ブログトップ
タグ:博物館・美術館 ( 82 ) タグの人気記事
旧市街観光2 陶磁器博物館とランチ-ホイアン 3
貿易陶磁博物館。ホイアンでは、昔の建物をそのまま博物館として使っている所がいくつもあります。
c0041132_13591945.jpg
涼しげな中庭(でも暑い)。日本の陶磁器もありました。建物がいい感じなので、陶磁器に興味が無くても楽しいのでは~。
c0041132_14020754.jpg
お土産に欲しくなっちゃうような器も。
c0041132_13591986.jpg
2階のベランダ。
c0041132_13591981.jpg
向かいのお土産やさん
c0041132_13590949.jpg
そろそろお昼にホイアン名物の汁なし麺「カオラウ」を食べようとレストランを物色。なんか看板に見覚えがあったこのお店、TAM TAM Caféへ。
c0041132_14062489.jpg
名物のホワイトローズ(左)も食べて満足。ゆでワンタンみたいな感じ。カオラウもやっぱり美味しい♪全然麺が写ってないけど、うどんっぽいです。伊勢うどんがルーツとか。滞在中に何回食べられるかな~。
c0041132_14062493.jpg
↓10年前にも行ってた!
c0041132_14064997.jpg
やっぱりカオラウ食べてた。今の方が盛り付けがおいしそう。
c0041132_14062479.jpg

ホイアン散策マップを書きました。自分が通ってない道とか省略してます(^^;ピンクの線がこの日歩いたルートです。
c0041132_11450071.jpg
c0041132_11453158.jpgごはん処

c0041132_11453139.jpg観光スポット

1:Highlands Coffee (ベトナム各地にあるスタバ的なチェーン店。弱いけどエアコン有り。夕方涼しくなるとエアコン無しになる)
2:徳寶寺
3:福建會館 (2,3は前の記事)
4:TAM TAM Café
5:貿易陶磁博物館
6以降は次回。
[PR]
by phedre | 2015-07-17 12:25 | ベトナム | Trackback | Comments(2)
デリー2
最後に更新してから、軽く1年半ほど経過してしまいました…
引越ししたり暮らしが変わったりしましたが、元気にやっています!
ということで、インドの最後の記事です。

帰国前はデリーで1泊し、一日は地下鉄を使って散策、もう一日は車をチャーターしてフマユーン廟~国立博物館~ジャンタル・マンタル(天文台)を観光、最後は空港まで送ってもらいました。

c0041132_15495852.jpg

フマユーン廟。天井や窓の装飾も美しく、ビービー・カ・マクバラーより丁寧に作ってあるのが本当に良くわかって面白い。
c0041132_15494363.jpg

国立博物館は展示が本当に充実していて、すごい見ごたえあり!しかし暖房が効いていないので、外よりマシ程度。(デリーの年末年始は寒いので、日本と同じ格好です)
他の遺跡も色々見に行きたくなる。
c0041132_15495713.jpg


c0041132_15495720.jpg
ジャンタル・マンタル
1724年に作られた天文台で、かなり大きい!
c0041132_15495827.jpg
都会の中にいきなり現れる不思議なスポットって感じ…

c0041132_16144498.jpg
食事は有名店のカリム・ホテルへ行きました(ホテルはレストランの意味)。TVの旅行番組でも紹介されたことがあり、雑多な界隈の小さな路地を入った奥にこの店があります。
本当にここでいいのかな?と思うような場所なので、TVで見てなかったらたどり着けなかったかも。
盛り付けはテキトーwですが美味しいです!
c0041132_16133781.jpg

車のチャーターは、ロンプラで紹介されていたMetropole Tourist Serviceにお願いしました。
いくつか問い合わせて、一番安かったのと、余計なオプションを言ってこなかったので。運転手さんも寡黙でちゃんとした方で、土産屋はどうかとか一切言わず。ロンプラ情報ってたまにすごい当たりがある。

今回のインド旅で学習したことは、
・カイロはたくさん持っていくべし(室内の暖房が弱い、というか無い@デリー)
・空港でなんとしても、たとえレートが悪くても小銭を用意する。大きいお札は想像以上にあちこちで断られる。チップでも使うし。
・ベジタリアン料理にうまいもの有り。
といったところかな。

