ブログトップ
ラオス最後の朝
充実したラオスの旅も、もう最終日・・・。お昼前の便で、バンコクへ向かいます。
朝は再び托鉢を見に出かけ、帰りにワット・シェントーン近くのカフェで朝食。ラオスの朝は本当に早い!
c0041132_20211079.jpg
奥に写ってる白い建物のAncient Bon Cafe & Bakery。ここはメインストリートの外れの方で、ここまで来ると急激に値段が下がって写真のヌードルが8,000Kip(約80円)とか・・・。
c0041132_20213151.jpg
奥にあるヌードルはラオス名物カオソーイ。やっと食べられた!しかも美味しい!カオソーイじゃない方も、ものすごくダシが効いていて、朝から幸せ~。あと多いとは思ったけど、ラオス風にフランスパンに目玉焼きを崩して付けて食べるのもやってみた。こちらはまあ、想像通りかな。
c0041132_20212925.jpg
ぎりぎりまで、早朝のルアンパバーンを散策。
お米を平らにしたものを干していた。市場でも見かけた。お寺では、托鉢で余った分はこうして干しているとか。普通の家庭でも保存食にしているのかも?
c0041132_2021634.jpg
最後にもう一度、ワット・シェントーンへ寄って。
c0041132_20212710.jpg
川べりをぐるっと歩いてホテルへ向かっていると、お坊さんが畑を耕しているのを見かけたり。さて帰ろうか。

ホテルの窓からいつも見ていた、お隣のワンコ(左上)に最後のご挨拶。おとなしくってカワイイ♪
c0041132_20212483.jpg
最後に、ルアンパバーンで泊まったホテルはここ Villa Deux Rivieres
ラオスらしい小さな建物の綺麗なホテルです。日本語ができるスタッフもいて、最初挨拶された時、発音が綺麗で日本人かと思った・・・
ナムカーン川沿いの、静かな場所で、メインストリートにもすぐ。自転車も借りられて便利(隣のゲストハウス?から借りる)。部屋もキレイだしいい感じー♪次回もここに泊まりたい(^-^)
c0041132_2021392.jpg
朝食はパン色々と、玉子とヌードルも注文できる。ヌードルがまた美味しい!玄関前のテーブルで夜はのんびりワインを飲んだり朝もまったりしたりと満喫。
c0041132_20213473.jpg
場所は、赤い矢印のところ。青い矢印がワット・シェントーン。改めて見たら右の方に橋がかかってる、行ってみればよかったなー。
c0041132_2021199.jpg
そして空港へ。3泊のラオス滞在、本当に楽しかった。もっと長く居たかったな。
c0041132_20211876.jpg
この日は大晦日。ラオスで新年を迎えたかったけど、そうするとラオス~バンコク便の航空券がいきなり高くなる。ラオスの人も、年末年始は帰省するものらしい。よってカウントダウンはバンコクで~。ラオス、またゆっくりしに来るよー!
[PR]
# by phedre | 2012-09-13 21:10 | ラオス&タイ | Trackback | Comments(2)
ルアンパバーン王宮(博物館)
午後はまずランチから!泊まってみたかったホテル、3Nagasへ。メインストリートに面していて、気持ちのいいテラスで食事。お値段も、ルアンパバーンの中では結構いい。
ラープと、バナナの皮で包んだ魚の蒸し物、もち米とチャーハンを注文。
c0041132_2055561.jpg
マンゴー?の皮に盛られたラープ。さすがお洒落~!もち米は黒米の割合が多い。そしてどれも洗練された味で美味しい!さすがだな~。ここ、夜もすごく混んでる。

この後はのんびりと、国立博物館(旧王宮)へ。爽やかな夏の(冬だけど)日差しが心地いい!
c0041132_20562171.jpg

c0041132_2056277.jpg
中に入るときは、靴を脱いで。木造の床を踏みしめながら、ゆっくり見学。玉座のある部屋は華やかなモザイクで飾られて、いかにも豪奢だけれども、奥にある寝室などは簡素な造りで驚く。良く見ると、木の家具には細やかな彫刻も施されているけれど、華美な暮らしとは程遠いような、静かな宮殿だった。
c0041132_2056363.jpg

c0041132_2056099.jpg
こぢんまりとした、美しい建物だけど、王宮にしては本当に質素な外見。
c0041132_20563233.jpg
敷地内にあった祠はキラキラして眩しい!

