ブログトップ
タグ:博物館・美術館 ( 82 ) タグの人気記事
舞台芸術の世界~ディアギレフのロシアバレエと舞台デザイン~
舞台芸術の世界~ディアギレフのロシアバレエと舞台デザイン~
東京都庭園美術館 (17日で終了しています)

モスクワ・サンクトペテルブルクからの旅行帰りのA嬢と会う際に、何かロシアつながりで展示があるかな?と調べたらちょうどいいのを発見。
A嬢はクラシックも好きで詳しいし、色々教えてもらえるし…という下心もありw 当日、バレエのビデオ上映もあるとのこと、「午後の『ペトルーシュカ』を見て、それから展示を見ようか?」と誘ったら、「『ペトルーシュカ』見たい!昔演奏した事あるし!」って、さすがブラスバンド出身、演奏もできるとはすごい!!

誘った側の私はクラシックには非常に疎く、当然?バレエも全く知らない。昔友人に連れて行かれた「白鳥の湖」と、パリのオペラ座でコミックバレエ(?所々で笑えるパフォーマンスの入っているバレエ)見たことはあるが…って程度。

さて、舞台芸術には興味がある私と、クラシック大好き♪なA嬢のコンビで、庭園美術館へ。
チケット売り場で、「赤い靴割引、二人お願いします(赤い靴を履いていくと割引だった)」というと、「あら、お二人とも?二人で赤い靴でいらして下さったのね(^^」と受付の方が嬉しそうに言って下さって、ちょっと嬉しい♪

早速、パリのオペラ座で上演されたペトルーシュカのビデオ上映を見に。このタイトルも覚えられず、マトリョーシカみたいなタイトルの、と言ってA嬢に笑われる…
30分程度のバレエで、最初と最後が街の広場、真ん中が部屋の中という全く違う雰囲気で、気分も切り替わっていい。広場では、人海戦術的な演出で、次々現れる大道芸人と、その中の一組である人形の「ペトルーシュカ」とその仲間達。
大道芸人には、コサックダンス的な動きの人達もいて、ロシアバレエの美しさの原点はコサックダンスにあるのか?と思ったり。華やかな舞台セットにも、感激!
主人公のペトルーシュカは、ちょっと頼りないキャラなのだが、動きも展示で見たデザイン画も余りにも情けなくって可哀想になってくる。

あいにく、ミュージアムショップとカフェの間にあるスペースでの上映だったため、音楽のボリュームが下がるとカフェにいる人の会話がよく聞こえて現実に返ってしまう。うーん、オペラ座気分だったのに、残念だわ。

さて展示は、想像以上に充実していて楽しかった!
実際の衣装や、登場人物を模した陶器などの他に、舞台デザイン画、衣装デザイン画、色々な場面のセクシーなタッチのイラスト、レトロなパンフレットなどなど。最後の方に少し、バレリーナの写真もありで、イメージ画をあれこれ見た後で写真を見ると想像も膨らんでいい。それに、すごい美男・美女で、それもまた♪
一つ驚いたのは、「牧神」のとっても魅力的な牧神(パン)のイラスト。下半身がブチ!それも、「まきば牛乳」的なブチ。でも体は締まってセクシー。私の知っているパンじゃない!と、ショックだった。このバレエはA嬢オススメ、今度レンタルで探してみようっと。

展示を見て、「えー、このお話もバレエであるんだ!?」という作品が結構あって、その度に「うんうん、この曲もいいよ。」「誰々の作曲だよ」と教えてもらい、ためになった。
たまには、こういうの見るのもいいな。

夜は、他の友人達と合流し、銀座のAux Amis Des Vinsで夕食。賑やかなビストロで、オペラ座から夕食に流れたような、フランス気分に♪
ちょっと華やかな一日でした。
[PR]
by phedre | 2007-09-20 22:01 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(3)
トプカプ宮殿の至宝展@東京都美術館
「トプカプ宮殿の至宝展」東京都美術館

イスタンブールのトプカプ宮殿から、オスマン帝国時代の豪華なお宝が日本に♪スルタンの身の回りを彩る装飾品や、ハーレムで使われた美しい品々など、煌びやかで眩しいものばかり。
TVで見た感じでは、どこもかしこもキンキラピカピカ、だったけれど、実際は意外と落ち着いた色合いの螺鈿細工などもあった。
しかし派手な物は派手!大きな宝石がふんだんにあしらわれたターバン飾りや、豪華な団扇(金で出来ているものもあり、手鏡かと思った)などは、かなり重そう。
こういうの見ると、高貴な人もそれなりに大変だなーとつくづく思う。
オスマン帝国では、スルタンの後継者争いが熾烈だったため、スルタンになると継承権を持っていた他の王子は皆殺しにしていたそうだし。さすがに、何代も続けるうちに後継者が不足しはじめ、途中からは殺さなくなったようだが、早く気づけよwと歴代スルタンの肖像画に突っ込みたくなった。
c0041132_13213126.jpg私が気に入った展示は、カフタン(長衣)やタオルなどの布製品。カフタンは、丈の長いジャケットのようなもので、裾が大きく広がっている。全体的にゆったりしたつくりで、お相撲さんでもOKなぐらい大きい。高価な布をケチらずふんだんに使って、富を示していたのかな。子供用のも、キレイに刺繍で飾られていてカワイイ。
→の模様もカフタンのプリントで、トルコでは人気のモチーフらしいチューリップが鮮やかに描かれている。花がつながっているのは、スルタンの世が続くようにという意味合いとか。この写真は、ミュージアムショップで買ったミニタオル。