先日トーハクの「インドの仏」展に行って、コルカタの博物館に行ってみたくなったところなので、また数年したらインドを訪れたい♪
[PR]
by phedre | 2015-05-11 16:39 | インド | Trackback | Comments(4)
名古屋のいいもの
秋晴れの美しい時期に、旅仲間のHちゃんと突然思い立って名古屋&伊勢の旅へ。
私は2度目の伊勢。名古屋で少し遊んでから翌日は伊勢神宮参拝というスケジュールで~
c0041132_19425072.jpg名古屋に着いたら、まずランチ!新幹線の中で色々悩んだ結果、名古屋駅の地下街にある手羽先やさんでランチに決定!ちょっとビールが欲しい~
そこから徒歩でノリタケの森へ♪レンガ造りの建物が素敵・・・。ショップでゆっくりお買い物をするのもよし、ただ散策するだけでもよし、時間があればカフェでお茶をしても。こんな所で働けたら素敵だねー!って話をしながら・・・
c0041132_1942534.jpg

c0041132_19425660.jpg
コスモスがキレイな時に行きました!
c0041132_19424162.jpg
昔の窯の名残、煙突跡です。当時より、かなり短く切ってあるとのこと。
c0041132_19424492.jpg
リニア鉄道館も行き、鉄子の旅ですw
鉄道模型の凝ったジオラマや、私は食堂車のサインなどに惹かれつつ。
c0041132_1943183.jpg再び名古屋駅に戻って、夕食は栄の松坂屋に入ってる「あつた蓬莱軒」でひつまぶしー!
その前に国際デザインセンターに寄り、名古屋発のデザイングッズを色々眺めて、ちょっとお土産に購入して。日常使える器や布製品、雑貨など素敵で面白いものが色々!さすが大きい街には、いい物があるな~と、羨ましく思ったのでした。
そして、ひつまぶしー!久しぶりに食べたけど、やはり名古屋に来て食べると美味しいな~。気分も盛り上がるし!
このあと、そのまま伊勢に移動して、翌日はしっかり伊勢観光です。
[PR]
by phedre | 2012-12-06 20:07 | 伊勢・名古屋 | Trackback | Comments(6)
静岡へプチ旅
9月の休日に、静岡へ1泊2日のプチ旅してきました!
まだまだ暑いのに、更に暑い街へ・・・。それからほんの2ヶ月しか経ってないのに、もう冬!?ってぐらいに冷え込んできて、日本の秋は短いなあ・・・

連休で混んでいたので、行きは「ぷらっとこだま」のグリーン車を利用。お得で快適で、気分も盛り上がっていいねー
静岡市に行くのは2回目。前回はガンダーラ仏の展示を見に行ったんだけど、今回は特に目的もなく、ぶらぶらと静岡県立美術館に。
c0041132_1621101.jpg
ロダン館で、やぐらを組んでもっと近くで「地獄の門」を見るという面白い試みをしていて、早速登ってみた♪
c0041132_16211759.jpg
近い!それに上から眺めおろすこともないので、こういう風になってたのか~と、見慣れた作品なのに新鮮!
外にいるような明るい空間で、のんびりお散歩気分で鑑賞できるのは嬉しいです♪
(今は改修工事中で閉まっているようです)
c0041132_16211394.jpg
ちょっと高台にあるので、外に出たときの開放感も好き~
c0041132_17154946.jpg
そのあと、駅からすぐの静岡市美術館へはしご。
「フィンランドのくらしとデザイン―ムーミンが住む森の生活」展開催中だったので、エレベーターもマリメッコ柄。ビルの上階にあるので、これなら入り口もわかりやすい。
グッズコーナーがものすごく充実していて、かなり賑わっていて楽しかった!
北欧デザインに触れる機会は多いけど、それ以外に私はあまり見る機会のなかった風景画や建築など広く展示してあって、北欧の美術館や博物館も面白そう♪って思って帰って来ました~

夜は静岡の海の幸食べに、ぶらぶらして見つけた居酒屋に~♪
c0041132_1716110.jpg
お刺身の盛り合わせ、生しらすと桜えびが美味しい!そもそも、つくばでお刺身頼んでも出てこない組み合わせなので、気持ちも味も新鮮で幸せ(^-^)
「もへゑ」というお店でした。静岡市は居酒屋さんいっぱいで楽しいな~。

