ブログトップ
デリー2
最後に更新してから、軽く1年半ほど経過してしまいました…
引越ししたり暮らしが変わったりしましたが、元気にやっています!
ということで、インドの最後の記事です。

帰国前はデリーで1泊し、一日は地下鉄を使って散策、もう一日は車をチャーターしてフマユーン廟~国立博物館~ジャンタル・マンタル(天文台)を観光、最後は空港まで送ってもらいました。

c0041132_15495852.jpg

フマユーン廟。天井や窓の装飾も美しく、ビービー・カ・マクバラーより丁寧に作ってあるのが本当に良くわかって面白い。
c0041132_15494363.jpg

国立博物館は展示が本当に充実していて、すごい見ごたえあり!しかし暖房が効いていないので、外よりマシ程度。(デリーの年末年始は寒いので、日本と同じ格好です)
他の遺跡も色々見に行きたくなる。
c0041132_15495713.jpg


c0041132_15495720.jpg
ジャンタル・マンタル
1724年に作られた天文台で、かなり大きい!
c0041132_15495827.jpg
都会の中にいきなり現れる不思議なスポットって感じ…

c0041132_16144498.jpg
食事は有名店のカリム・ホテルへ行きました(ホテルはレストランの意味)。TVの旅行番組でも紹介されたことがあり、雑多な界隈の小さな路地を入った奥にこの店があります。
本当にここでいいのかな?と思うような場所なので、TVで見てなかったらたどり着けなかったかも。
盛り付けはテキトーwですが美味しいです!
c0041132_16133781.jpg

車のチャーターは、ロンプラで紹介されていたMetropole Tourist Serviceにお願いしました。
いくつか問い合わせて、一番安かったのと、余計なオプションを言ってこなかったので。運転手さんも寡黙でちゃんとした方で、土産屋はどうかとか一切言わず。ロンプラ情報ってたまにすごい当たりがある。

今回のインド旅で学習したことは、
・カイロはたくさん持っていくべし(室内の暖房が弱い、というか無い@デリー)
・空港でなんとしても、たとえレートが悪くても小銭を用意する。大きいお札は想像以上にあちこちで断られる。チップでも使うし。
・ベジタリアン料理にうまいもの有り。
といったところかな。

先日トーハクの「インドの仏」展に行って、コルカタの博物館に行ってみたくなったところなので、また数年したらインドを訪れたい♪
[PR]
# by phedre | 2015-05-11 16:39 | インド | Trackback | Comments(4)
アウランガーバード2
エローラはアウランガーバードの街から1時間弱と近いので、帰りには市内の見所を観光。
ダウタラーバード、デカン高原の岩山を使った砦で、なかなか立派です。
c0041132_16294918.jpg
c0041132_16295393.jpg
扉のトゲトゲは象よけ?
c0041132_16401055.jpg
山の上の方まで登ると眺めがいいそうだけど・・・、もう坂を上がるパワーは無いよ~
c0041132_16294999.jpg
インドらしい色合いの塔が建っていた。中には入れず。
c0041132_16295094.jpg
入り口周辺には屋台が並んでいて賑やか♪

次は、誰もが知っているインドの有名観光地!タージマハル!
c0041132_16295019.jpg
・・・を基に作られたビービー・カ・マクバラー
なかなか本物っぽいと思うけど、比較するとやはり小さいし周りの木がしょぼい。そして建物は予算の都合で材質が安っぽいのが丸分かり。だがそこが面白い!壮大な遺跡群を見た後のゆるい観光スポットとしておすすめします。何と言ってもあまり広くないのですぐ回れるのが、疲れた体にやさしい。
c0041132_16295116.jpg

