ブログトップ
タグ:お寺・神社 ( 163 ) タグの人気記事
メスキータ
メスキータ!ここに行きたかったのです。
c0041132_19533519.jpg
外壁周辺。
c0041132_19531130.jpg
中庭を通って、中へ。庭を囲むように回廊があり、日中は日差しを避けて休む人の姿も多かった。
c0041132_19534364.jpg
c0041132_19534848.jpg
↑ミフラーブ周り。ここは特に美しい場所。
c0041132_1954376.jpg
奥がミフラーブ。
c0041132_19535338.jpg
c0041132_19535810.jpg
こんな所にも可愛いタイルが。
c0041132_1954948.jpg
中心部にあるキリスト教部分。同じ建物の中にあるとは思えない。
c0041132_2023044.jpg
c0041132_19541358.jpg朝10時までは、ミサに訪れる人のため無料。ということは、静かな時間帯だろうと期待して行った所、当たり♪
ひんやりとした空気の、とても荘厳なところで、正直感動しすぎて他の大聖堂などを訪れても印象が薄くなるほどだった。
賛美歌が流れる中、ここから異教徒として追い出された人たちがいたことを思う。

メスキータの中の動画を撮ってきました。賛美歌が流れてますので、音が出ます。@フォト蔵

コルドバに2泊したので、2日とも朝の静かな時間に訪れることができた。夕方のライトアップも幻想的で素敵で、本当に満喫。こういう小さな町でこそ、のんびりしたいものだな~

→メスキータのミナレット。
フィルムで撮ってみた。
[PR]
by phedre | 2010-06-30 20:38 | スペイン | Trackback | Comments(2)
コルドバ:シナゴーグ、アルカサル
ユダヤ人街でまず見るべきところは、やはりユダヤ教会のシナゴガSinagoga(シナゴーグ)かな~と、細い道を歩いていくと、車も通れないような道にふと現れる入り口。目指して行かなければ絶対通り過ぎているような、小さな建物。
中の壁面装飾は繊細で見事!
c0041132_20321613.jpg
ちっちゃな中庭が可愛くって、ちょっとリフレッシュ。
建物はほんとに小さくて、教会なのに20畳位の広さ。写真を撮り終えた頃、ツアーの団体さんが続々入ってきて、30人も入ればぎっしりなのにまだ入ってくるし、何人入れるんだ~?って、おかしかった。

コルドバは世界遺産の町とあって、静かな街並みに団体の観光客がいっぱいで賑やか。フランス人が多く、時々ここはフランスだっけ?と錯覚してしまう。
c0041132_20454050.jpg
すぐ横を流れる川にかかる橋、向こうは要塞だったカラオーラの塔
c0041132_20485021.jpg

次は、アルカサルAlcazar。当初王宮として建てられたそうだが、意外と地味目の装飾。後年の復旧作業で作り変えられたという庭園は、花に溢れていて癒される~。木陰で休憩。この日は特に暑くって(33℃)、庭を歩きたいような歩きたくないような・・・。サングラスが無いと眩しくて辛いっす。
c0041132_20511119.jpg
レモンの木もあった♪街中ではオレンジの木もよく見かけて、う~んスペインだなぁ。
c0041132_2055879.jpg
木々の濃い緑が、南国の色合い。
[PR]
by phedre | 2010-06-03 20:59 | スペイン | Trackback | Comments(0)
大宰府~九州国立博物館
福岡から長崎に入ったので、大宰府にも寄ってきた!
ちょうど梅の時期で、華やかな風景♪
c0041132_2023364.jpg
c0041132_20251045.jpg
狛犬が生き生きしてるなー
c0041132_20244530.jpg
灯篭の上にもいる~

そのまま、九州国立博物館
「大宰府のすぐ近くだよ」って言われて、連れて行ってもらったら、近くっていうか敷地の中だった。
c0041132_20264993.jpg
ここがエントランスらしいんだけど・・・?
c0041132_20271983.jpg
長いエスカレーターを上って外に出ると、こんな立派な建物が隠れていた。

