ガッカリ観光地のように言われるのも仕方ないけど、意外と楽しめます♪
c0041132_16295268.jpg
c0041132_1629526.jpg
短い滞在で、街歩きは殆どできなかったなあ・・・。
翌朝デリーへ戻るので、ホテルへ戻ってゆっくり休みます。二日間ついてくれたドライバーさんがいい方で、安心して回れて良かった。専用車観光・・・オトナの旅を覚えてしまいました~
c0041132_16295153.jpg
この日は大晦日(もうすぐ今年も終わるのに!)、夜は別料金でパーティがあるようでプールもこんな派手な状態に・・・
でも、普通の夕食でいいやーとホテル代に含まれてるビュッフェの方に行ったら、明らかに品数少な目でしたw
c0041132_16321048.jpgしかし何を食べても美味しい・・・見た目は毎日似たようなものだけど、中身が色々変わるので毎日ここのカレーで飽きない。緑色のほうれん草カレーは本当に美味しかった!白い塊はカッテージチーズを固めたもの。これがあるからベジタリアンメニューでも物足りなくないのかもー

デザートは甘そうなので、ちょっとずつかじってみたら想像通りに猛烈に甘くて食べきれず~でした。

写ってないけど、ビールはいつでもキングフィッシャーです!

c0041132_1632428.jpg
そして朝食で食べたマサラ・ドーサ!手前のソースや奥のシチューみたいなのをつけて食べる、カレーを巻いたクレープのような物で、これが激しく美味しい・・・。注文すると焼いてくれるので、焼きたてサクサク~
c0041132_1632471.jpg
他の日には、ホテルの前庭で結婚式をやってました。すごい豪華で食事の屋台がずらり・・・。スタッフの数もすごくてさすがインドだなー!お祭みたいでした。

アウランガーバードでのホテル:Lemon Tree Hotel Aurangabad
[PR]
by phedre | 2013-12-19 17:18 | インド | Trackback | Comments(2)
エローラ石窟群-2
エローラ続き。
ヒンドゥー寺院群は、カイラーサナータ寺院を見てしまった後だとどうしても印象が薄くなる(^^;(だから16窟は最後に見た方がいい、とガイドブックにも書いてあった)とはいえ、彫刻の美しさは見ないで通り過ぎるにはもったいない。
c0041132_1123483.jpg
象さんのおしりがキュート!

ここからは離れたジャイナ窟。
c0041132_1125113.jpg

c0041132_1125476.jpg
カイラーサナータ寺院に似た造りの32窟。2階から見下ろすと楽しい。
c0041132_113258.jpg
もっとも後期に作られたジャイナ教の石窟は、更に彫刻が繊細になって2階まで細やかに飾ってあり豪華な印象だった。
c0041132_113742.jpg
天井がすごいです!
c0041132_1133040.jpg
石窟でくつろぐリス
c0041132_1135910.jpg
ここは最後に見た所(ヒンドゥー窟だったかも?)、これまでと違って中も広く、全体的に大きくてあっさりした装飾が珍しく面白かった。
c0041132_114196.jpg

念願のエローラもアジャンタもゆっくり回れて、本当に感無量でした!
今回は気合を入れて何冊か関連書籍を読み、ノートを作って持って行ったところ非常に役に立ちました。建築の本やガイドブックからのコピーを貼って書き込みをしていっただけのものですが・・・、今後こんなに気合入れて旅することがあるのかなあ。
本当に夢のような旅でした・・・
[PR]
by phedre | 2013-12-12 12:07 | インド | Trackback | Comments(0)