c0041132_16304126.jpg
ガッカリ観光地のように言われるのも仕方ないけど、意外と楽しめます♪
c0041132_16295268.jpg
c0041132_1629526.jpg
短い滞在で、街歩きは殆どできなかったなあ・・・。
翌朝デリーへ戻るので、ホテルへ戻ってゆっくり休みます。二日間ついてくれたドライバーさんがいい方で、安心して回れて良かった。専用車観光・・・オトナの旅を覚えてしまいました~
c0041132_16295153.jpg
この日は大晦日(もうすぐ今年も終わるのに!)、夜は別料金でパーティがあるようでプールもこんな派手な状態に・・・
でも、普通の夕食でいいやーとホテル代に含まれてるビュッフェの方に行ったら、明らかに品数少な目でしたw
c0041132_16321048.jpgしかし何を食べても美味しい・・・見た目は毎日似たようなものだけど、中身が色々変わるので毎日ここのカレーで飽きない。緑色のほうれん草カレーは本当に美味しかった!白い塊はカッテージチーズを固めたもの。これがあるからベジタリアンメニューでも物足りなくないのかもー

デザートは甘そうなので、ちょっとずつかじってみたら想像通りに猛烈に甘くて食べきれず~でした。

写ってないけど、ビールはいつでもキングフィッシャーです!

c0041132_1632428.jpg
そして朝食で食べたマサラ・ドーサ!手前のソースや奥のシチューみたいなのをつけて食べる、カレーを巻いたクレープのような物で、これが激しく美味しい・・・。注文すると焼いてくれるので、焼きたてサクサク~
c0041132_1632471.jpg
他の日には、ホテルの前庭で結婚式をやってました。すごい豪華で食事の屋台がずらり・・・。スタッフの数もすごくてさすがインドだなー!お祭みたいでした。

アウランガーバードでのホテル:Lemon Tree Hotel Aurangabad
[PR]
# by phedre | 2013-12-19 17:18 | インド | Trackback | Comments(2)
エローラ石窟群-2
エローラ続き。
ヒンドゥー寺院群は、カイラーサナータ寺院を見てしまった後だとどうしても印象が薄くなる(^^;(だから16窟は最後に見た方がいい、とガイドブックにも書いてあった)とはいえ、彫刻の美しさは見ないで通り過ぎるにはもったいない。
c0041132_1123483.jpg
象さんのおしりがキュート!

ここからは離れたジャイナ窟。
c0041132_1125113.jpg

c0041132_1125476.jpg
カイラーサナータ寺院に似た造りの32窟。2階から見下ろすと楽しい。
c0041132_113258.jpg
もっとも後期に作られたジャイナ教の石窟は、更に彫刻が繊細になって2階まで細やかに飾ってあり豪華な印象だった。
c0041132_113742.jpg
天井がすごいです!
c0041132_1133040.jpg
石窟でくつろぐリス
c0041132_1135910.jpg
ここは最後に見た所(ヒンドゥー窟だったかも?)、これまでと違って中も広く、全体的に大きくてあっさりした装飾が珍しく面白かった。
c0041132_114196.jpg

念願のエローラもアジャンタもゆっくり回れて、本当に感無量でした!
今回は気合を入れて何冊か関連書籍を読み、ノートを作って持って行ったところ非常に役に立ちました。建築の本やガイドブックからのコピーを貼って書き込みをしていっただけのものですが・・・、今後こんなに気合入れて旅することがあるのかなあ。
本当に夢のような旅でした・・・
[PR]
# by phedre | 2013-12-12 12:07 | インド | Trackback | Comments(0)
エローラ石窟群-1 カイラーサナータ寺院
翌日も車でエローラへ。アジャンタよりも近く移動は楽。
エローラには仏教・ヒンドゥー教・ジャイナ教の石窟が連なっている。
車を降りるとすぐ正面にエローラ最大の寺院で一番の見所、カイラーサナータ寺院が!
c0041132_1332977.jpg
カイラーサナータ寺院は、他の石窟が主に洞窟状に掘ってあるのに対し、上から岩を掘っていって建物を切り出した独特な造りで、正面から見ると素朴な印象を受けるが、中に入ると壁一面の彫刻に彩られた華やかな空間が広がっている。
c0041132_13344975.jpg

c0041132_1333244.jpg
とてもこの後ろの崖から切り出したとは思えない。
c0041132_13551840.jpg
寺院の横から崖の上へ上がれるので、登ってみた。
c0041132_1333136.jpg
正面からは隠れて見えなかった屋根の飾りをじっくり見られる♪
c0041132_13442227.jpg
c0041132_14192035.jpg
ヒンドゥー寺院はほんと華やかだなあ。