また少し散策をしたら、ちょっとお茶へ・・・今日は贅沢して、アマンタカで。ラオスらしい、広い敷地の中に2階建ての低い建物。レストランも静かで、中庭を眺めながらのんびり~。
濃厚なマンゴジュースと、スムージー、しめて11ドルぐらい?お得だ・・・
c0041132_20552775.jpg
お土産やさんも充実していて、なかなかに悩ましかった。

夕暮れ時の町並みを散策して、最後の夕食はホテルがある川沿いの気になっていた店に行ったら、地元の方でなんだか貸切パーティな雰囲気。ああ、残念!(写真右下)
c0041132_2056941.jpg
結局、初日に行ったラオス料理店へ。カレーっぽいのと、ラオスソーセージ(3つのお皿の真ん中)、ラープ(左下)。ラオスソーセージは、ほんと絶対!!ビールに合いすぎる!
今日もワインバーに寄りたかったけど、さすがに托鉢+パークウー洞窟ツアーでかなり体力を消耗したので退却・・・。うう~、もっと滞在したい。
[PR]
# by phedre | 2012-08-28 21:55 | ラオス&タイ | Trackback | Comments(0)
パークウー洞窟
托鉢の後はもう一眠りして、起きたら郊外へ半日観光~
パークウー洞窟Pak Ou Caveへ、ホテルでトゥクトゥクをチャーターしてもらい出発!(3千円ほど)
c0041132_21385926.jpg
トゥクトゥクは、三輪タイプとミニトラックのような四輪タイプがあるようで、私達がチャーターしたのは四輪タイプ。広々~。三輪タイプをどんどん追い越していくので得した気分w しかし途中から舗装されて無い道に入り、土ぼこりが・・・。肌寒かったのでストールを巻いていて、それを口元にも巻いてごまかしたけど、マスクを持っていったほうがよかった。

チャーターと言っても、途中でお坊さんが「乗せて~」と手を上げたので少しの間ご一緒した。女人から話しかけるのは良くないかも?と思いつつ、とりあえず「サバイーディー」とご挨拶。お坊さんたちも「サバイーディー!」って返してくれた♪
c0041132_21391187.jpg
途中の村で降りていかれた。

山道に入ってしばらくして、やっと洞窟対岸の小さな村へ到着!ここからは、渡し舟に乗って自分で行ってね、と。
c0041132_21422433.jpg
のどかなメコンの流れ、気持ちいいよ~~!
c0041132_2149978.jpg
すぐ対岸に洞窟が見えてくる。
階段を上がっていくと、数え切れないほどの仏像が並ぶ洞窟の中に辿り着く。
c0041132_21524340.jpg
もっと沢山あるのですが、撮りきれない。それほど広くは無いけれど、入った瞬間息をのみますね。
c0041132_21532698.jpg
ちょっと上の方から見下ろしたところ

川を見下ろすように
c0041132_21502935.jpg

ここから更に上の方へもう一つ、別の洞窟がある。
c0041132_21575988.jpg
中に入ると、こちらの方が少し広く歩きやすい。
c0041132_21583728.jpg
c0041132_21585529.jpg
奥は明かりも無く真っ暗。カメラを高感度モードで撮っているので、明るく見えるけれど・・・
c0041132_21585923.jpg
実際は、↓この位真っ暗で何にも見えません(^^;懐中電灯持参で行って、本当に役に立った。(入り口で有料で貸し出してます)
c0041132_2159228.jpg