翌日は浜松へ!
c0041132_17154085.jpg

航空自衛隊のエアーパークで飛行機を鑑賞。無料レンタルのつなぎを着たちびっこ達がいっぱいいて、カワイイ♪(大人も借りられます。着ている人は、この時は見なかった)


c0041132_1715266.jpg

それから、駅の近くにある染色工房の店舗、「アトリエ ぬいや」で買い物~
芹沢銈介さんに師事した、 山内武志さんのお店です。
所狭しと置かれた素敵な染物の数々・・・。それでもなぜかお宅にお邪魔しているような、ゆったりした空間です。
この日、通り雨が来そうな日だったので、山内さんご本人がお店にいらして、色々素材のこととか芹沢さんとのエピソードとか、お話を聞くことができました!すごいラッキーでした・・・。
染め製品の他にも、外国の雑貨などもあって楽しい♪ また買い物しに行く!
テーブルランナーと、手ぬぐいを買いましたー♪ 座布団カバーも買えばよかったな~・・・。次回また行くときのお楽しみ。
[PR]
by phedre | 2012-11-17 17:22 | 関東の小さな旅 | Trackback | Comments(2)
ルアンパバーン王宮(博物館)
午後はまずランチから!泊まってみたかったホテル、3Nagasへ。メインストリートに面していて、気持ちのいいテラスで食事。お値段も、ルアンパバーンの中では結構いい。
ラープと、バナナの皮で包んだ魚の蒸し物、もち米とチャーハンを注文。
c0041132_2055561.jpg
マンゴー?の皮に盛られたラープ。さすがお洒落~!もち米は黒米の割合が多い。そしてどれも洗練された味で美味しい!さすがだな~。ここ、夜もすごく混んでる。

この後はのんびりと、国立博物館(旧王宮)へ。爽やかな夏の(冬だけど)日差しが心地いい!
c0041132_20562171.jpg

c0041132_2056277.jpg
中に入るときは、靴を脱いで。木造の床を踏みしめながら、ゆっくり見学。玉座のある部屋は華やかなモザイクで飾られて、いかにも豪奢だけれども、奥にある寝室などは簡素な造りで驚く。良く見ると、木の家具には細やかな彫刻も施されているけれど、華美な暮らしとは程遠いような、静かな宮殿だった。
c0041132_2056363.jpg

c0041132_2056099.jpg
こぢんまりとした、美しい建物だけど、王宮にしては本当に質素な外見。
c0041132_20563233.jpg
敷地内にあった祠はキラキラして眩しい!

また少し散策をしたら、ちょっとお茶へ・・・今日は贅沢して、アマンタカで。ラオスらしい、広い敷地の中に2階建ての低い建物。レストランも静かで、中庭を眺めながらのんびり~。
濃厚なマンゴジュースと、スムージー、しめて11ドルぐらい?お得だ・・・
c0041132_20552775.jpg
お土産やさんも充実していて、なかなかに悩ましかった。

夕暮れ時の町並みを散策して、最後の夕食はホテルがある川沿いの気になっていた店に行ったら、地元の方でなんだか貸切パーティな雰囲気。ああ、残念!(写真右下)
c0041132_2056941.jpg
結局、初日に行ったラオス料理店へ。カレーっぽいのと、ラオスソーセージ(3つのお皿の真ん中)、ラープ(左下)。ラオスソーセージは、ほんと絶対!!ビールに合いすぎる!
今日もワインバーに寄りたかったけど、さすがに托鉢+パークウー洞窟ツアーでかなり体力を消耗したので退却・・・。うう~、もっと滞在したい。
[PR]
by phedre | 2012-08-28 21:55 | ラオス&タイ | Trackback | Comments(0)
直島、アートの旅
四国の旅最終日。
素晴らしい青空!フェリーに乗って、念願の直島へ・・・!
瀬戸内の美しい風景を眺めていると、あっという間に到着。
c0041132_12345640.jpg
早速、赤かぼちゃがお出迎え。
まずは、私が一番行きたかった地中美術館から♪
c0041132_12351595.jpg
「モネの庭」を抜けた先が美術館の建物。エントランスは手前にあって↓ここもシンプルで素敵♪
c0041132_12351772.jpg
中に入ってみると、地中だということを完全に忘れてしまう明るい造り。切り取られた空を見上げる空間や展示も多く、開放的で気持ちいい~。

