ブログトップ
アジャンタ石窟群-1
ホテルの観光パッケージで手配済みの車に乗って、アジャンタ石窟群へ。
キレイないい車に、ちゃんとミネラルウォーターも準備してあり快適!のどかな道を結構飛ばして、それでもアジャンタまで3時間・・・、着いたらまずお昼にしないとー。
チケット売り場の横にあるレストラン(ここしかない)でエッグ・ターリーを注文。ターリーはカレー定食みたいなの。
c0041132_12385389.jpg
カレーもおかずも色々ついてて美味しいー!

石窟群へはまず険しい石段を登らないといけない。最初からハード…。でも、そこを越えれば目の前に広がる憧れの石窟!
c0041132_1320717.jpg
奥の方に見える白い部分が石窟の入り口で、崖に沿って30もの石窟が並んでいる。↓遠くからもよく見えるのは、17~19窟。
c0041132_1355971.jpg

さて早速第1窟から見たいところだけど、いきなり長蛇の列で後回しにすることにした。最初の2つは特に有名で状態もいいので、混むのも仕方ない。
まずは第4窟から。アジャンタ最大のヴィハーラ窟で、想像より天井も高く広い。もっと息が詰まるような空間かと思っていた。
c0041132_1349260.jpg
c0041132_1244446.jpgここは断層があったため未完成で、柱の彫刻も手前のもの以外無い。

ヴィハーラは僧院のことで、この広間の周りに小部屋が並び、そこで修行僧が生活していたようだ。
夏は涼しいのかな?12月でも暑いのだけど、中にいると風が無いのでしばらくいると外の方が良くなってくる。
c0041132_13573499.jpg
内部に設けられた祠堂。
c0041132_12443195.jpg
6窟の壁画
c0041132_1461352.jpg
第9窟入り口の彫刻とチャイティヤ窓。
c0041132_12443114.jpg
c0041132_12444139.jpg
隣の第10窟、こちらもチャイティヤ窟で内部にストゥーパ(仏塔)を配置している。
ここはアジャンタ初期の頃に作られたものと見られ、仏塔や周辺の装飾はシンプルだった。後期のものになると、装飾も凝ったものになってくる。
c0041132_12443221.jpg
11窟(?)入り口の天井画、珍しく白黒で落ち着いた雰囲気!壁画や柱につい目がいってしまうが、ふと見上げた天井に華やかな絵があったりもするので、ぼんやりできない。
c0041132_14224668.jpg
第17窟の壁画、柱も華やかで状態が良い。壁に開いているのは僧房(小部屋)への入り口。c0041132_1430099.jpgこういったヴィハーラ窟は大抵暗く、一眼で撮影して後から見て詳細がわかる程に暗い。
特に壁画がある所は暗く、これぐらい真っ暗→
足元に段差があることも多いので、懐中電灯を持っていくと安心ですー
写真がすごい多いので、後半に続きます。
[PR]
# by phedre | 2013-05-27 14:37 | インド | Trackback | Comments(0)
アウランガーバード1
アウランガーバードに到着!やはり少し暑い。
ホテルの送迎の車でまっすぐホテルへ、今日はのんびりしたい。
ホテルは Lemon Tree Hotel Aurangabad。レモンツリーホテルというインドのホテルチェーンで、小奇麗で割りとお手頃な感じ(インドの物価から言うと高いけど)。
ホテルに入った瞬間、ロビーに広がるレモンの香り!

Webから直接予約だったからと、初日だけ広い部屋(上)にしてもらえましたー
普通の部屋(下)も十分な広さ&中庭を見下ろす小さいバルコニーが付いていて快適!アメニティも爽やかなレモンの香りです♪
c0041132_1394869.jpg
ホテル内を散策。
c0041132_12485820.jpg
プールサイドに東南アジア料理のレストラ(黒いテーブルがそれ)と、そのちょうど内側にインドレストランがあり、朝食と夕食のビュッフェはインドレストランの方で。
朝晩とも充実してます!
c0041132_12484356.jpg
右上がこの日の夕食、左下がデザート、右下が朝食。実際もっとお代わりしてます・・・
一見「カレーばっかり」だけど、それぞれ味が違って日本で食べるインドカレーとは全く別の料理。そこに何種類もあるフレッシュなソースを混ぜたりすると、また味が変わって美味しい。
そしてインドなのでベジタリアンメニューも多く、どんなものかなーと食べてみたら全然イメージしたのと違って、ノンベジよりも美味しいぐらい。
ベジタリアン料理なんて味気ないと思っていたのが、この滞在中に二人とも「インドのベジなら全然いける!むしろベジの方が美味しい・・・?」って意見が変わりました。乳製品はOKなのが大きいかも。
デザートは想像通り、とんでもなく甘かった~!