時間無かったので、ダッシュで常設展を眺めてきた。東博と大きく違うなーと思ったのは、日本の物でも全体的に雰囲気が東南アジアっぽいものが多い。「『日本文化の形成をアジア史的観点から捉える』をモットーに、日本とアジア諸国との文化交流の歴史に焦点をあてた展示を行なっています。」との言葉どおり、アジア物の展示がとっても素敵に充実してる。
まだ帰りたくないよーと、後ろ髪引かれながらも、大分からも友人が出てきてくれて夕食の予定だったので、駆け足で退却。ああー名残惜しい。いい展示だった。
[PR]
by phedre | 2010-03-02 20:43 | 九州 | Trackback | Comments(0)
長崎孔子廟
長崎の街で、面白かった観光地は、長崎孔子廟
オランダ坂の下にあり、ぐるっと坂の上から回ってくると、ちらちらと眼下に見えてくる。全貌が気になりつつも、建物が集まって入り組んだ道からではよく見えない~。
c0041132_20512684.jpg
辿り着けば、細部まで装飾の行き届いた素敵な所♪
暖かい日は、ここでのんびりしたいなぁ。
c0041132_2145643.jpg
でもやっぱ、日本サイズというか、やっぱりこぢんまりとしているなぁ・・・。と思いつつ、敷地内の中国歴代博物館にも寄ったら、すごい厳選された展示品に驚愕!感動!
展示の数はそれほど多くないけれど、一つ一つが素晴らしい。正直こんなローカルな通りにある小さい廟の中に、こんなすごい物が展示されているなんて、全く想像もしなかった。
また長崎に行く時は、真っ先に寄りたい場所!
c0041132_210391.jpg

当然走獣もばっちり!
北京の孔子廟に行った時の記事
[PR]
by phedre | 2010-02-10 21:10 | 九州 | Trackback | Comments(0)
秋の川越散歩
秋の話ですが・・・
いつもの旅仲間三人で、川越散策&お泊まり会~♪
Hちゃんの地元が川越に近く、A嬢も埼玉なので二人には身近な街。私は川越は二回目なので、案内してもらうのが楽しみ(^-^)
c0041132_2174526.jpg
レトロな街並みを満喫しつつ、お昼はやはり「芋」で!えぷろん亭で川越散歩膳をいただく。
c0041132_218346.jpg
奥の真ん中は、さつまいものやきそば風あんかけ。さくっと揚がったさつまいもに、あんかけがしっとり。大好物のゆり根まんじゅうも美味しいー!そしてさりげなく、さつまいもご飯がしみじみと良くって・・・。色んなさつまいもが楽しめた♪
ちょっと横道に逸れて、お寺さんへ寄る。
c0041132_2195974.jpg

隣に幼稚園があって、入り口に番犬のわんこが。
c0041132_2193776.jpg
すごい、おっとりした雰囲気のわんこで、きっと園児達の頼れるお兄さん?なのかなー
c0041132_2112652.jpgこの日の夕食は、ちょっと足を伸ばして東松山へ。
東松山は、焼き鳥が有名らしく、是非食べてみよー!と。
焼き鳥が、というか、焼き鳥なんだけど豚肉なんだそう。地元の人としては、豚肉が焼き鳥で当たり前らしい。なんとも紛らわしいが・・・
まずは、一番評判の高い店に行ってみたところ、6時をちょっと回ったばかりなのにとっくに満席~。次の候補、子虎へ行ったら、こちらはなんとか入れた。よかったー
はじめに、かしら(豚肉の焼き鳥)はデフォルトで出てくるので、他に色々注文。サイドメニューも色々あるのがいい(しかも美味しい!!この日は牡蠣のバターソテーが、ソースが激烈に美味しくって悶絶)。そしてラッキーなことに、ボジョレーヌーヴォが樽で置いてあって、・・・しかも、有名な作り手のをかなりお安く、あと残り数杯って所をいただけた。あ~、秋の楽しみだな~。
このお店、近所だったらすぐにでもまた来るのに!
c0041132_21263041.jpg
翌日は森林公園をちょっと散歩&周辺をドライブして、のんびりお茶したりして解散。
つくばからはちょっと距離あるけど、また色々なお店を回りに行きたいな。
[PR]
by phedre | 2010-02-02 21:35 | 関東の小さな旅 | Trackback | Comments(0)
色々な絵馬 sanpo
先日、初めて靖国神社に行きました♪
用事のついでに寄ったので、遊就館(展示室)には行かず、境内を通り過ぎただけですが・・・

この時は、日本全国、色々な神社から奉納された絵馬が展示されていて、意外と絵馬の形ってバリエーションあるんだ!と発見。絵馬コレクションも楽しそう(場所とりそう~)。私が外国人なら、部屋に飾りたいなぁ。
絵馬って、実は書いたことが無くって。どこもフォーマットというか、木の形が決まっているのかと思っていたら、結構自由らしい。
c0041132_1829349.jpg
左下(山形)のは、掛け軸みたいで素敵~(^▽^)
c0041132_183622.jpg
c0041132_18404439.jpg懐かしい、出雲周辺の熊野大社。すごい個性的な絵!八重垣神社のは、ここの本殿にあった壁画(今は宝物殿に保存されている)かな。吉備津彦神社は、元気な桃太郎ー。