モネの睡蓮部屋は、入った瞬間あまりの美しさと静謐な空間に身動きもできなかった。
最初の部屋の奥に展示室があって、その部屋への入り口がもうひとつの額縁のようになるという設計。
たまたま、睡蓮部屋にいる人がすべて死角になる場所にいたので、週末だというのに完璧な状態で見る事が出来たのはものすごい幸運だった。
モネの絵は見る機会が多いので、今改めてこうも感動するとは想像もしていなかった・・・

他の展示もどれも素敵で楽しい!すごく充実した時間だった。幸せ。
カフェでのんびりして、空の光が変化した頃また最初から見るってのもよさそうだな~
c0041132_12353226.jpg
ベネッセミュージアムも楽しかった♪こちらは色んな作品があって賑やか。

ベネッセミュージアムを見てからは、所々に配置された海辺のオブジェを眺めながら散策。
c0041132_12352283.jpg
瀬戸内の風景、ほんとキレイ・・・
c0041132_12563612.jpg
遠くに見えてくる黄色かぼちゃを眺めながら坂を下ったり、とても贅沢な時間だった。
c0041132_12572369.jpg
かぼちゃに接近♪
c0041132_12584097.jpg
結構海ギリギリで、裏側から写真を撮るときは緊張する~

後はちょっと駆け足で・・・夕方の飛行機に乗って帰るので、急がないと。
c0041132_1314979.jpg
c0041132_1314531.jpg
時間があれば入りたかったな~銭湯のILove湯。タイルがめちゃめちゃ可愛い~♪
c0041132_1315922.jpg
フェリーに乗るまで、草間弥生さんの赤かぼちゃを眺めてと。お土産に、黄色かぼちゃのストラップ&赤かぼちゃポストカードを買ったよ@ベネッセミュージアム
c0041132_1315637.jpg

c0041132_132560.jpg
フェリーが出てからも、名残惜しくかぼちゃを眺めて・・・また来るよ~!今度は島で泊まりたいな。
c0041132_132863.jpg
高松の町が見えてきた。もう帰らなきゃ、と思うと寂しい。
でも、食事も美味しかったし、また近いうちに飛行機でさくっと行けるかな♪
[PR]
by phedre | 2012-01-26 13:13 | 四国 | Trackback | Comments(2)
ホーチミン街歩き
ホーチミンに着いたのは夜遅かったので、翌日の朝から観光へ出かけた。といっても、最初のミッションは翌日のメコンデルタツアーを申し込むこと。バンコクの「カオサン」を小さくしたような、外国人旅行客が集まる「ファングーラオ通り」へ向かう。
途中通った公園。何のイベントなんだろうなー?何箇所か、ワニがこっちを向いているのがあったり、盆栽展示してたり・・・。
c0041132_19544857.jpg
そのバックパッカーエリアは、数年前と変わらず外国人で賑わっていて、異質なエリアで面白い。
無事、ツアーに申し込めた(ミトーからホーチミンに帰らずに降ろしてもらうのもOK)ので、ぶらぶらと散歩。
ベンタイ市場をひやかして、
c0041132_19544869.jpg

c0041132_19543344.jpg暑い中歩き回って、もう疲れたので・・・早速軽いおやつ。サイゴンセンターのParis Deliでミックスサンドと、私はグアバジュース♪バゲットが、ふこふこのサクサクで最高!

その後は二度目の歴史博物館。建物は素敵だし、のんびりした雰囲気で落ち着く場所。お庭にカフェがあったらいいのにな~。
今回も結婚記念写真撮ってた!しかも3組ほど。おめでとー♪
c0041132_19561898.jpg

c0041132_19544917.jpg

c0041132_1956196.jpg
この後は今日のお楽しみ!Park Hyatt Saigonでアフタヌーンティ♪
生春巻き&揚げ春巻きも入って、豪華~。ソファーでゆっくりして、優雅な休日。
c0041132_19544750.jpg
これで10ドルぐらいって!なんてオトクなの~
c0041132_19544769.jpg
あとはのんびり、あちこち歩いたり、カイシルクに寄ったりしながら路上市場を通って。角に美味しそうなケバブ風のサンドイッチとか、鳥の丸焼きとか、パンとか色々置いてる賑やかなお店があるなーと思って、帰って地図を見たらニューランという人気のパン屋さんだった。この活気なら納得。
夕食の話はまた。
[PR]
by phedre | 2011-01-21 20:25 | ベトナム | Trackback | Comments(0)
奈良―興福寺、奈良博、東大寺
翌日は一日奈良観光♪
最初は、興福寺へ阿修羅を見に(^^)
c0041132_202368.jpg