今回このホテルに決めたのは、観光付きのパッケージプランがあったから。アジャンタ・エローラ(とアウランガバード周辺)をそれぞれ専用車で回れて、ホテルでの朝食+ランチかディナーのビュッフェも込みと、忙しい観光客の私達にはありがたい内容。
車を地元の旅行会社で別途チャーターする手もあったけど、何社か問い合わせてみたところさほど節約にならず・・・。ロンプラに出ていた所はだいぶ安くて良さそうだった(でも、結局便利なパックプランにした)。

ホテルの周りは特に何もなく、普通の街。
これはちょっと離れた所だけど、大体こんな感じで・・・、道端の野良犬だけでなく野良ヤギ?たまに牛、鶏なども歩いていて面白い。
c0041132_12484388.jpg

c0041132_12484294.jpg
翌日はアジャンタ観光♪
[PR]
# by phedre | 2013-03-28 14:42 | インド | Trackback | Comments(2)
クトゥブ・ミナール (デリー1)
インド滞在初日。
深夜に到着し、空港近くのホテルに宿泊。そのまま午後の便でアウランガーバードへ移動するので、割と空港寄りにある世界遺産のクトゥブ・ミナールを観光。
c0041132_12244770.jpg
目立つのはやはりミナレット。赤茶色に細かい装飾がキレイ♪
下にある丸屋根は門で、この中も外も美しい模様で飾られていて、イスラム建築の美しさにただうっとりするばかり。
c0041132_1229023.jpg
門の手前はお墓。
c0041132_12244865.jpg
敷地は思ったよりもずっと広く、気持ちいい。
c0041132_1224482.jpg
こちらもお墓。広い部屋の真ん中に棺があって、部屋の中のミフラーブが目を引く。
c0041132_1224515.jpg
インド最古のモスク、クワットル・イスラーム・マスジットの回廊部分。でも、柱になぜか女性の姿が・・・ヒンドゥー系の遺跡で見かけるものと良く似ていて、不思議に思っていたら、当時ヒンドゥー寺院用の石材を使って建てたからだそう。一応、漆喰を塗ってカバーしていたようだが、今ははがれてこの通りです。
c0041132_12245079.jpg
のんびりした雰囲気なのもあって、リスや鳥がいっぱい!もちろん観光客もいっぱい。
c0041132_12283618.jpg
こちらはマドラサ(神学校)跡。この環境で勉強なんて、素敵だけど・・・夏は暑そうだなあー
最初に気軽に行った割りに、かなり満喫して長居してしまった。デリー中心部に滞在していたら、わざわざ来なかったかもしれない・・・。デリーでは一番気に入った場所なので、ほんと来てよかった!

さて、午後のエア・インディアに乗るためにデリー空港へ。
セキュリティを通ってから、中のフードコートでお昼♪
サブウェイでチキンマサラとかインド風のメニューがあったので思わず買ってしまった~、なかなかおいしい。
夫はカレー定食的な盛り合わせ(ターリー)。こちらもいい!白いのはラッシー、飲んでびっくり塩味!意外とポピュラーらしい・・・。
ところで到着時にATMでおろした大きいお札だと、こんな空港のお店でさえ嫌がられる・・・。こまめに下ろすか、レートが悪くてもちまちま日本円から両替しておくべきだったのかな。特にチップに使う小銭がすぐ足りなくなるのが痛かった。
c0041132_12245066.jpg
下はエア・インディアの機内食(無料)。ノンベジなのでチキンと豆のコロッケとサンドイッチ。この頃はまだ、ベジタリアン料理なんて美味しくなさそうとしか思ってなかったので、二人してノンベジ。
機内から、マハラシュートラ州辺りの風景。茶色い!やっぱ乾燥してるのかな~
だんだんと念願のアジャンタ・エローラに近づいてきて、気分は上々です!
[PR]
# by phedre | 2013-03-20 14:08 | インド | Trackback | Comments(0)
はじめてのインド
冬休みの旅は、高校生の頃からの憧れの国へ・・・初めてのインド
前々から行きたいと思ってはいたものの、なかなか切っ掛けがつかめずにいた所にANAのデリー便就航のニュースを聞き、よーし今行こう!となり。
遠いので航空券もそれなりのお値段かと思ったら、あまり知られてなかったのか?10万円もせずに取れ、バンコク行きが混んでいて15万円ぐらいになっていた時なのに、なんてお得~♪