→東郷神社。Z旗くわえてるよー。毎年そうなのかなー?結構カワイイ。
その下のは、おめでたさ全開のトラが気に入って♪

どこの神社のも、それぞれ土地柄が出ていたり、やたら凛々しかったり可愛らしかったりと面白い♪ 同じ絵のものもあり、規定の絵柄orオリジナルが選べるのかなー、と。

十二支・絵馬展、なんてのがあったら行ってみたい!
[PR]
by phedre | 2010-01-28 18:50 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(3)
筑波山麓の酒蔵
先日のつくば道散策で見つけた稲葉酒造を再訪!
ここの代表銘柄は男女川(みなのがわ)。
星ふる里蔵と名づけられた直売所+レストランでは、日本酒飲み比べセット¥500をはじめ、週末はランチもしている(注:仕込みが忙しい時期はランチは休むそうなので、要確認)。

バス停筑波山口から、筑波山の紅葉を眺めながら軽く10分も歩くと、入り口の看板が見えてくる。この、昔の駄菓子屋のような建物が目印(写真右上)。ここから坂を上ると、すぐ蔵が見えるので中へ。
c0041132_19265645.jpg
飲み比べセットと、ランチを注文。さっぱり軽い濁り酒と、男女川の大吟醸、蔵限定のすてらの三種類。日本酒はあまり量が飲めない私でも、食前酒でゆっくりちびちび~ランチに合わせて楽しめた(^▽^)
ランチは、私はそば+野菜の前菜盛り合わせ。手前の白いものは、酒かすのディップ。粕漬けや甘酒は苦手なので、どうかなーと思ったらクセが無くって、美味しくって感激~。おそばも出雲蕎麦のような、そばの味が濃くって食べごたえあって私は大好き!添えてあるサラダも、密かにいい味。夫は鶏肉のソテーだったかな?どれも美味ナリ!
お食事エリアは渋くって素敵♪昔使っていた樽とか?をテーブルや椅子にリフォームしたらしい。
もう、ダラダラしちゃいたい雰囲気~。
夜に来たらいいだろうな~と思ったら、昼間だけの営業だそう。本業は造り酒屋さんだしね。
c0041132_19305115.jpg
お土産に「すてら」を買って、バス停へ戻る。バスの本数が少ないので、時間まで近くをぶらぶらしていたら、小さな商店街でくつろぐトラ猫に会った。
c0041132_19381885.jpg
すごい充実した秋の一日。
今までここを知らなかったとは、惜しかったな~!
・・・と、つくば出身の酒好きの人に話したら「男女川?もちろん知ってますよ~。え、筑波山にあるの?しかも直売所があって利き酒して食事も!?初耳!」ってことで、早速その週末に行ってきたそうで。いい情報ありがとう!と、かなり喜んで貰えて、私も嬉しい~。
筑波山には登らなくても、またのんびりランチに行こうっと。
[PR]
by phedre | 2009-12-10 19:49 | お散歩@つくば近郊 | Trackback | Comments(4)
つくば道を歩く
つくばの観光名所と言えば、筑波山。
TX開通以来、週末ともなれば筑波山行きのバス停には長~い列ができる。
たまには筑波山に行こうかな、と思っても、現地の混雑を思うとなかなか・・・
と思っていたら、筑波山の観光は山だけじゃないらしい。

「日本の道百選~つくば道」というのが麓にあるそうだ!
筑波山麓ウォーキングマップを参考に、旧山道を散策へ出発~

つくバスで市の筑波庁舎まで行き、そこから筑波山口(同じバスの終点&以前電車が通っていた頃の駅舎が残っている)まで歩くコースを取った。
まずは北条の商店街へ。懐かしい雰囲気の商店街が残っているが、営業しているのかどうなのか分からない感じもある。ここの通り沿いは、立派な門があるのでお寺かと思って見ると、普通の民家だったりするので(しかも何軒もある)、学園都市とは全然違って驚く。
c0041132_18414712.jpg
上のURLの地図で言うと、つくば道の道標から郵便局は結構だれるエリアで、坂を越えてもただの道に出るので、気力がそがれるが、郵便局まで着いたら、急に山が近くなった!