東京国立博物館での阿修羅展で惚れ惚れした時の気持ちをそのまま持って、宝物館で阿修羅像に再会。
素敵だった・・・。周りを固める十二神将もすっごい魅力的。

奈良国立博物館の常設展に立ち寄る。
奈良博の建物を見て、学生時代に素敵だと感激した博物館、京博じゃなく奈良博だったと分かった。常設展示も仏像充実で奈良らしい・・・、ここまで来てわざわざ博物館に?と言われたとしても、寄ってよかった♪ミュージアムショップもここオリジナルの素敵風呂敷とか手ぬぐいとか、いい物揃ってる~。
c0041132_202236.jpg
そのまま人の流れについていくと、東大寺。
東博で東大寺展を見てきたばかりなので、実物を拝めると思うとワクワクする。しかし鹿が多いな~
c0041132_202176.jpg
団体観光客や外国人も多く、賑わっているけれど、やはり大仏を目の前にすると急に静けさの中にいるように思えてくる。
c0041132_20115820.jpg
c0041132_2026535.jpg


奈良は静かでいいな。
[PR]
by phedre | 2010-12-10 20:29 | 京都・奈良 | Trackback | Comments(0)
ビルバオ-グッゲンハイム美術館
ビルバオのグッゲンハイム美術館。もともと鉄鋼業で栄えた街ビルバオに、メタリックな建物が調和している。
ビルバオ空港から市内へのバスに乗ると、坂を下ってこの建物を見下ろすようなルートを取り、インパクト大!だったので、旅の最終目的地として訪れた時も、まず横の橋の上から眺め降ろしてみることにした。
c0041132_18422034.jpg
対岸の旧市街もいい感じ♪意外と、美術館の建物がでかい。これで3フロアだけで、中の吹き抜けがすごく高い。
c0041132_18422031.jpg
正面にいるパピーちゃん♪でかい・・・。でも、後姿がキュート♪
ミュージアムショップで、ミニチュアのパピーちゃんがあったら買っちゃおっかな~と思っていたが、無かった。ビスカヤ橋のおみやげ屋さんにあったのに!
c0041132_18412398.jpg
中の展示では、板張りの迷宮っぽいのが面白かった(上の階から眺めても、自分で歩いてみても)。

カフェでランチにして、退却。中のビストロが案外お手頃価格だったので、行ってみたら予約で一杯だった。そうだよね・・・有名店だもんね・・・。

後はエル・コルテ・イングレスで最後の買い物と、その周辺を散策してホテルでのんびり。
この旅で一番豪華なホテルに泊まった♪
c0041132_18412250.jpg
ホテル・カールトン新市街の中心部、メトロの駅にも空港バスの乗り場にもすぐの便利な立地と歴史のある建物。ビルバオでは一番のホテル。でも、この日はラッキーな事になんと80ユーロしないで泊まれた!
c0041132_18462229.jpg部屋の広さはやはりこれまでで一番。快適♪
夕食もホテルのレストランのつもりだったけど、これまでの疲れが出たのか寒かったからか、調子が出ないのでエル・コルテ・イングレスでパンとハムとワイン、ガスパチョを買って部屋で闘牛中継見ながらスペイン最後の夕食。部屋でのんびり出来るのは何よりだった。
そのうちだんだん喉が痛くなってきて、寝るときはマスクを濡らして付けた。しかし、あんまり良くならず。

翌朝、ホテルのすぐ前から空港行きのバスに乗り(出て左の地味な案内板が出ているバス停)、空港へ。今度はグッゲンハイムを見下ろしながらの移動。ここからドイツで乗り継いで、日本へ帰る・・・
[PR]
by phedre | 2010-10-20 19:20 | スペイン | Trackback | Comments(0)
ビトリアの旧市街-3
ビトリアの観光―教会に立ち寄ると、ミサの時間だったので静かに・・・。壁の模様が、バッグの模様みたい。
c0041132_16363575.jpg