ここ、陸路でのアクセスがないらしく、街からも遠いこんな所になぜできたのか、不思議なまま。
c0041132_2221790.jpg
ラオスの美しい風景も満喫して、素敵な半日の遠出も終了。終わる頃には、少し暑くなってきていた。

帰りのトゥクトゥクに乗る前に、村のお土産やさんをひやかして♪田舎の方が絶対安いに違いないと思い、マーケットでも見たようなストールがたくさん並んでいたので、ちょっと値段を聞いてみると・・・。一枚3万Kip。マーケットでは5万だったのが、いきなり3万!?ダメもとで値切ってみたら、「じゃ、2万で」安っ!値切っといて何だけど、いいの?
ってことで2枚買いましたー♪

帰りも人を乗せて、「チャーターじゃないのか?」と思わなくもないんだけど、色々現地の人が交渉してる様子も見られたりして楽しかった。ホテルまで送ってもらい、シャワー浴びて一休みしてまた出かけよう。街が小さいから、こうして気軽にホテルに戻れて便利だな。
[PR]
# by phedre | 2012-07-23 22:16 | ラオス&タイ | Trackback | Comments(2)
ルアンパバーン・托鉢の風景
ルアンパバーン観光の朝は早い。
早朝の托鉢風景を見るために、早起きしなきゃ!ガイドブックによると5:30~6:30頃に行われるとのことで、まだ暗い中を出かける。ホテルが托鉢が行きかうメインストリート近くでよかった。
でも5:30に行ったら、托鉢用の物売りの人しかいないw(托鉢は、ここで買ったりしないで前日に市場などで買いましょう、と言われている) しばらくして、離れたところにあるホテルや団体さんのバスが続々到着。

結構待ちくたびれたけど・・・、托鉢の行列が見えたー!
c0041132_20455229.jpg
c0041132_2046535.jpg
地元の人も、托鉢をするためのツアーの方も、たくさんの人が並んでいる。
c0041132_20455768.jpg
空っぽの籠を持っている子供たちの姿もあり、なんだろうな~と思っていたら、お坊さんが自分の籠から余分を子供の籠に入れている。こうやって回ってるんだ!
托鉢ツアーっぽい方々は、新しい袈裟を一人ずつお渡ししていた。これを見て、ラオスに来てなんとなく思ってた事に答えが・・・。ラオスのお坊さんって、袈裟の色がずいぶんビビッドだなーって思ってたんだけど、こんな風にまめに寄進があるからだったのね。
c0041132_204685.jpg

c0041132_2046055.jpg
托鉢の時間はワンコも混ざってのんびりと過ぎていく。
[PR]
# by phedre | 2012-07-23 20:59 | ラオス&タイ | Trackback | Comments(2)
市場をぶらぶら~
サイクリングの後は、お寺に通じる道沿いに出ている市場をぶらぶら~。
c0041132_20414581.jpg
焼き鳥や焼き魚、バゲットサンドイッチなども。
c0041132_20413364.jpg
↓右下はソムタム屋さんかな?
c0041132_20413863.jpg
お土産やさんでは名物の川海苔、唐辛子やコーヒー、スナック類が並んでいて、おやつに買ったココナツ風味のかりんとうはかなりハマる味♪
c0041132_20415496.jpg
そうしているうちに日が落ちて。
今日も静かな夕暮れ。
c0041132_20415155.jpg
夕食の前にはワインバーで1杯きこしめしてから・・・
タイ料理っぽいお店の前で、ココナツ風味の甘いコーンたこ焼き(たこは入ってないけど)をつまんでウロウロと・・・そのままここで夕食。
c0041132_20412617.jpg
お洒落な店内で、なんだかラオスにいる気はしないけど、美味しいのでよし♪
そして帰ってホテルでワインを飲んだら、バタンキュ~・・・@@
翌日は托鉢見に行くから、早寝早起き!
[PR]
# by phedre | 2012-06-12 21:04 | ラオス&タイ | Trackback | Comments(0)