その先にお寺(今度は本物)を発見。
普門寺。休憩がしたかったので、この落ち着いた雰囲気にふらふらと~、門をくぐったら紅葉の色までも清浄なお寺が待っていた上に、なんと休憩コーナーがある。(お茶のポットまで!)この時は丁度、山麓の散策イベントがあったようで、スタンプラリーも行われていた様子。
c0041132_18485576.jpg
お庭もキレイだし、番犬もラブリー♪
ここで一休み、駅の西武で買ったお弁当を食べる。現地で食べる所あるだろう、と思いつつ持ってきたけど、商店街を軽く歩いただけでは食事処は見つけられなかったので、危ないとこだった。
c0041132_18552629.jpg

お寺を出て北に向かうと、今度はレトロな街並みが続いて、なかなか素敵な散策道ー♪
c0041132_1856582.jpg
タイルの素敵な門が・・・ここは勝手口だそう(^^;
c0041132_18572030.jpg
↑筑波山を背にした眺め
↓トマソンも発見!危険!
c0041132_18573027.jpg
c0041132_191877.jpg
筑波山に近づきながら、のどかな里の道を歩く。学園都市つくばとは違う、昔ながらのつくばを見る。

ゴールの手前に、稲葉酒造に寄った。外から眺められるのかな~と思ったら、販売もしているらしい。
なんだかいい~感じな蔵があるよ!と入ったら、お酒の販売の他にも、奥にあるバー風のエリアでは週末はランチを出しているそうで、ちらっと見たところでは風情ある素敵な処みたい・・・。
再訪を誓って(結局、数週間後に行ったんですが)、お土産に男女川を買って、散策のゴールへ。
c0041132_194591.jpg
ゴールはつくバスの筑波山口。ここから駅まで戻って、おしまい。
c0041132_1981886.jpg
今回、猫には殆ど会えなかったけど、そのかわりに学園都市の方ではあまり見かけないモコモコの大きめ犬がいっぱい~。稲葉酒造の近くでは、セルフ散歩の賢い犬も!

つくばの違う顔が見られる、新鮮な一日だった。山に登らない筑波山観光も、いいね~。
[PR]
by phedre | 2009-12-09 19:17 | お散歩@つくば近郊 | Trackback | Comments(2)
備前焼の町を訪ねて
c0041132_2131051.jpg備前焼の里、伊部(いんべ)に寄って、岡山滞在は終了。
何軒か、ショップを回って器の買い物しよう・・・と、駅前から散策をスタート。ところが想像以上にお店が集まっていて、小さな町なのにいったい何軒あるんだろう。
お店の佇まいや、ショーウィンドウの雰囲気でなんとなく入って眺めて、気に入ったものをいつくか購入した。
作家さんの顔が見える食器が欲しかったので、この備前焼の町はまさにうってつけ。
小皿と(載っているのは、高梁で買ったゆべし)、暁の風景のような四角いお皿を買った。四角い方は、最後に何気なく寄った伊部駅の上にある備前焼伝統産業会館で購入。 (私が行った時は、改装中だったのもあって)フツーの机の上にただ作品が並ぶシンプルな展示・・・。それが逆に、有名な作家さんも若手の駆け出し作家さんも、全く同列に並んでいて値段も様々で、すごく面白い!
ここを先に見れば良かったなぁ~。
c0041132_21311856.jpg
町中に登り窯の煙突が見える。古い窯の跡にも寄った。
c0041132_21313660.jpg

神社があるので、ちょっと寄ってみた。
c0041132_21334862.jpg
なんと!狛犬も備前焼ーー!凛々しいし、この質感が他には無い!備前焼、すごい・・・
c0041132_21345674.jpg
この静かな町も、備前焼祭りの時は、特別セールもあってかなり賑わうそう。うーん、買いに行きたいなぁー。
[PR]
by phedre | 2009-12-01 21:44 | 姫路・岡山・広島 | Trackback | Comments(0)
高梁
吹屋から1時間ほど車で移動して、高梁へ。
備中松山城と、その城下町が残っている。松山城への道はちょっとしたハイキングらしい。今回は登らずに、途中から見えるかもしれないからと上り口の駐車場まで行って見る。うねうねした細い坂道を行き、結構近くまで来たと思ったのに、全然見えないし、ここから20分は登るって。うーむ、これは攻め込むのは大変だ。出て行くのもまた大変そうだが・・・

城下町に戻り、頼久寺の庭を見に行った。
c0041132_2055417.jpg
小堀遠州による庭で、静かに心和む風景。
c0041132_205634.jpg
外に出ると、鐘の近くでくつろぐ猫を発見!
c0041132_20585052.jpg
ここの猫なのかしら?全然動じず、のそのそと歩いて、また砂利の上でのんびり。
c0041132_211214.jpg
線路沿いを歩いていたら、ちょうど「やくも」が通過。

小川沿いにある遠州堂という老舗で、柚餅子(ゆべし)と柚子味噌をお土産に購入。ゆずのゆべしなんて、初めて。面白いなァ、と思ったらこちらが元祖なのね・・・東北じゃ、くるみ入りが普通なので、それが当たり前と思っていた。爽やかなゆずの味に、ふわふわした食感で美味しい♪ 通販では買えなさそうで残念~。
[PR]
by phedre | 2009-10-26 21:12 | 姫路・岡山・広島 | Trackback | Comments(3)