自然史博物館、古い建物を利用しているので特に階段周りの雰囲気が素敵♪
こぢんまりとした良い空間です。何より、ビトリアの美術館関係はほとんど無料~。一見の観光客も無料なんて、ありがたい・・・。
c0041132_16363553.jpg
↓駅の南側。広く大学の敷地があるほか、ゆったりした並木道が通っていて高級住宅街の風情・・・。
c0041132_1636356.jpg
美術館Museo de Bellas Artes、日本では触れることの無いバスク絵画のコレクションを眺め、昔は宮殿だった?らしい建物の、特に部屋ごとに変わる床の寄木模様を楽しめるところ。それに、トイレもドア周りとか普通の部屋かっていう雰囲気で良い。
c0041132_16363439.jpg
さて、と帰ろうとすると、受付のお兄さんが交代になった瞬間で、ちょうどすれ違う。アディオス!って帰ろうとしたら、先に「どう?良かった?」と声をかけられた。バスク絵画、すごく良かったです!気に入りました♪と答えると、おおそうかこっちへ来なさい・・・と建物の外へ。「ここはもとパラシオ(宮殿?)だったんだ」「すぐ向かいはバスク県知事の家で、隣は何々で・・・」と細かに説明してくれる。「で、そこの武器博物館には行った?まだ?じゃぁ行きなさい、サムライがあるから!」とまぁ、親切なこと。「ところでもし、バスク絵画で気に入ったのがあったら絵葉書やポスターも売ってるからね♪じゃ、良い旅を♪」って、営業もすかさず。
c0041132_16363316.jpg
↑その、県知事の家。今は住んで無いのかも・・・

せっかくなので武器博物館に寄ってみる。どこもそうだけど、入るときに国籍というか住んでいる国を聞かれる。日本から来ました。「スペイン語はわかる?」と聞かれたので、「ウンポキート」ちょこっと・・・と答えたら、さっきの美術館のお兄さんもそうだったけど、よーしそうかそうか!とばかりに、「じゃぁ簡単に説明するよ!1階のこっち側はアラブが攻めてきた時の何とかかんとか・・・。」と説明をしてくれる。
嬉しいんだけど、「その次はフランスが攻めてきた時の、ナポレオンの部隊の」って人名地名聞いてなんとか、ってレベル。「2階は日本のサムライがあるよ!2体も!カタナも!」おお、こんなはるばるスペインまでよく。
説明が終わると、「じゃゆっくり見て行ってね。Bienvenidos、Welcome!」だって。美術館でこんなに歓待されたことないよ・・・。
ということでのんびり見学。ジオラマとかなかなか良かった。サムライは、いつのものか忘れてしまった(^^;
c0041132_16363411.jpg
ビトリア駅。電車でサンセバスチャンへ行こうと思ってたけど、RENFEのサイトでうまくカード認証ができず、現地でまた予約に行くのも面倒で結局バス移動にした。

ホテルからタクシーでバスターミナルへ。運転手さんからまたも、「スペイン語は?」と聞かれたので「ウンポキート」。アンダルシアを旅行してから来たけれど、ビトリアは美しい街ですね~、とがんばって話をしたら、スーツケース代を少しサービスしてくれた♪
昔、ヒマに任せて覚えた旅行用スペイン語がこんなに役に立つとは。
ビトリアでは何と珍しく、アジア人の姿が無く、ふと水を買いに入った食料品店がやっと中国人?経営で何故か安心したり。欧米人観光客は結構見かけたんだけど。全然アジア人に会わないって滅多に無い・・・。
c0041132_17441949.jpg

さて、バスターミナルにてサンセバスチャンへの高速バスへ♪ チケット売り場が閉まっているので、インフォメーションのおじ様に聞くと、乗るときに払う仕組みのよう。で乗ってみれば、乗客3人。成程。
c0041132_17451192.jpg
山間を抜け、サンセバスチャンへ。降っているのかいないのか、わからないような小雨が、時折激しくなり・・・。

静かな旧市街の町ビトリア、いつか再訪出来たら・・・と思います。ただ、街を散策するだけでも十分。
ビトリア観光局
[PR]
by phedre | 2010-08-22 17:57 | スペイン | Trackback | Comments(0)