この後は仏教石窟群から回ることにした。アジャンタから時代が繋がっているので、仏教のヒンドゥー化~この地での仏教の衰退までを見られる。
c0041132_13335941.jpg

c0041132_13335936.jpg
未完成窟。
c0041132_133411.jpg
2階建てはアジャンタにもあったけれど、
c0041132_1334186.jpg
3階建てに発展。技術が進歩してる。
最後の方になってくると、だんだんさっぱりした感じになってきて、あ~仏教の人気が無くなってきたんだな~と感じる。

ここでは寺院自体の印象よりも、観光中のインド人の小学生グループなどに一緒に写真を撮ってほしいと言われ、OKしたところ自分アイドルか!?って位に次々撮られた事の方が印象強く、いい思い出になった。

ヒンドゥー教・ジャイナ教の石窟については次の記事で。
[PR]
# by phedre | 2013-10-01 15:00 | インド | Trackback | Comments(6)
アジャンタ石窟群-2
アジャンタ石窟群後半の見所~、第19窟。こちらは5世紀後半のもので、アジャンタの中では後期に出来たもの。
c0041132_1713523.jpg
正面から。混んでいて人がいない様子を撮るのが難しい・・・。サリーやパンジャビドレス姿の方々を撮れるのは、嬉しいけれども。
c0041132_1713674.jpg
入り口横の装飾
c0041132_1713644.jpg
時代が進むにつれ、世俗の慣習や流行の影響もあり、装飾が華やかになっていくのがよくわかる。(アジャンタ-1の第10窟と比べてみると一目瞭然)
c0041132_1713864.jpg
未完成窟はいくつかあるが、その中でも珍しい床を掘っている最中のまま残る24窟。

見学できる最後の第26窟は、アジャンタの中では最後まで作業が行われたチャイティヤ窟で、内部はここまで派手になったか~と感じる豪華さ。
c0041132_171383.jpg

c0041132_1713992.jpg
アジャンタ唯一の寝釈迦。
c0041132_171394.jpg
ストゥーパもさらに豪華に。
c0041132_171406.jpg
柱の上部
c0041132_1714043.jpg
側廊も他と違ってあちこちに豪華なレリーフが並ぶ。

最後までがんばって歩いてきて良かった!アジャンタには入れない窟を引いても25窟はあり、坂道や石段をを上り下りするため想像以上に体力を消耗して、余裕があったら行こうと思っていた見晴台は諦めて。蹄のようにカーブした川沿いの崖にできたのがアジャンタ遺跡で、平面の地図で見るとすぐ川に下りて対岸の見晴台に行けそうだったんだけども・・・、
c0041132_17355396.jpg
こんな向こうへ下って上る体力はなく。

c0041132_17371236.jpg
ゆっくり入り口へ戻りまーす(第19窟あたり)
c0041132_1714235.jpg


最初飛ばした第1・2窟へ、やっぱり並ばないと入れないようだ。
c0041132_1752285.jpg
一番の見所だけあって、入り口の作りも重厚。(1・2窟も後期窟)
c0041132_1714577.jpg
壁画の中でもっとも有名な蓮華手菩薩。

第2窟も色鮮やかな壁画が残っていて見ごたえあり!
c0041132_17571326.jpg
人気の窟なので、人が入らない状態になりません・・・
c0041132_1714344.jpg
実際はもっともっと暗くここまでよく見えないですー

入れる所は全部入って、お昼も含め大体3時間の観光。結構広かったなあ・・・。帰りの車では爆睡して、すごい楽だった。専用車快適でいいなー。
翌日もがんばってエローラ観光です!
[PR]
# by phedre | 2013-05-27 18:18 | インド | Trackback | Comments(0)