デリーから入り、マハラシュートラ州のアウランガーバードAurangabadを目指します。ここは、アジャンタ・エローラ石窟群への拠点となる町。
c0041132_11312910.jpg
冬とはいえ、インドだから暑いんだろうな~と思っていたら、アウランガーバードはともかくデリーは本気で冬!寒いという情報を得ていたので、日本と同じ格好で行ったらそれで十分なほど。
しかし、深夜着で翌日は移動するからと5千円ほどの中級ホテルに泊まったら部屋に暖房が無く、念のために持ってたカイロ(お腹を壊した時用に、いつも持って行く)を貼って寝るはめに・・・。うっすら風邪っぽくなり、一応持ってきた葛根湯を初日から飲んで(^^;アウランガーバードは暑いのでなんとか持ったものの、最終日のデリーでは結構ひどくなってきて、帰国便の機内ではかつてない爆睡。ビジネスにアップグレードしてもらえたので、毛布が暖かくて気持ちよくて、ほんと助かりました。

世界遺産を色々回りました。インドの世界遺産はすごい・・・、の一言です。
デリーのクトゥブ・ミナール
c0041132_11303592.jpg
アジャンタ石窟群
c0041132_11305216.jpg
石窟が並んでいる様子が遠くから目に入ったときは、感動すると同時に、ああ、ついにここまで来たんだなあ・・・と感慨深いものがありました。

食事も満喫♪インド料理、びっくりするほど美味しく、しかも全然飽きない。
これはアジャンタの食堂で食べたターリー(カレー定食みたいなもの)。
c0041132_11304415.jpg
デリーでは有名店にも行ってみたー♪ ↓
c0041132_11312420.jpg
こんなカジュアルな感じですが、お値段的には結構高級の部類です~。席は、奥や横の建物の中です。

インドに行ったと言えば、必ず聞かれるであろう質問「お腹は壊さなかったか?」、なんと全然大丈夫でした!普段、アジアだろうとヨーロッパだろうと必ずお腹を壊すんだけど(^^;、驚いたことに平気。
理由として考えられるのは、
・レストランのグレードを上げた。道端で買い食いもってのほか
・出発の一週間ぐらい前から、整腸剤を飲み続けた。
・殆ど、車をチャーターして観光した=移動のストレスが減った(普段なら主に公共交通機関、たまにタクシー)
・カレーのスパイスが効いた?
元の物価が安いので、少し贅沢が出来たのが良かったのかも。

あと、「沐浴してきたか?」も聞かれますが、そんな事したら一発で具合悪くなるのでしてませんw

デリー&アジャンタ・エローラの旅、またゆっくり書いていきます♪
[PR]
# by phedre | 2013-02-28 14:49 | インド | Trackback | Comments(2)
お伊勢参りとおいしいもの
c0041132_17224798.jpg

名古屋&伊勢旅の続きです。

伊勢市駅の近くに泊まって、翌日は朝からお伊勢参り!
まずは静かな別宮「月夜見宮」へ立ち寄り、参拝。
賑わっている外宮・内宮の他に、別宮に寄ってみるのもまた雰囲気が違っていいものです。
c0041132_1723255.jpg
そこから徒歩ですぐの外宮へ・・・。会社の方々など、スーツ姿の団体さんの姿が見られ、お祓いをしている場面にも出会いました。
周辺の木々も立派で、荘厳さに圧倒されますね・・・

バスで内宮へ。
c0041132_17231995.jpg
天気もよく、木々も美しく空気もよくとても気持ちいい。心が洗われるようでした。

清浄な気持ちになったところで、おはらい町&おかげ横丁でお買い物&つまみ食い♪
c0041132_1724161.jpg

五十鈴川沿いに素敵なカフェがありました♪(五十鈴川カフェ)

コーヒーだけ飲んでいこうと思ってたけど、小ぶりなケーキが美味しそうでついおやつタイムに・・・
どちらも美味しかったし、お店の雰囲気も良くて、のんびり~。
c0041132_17241387.jpg
素敵なお店が並んでいて、目移りしちゃいます。
その他食べたのは、かまぼこ屋さんでチーズ棒(揚げたてあつあつ、チーズとろとろで最高!)とか、豚捨でコロッケとか、焼き牡蠣と地ビールとか!オトナって、楽しいなあ・・・
c0041132_1724785.jpg
トイカメラで撮ると、かなり雰囲気でる街です。
c0041132_17235138.jpg
虎屋ういろで、伊勢茶のういろゲット!ここのういろは最高です!
c0041132_1724023.jpg
十分満喫したところで、帰路へ。レトロな駅舎の宇治山田駅に寄り道も忘れずに♪
c0041132_17241972.jpg

c0041132_17242656.jpg夕食は名古屋高島屋の地下で天むす弁当を買って、新幹線でお疲れ様の乾杯~
なんとなく話の流れで盛り上がって、急に伊勢に行くことになったんだけど、幸い天気にも恵まれ食事も思い残すことはない位に充実した盛りだくさんの1泊2日でした。
しかし今回も神宮徴古館に寄る時間は無かった・・・次回のお楽しみにしよう。
[PR]
# by phedre | 2013-01-12 17:50 | 伊勢・名古屋 | Trackback | Comments(4)