展示物の、バスタオルも面白かった。薄い透けるような素材に豪華な刺繍がされていて、まるで大判のスカーフ。

そして目玉の、金のゆりかご!どこをとっても、ホントに金。模様も細かいし、なんと贅沢な。
写真で見るのより大きく、3歳ぐらいでも使えそう。小さいのもあったけど、どちらも横揺れタイプ。頭-足方向ではなく、左右に揺れる。なんか酔いそう。

お宝たっぷりでくらくら、楽しかった。欲を言えば、トプカプ宮殿の紹介がもう少したくさんあったらよかったな。
混んでいてちょっと疲れたし、すごく暑い日だったので、館内のレストランで一休みのビール♪ついでに、おつまみの春巻きとポテトフライもつまみ、素敵な夏休み~。

金ピカ度としては、昨年のペルシア展>トプカプ>ロシアの秘宝(江戸東京博物館であった展示、upしてないですが)>インカ(現在科博で公開中の、インカマヤアステカ展。マヤ・アステカはあまり光ってない)>京都五山(仏像は多少…)だろうか。

公式サイト(asahi.com)展示物の写真がたくさんあります♪
都美術館のサイト
展示は9/24まで。
[PR]
by phedre | 2007-09-08 14:13 | お散歩@東京方面 | Trackback(1) | Comments(3)
京都五山 禅の文化展@国立博物館
足利義満600年御忌記念「京都五山 禅の文化」展

もう終わってしまいますが・・・
ぎりぎりに行ってきました。

「南禅寺、天龍寺など京都五山の寺々を訪れて拝観できるのは、ほとんど近世の建築、襖絵などで、創建当時の中世の遺品に触れることはなかなかできません。
禅僧の肖像、墨蹟、水墨画、詩画軸、仏像、仏画など禅宗寺院の宝物は蔵に保管されているか、参詣者が立ち入り出来ない奥深くに安置されている作品がほとんどだからです。」
(紹介文より)

京都へは、大学の講義の研修旅行で行ったきりだが、その時はうまく日程を合わせてあったので、虫干し中のお宝に出会えたり、特別に蔵に入れてもらったりしたので、そういう印象は全く無い。
でも、今行くと掛け軸などはなかなか見られないのね、と、薄れてしまった記憶を惜しみながら出かけた。

東博の展示室は大きく二つに分かれているが、前半部分は主に高僧の肖像の掛け軸、坐像、墨蹟。
渋い展示で、ガラス越しな事を忘れれば、京都のお寺にいるような気分になってくる。
しかし、正直ちょっと飽きた・・・当たり前だが偉いお坊さんだけあって高齢で、当然禿頭で、地味な袈裟姿ではどれも同じように見えてくる。
書道にも明るくないし、最後までこれだったら辛いなぁ。

ミュージアムショップで少し息抜きをしてから後半へ。
あ~よかった、こちらは綺麗な山水図や、水墨画に漢詩が流麗に書かれたものや(こういうのは好き)、それにお楽しみの♪繊細な仏像もある。

山と空の溶け込み具合が見事な山水画を眺めていると、懐かしい気持ちになる。
子供の頃、家にあったカレンダー(どこかの会社からの、頂き物)が毎年こういう山水画で、素敵だなぁキレイだなぁと、めくるのを楽しみにしていたのだ。
この展示に行く数日前に、友人と現代美術館に行き、あっさり影響され、水彩絵の具で絵を描きたいな~となんとなく思ったんだけれど、この日は「そうだ、北海道の友人の息子さんは書道部だった!私が描いた絵に、書道のコラボなんて素敵だわ」と勝手に妄想膨らませていたw ←息子さんの方が嫌がるかもだがw
c0041132_20135695.jpgだいぶ展示内容とは話が逸れてしまったけれど、ノスタルジーや突然やってくる創作意欲などを刺激される展示だったといえよう。私の場合は(^^;

お土産は、それぞれのお寺からのグッズ販売の中から、風神雷神の小風呂敷を♪
臙脂の落ち着いた色がたまらんです。
他、日本画好きの母にあげようかなぁと、若冲の手ぬぐいを。庭で野菜の手入れするときにでも、首に巻いてね♪って私は思っているが、勿体無いとしまいこむんだろうなぁw

京都五山 禅の文化展は、今週末まで。

高エネ研の記事の続きは、飛ばして次回の予定です。
[PR]
by phedre | 2007-09-07 20:31 | お散歩@東京方面 | Trackback(1) | Comments(2)
アメリカ空軍博物館
終戦記念日なので、以前夫が行ってきた、アメリカ空軍博物館の写真をいくつか。

DSCF2050
窓がたくさんついた、面白い形だなぁー。横のポップなペイントは何だろう?と見ると、
DSCF2052
長崎に原爆落としに来たものらしい・・・。こうやって展示されているのを見ると、複雑。
DSCF2109DSCF2786


c0041132_1802492.jpgサイトにある博物館の建物の写真を見ると、展示室はまるで格納庫そのまま。今にも、中から一機、二機と出てきて、空に飛び立ちそう。
アクセスを見ると、「個人の飛行機での訪問はできません、最寄の空港をご利用下さい」だって!さすがアメリカだ。夫は、シンシナティからデイトンへ行き、そこからタクシーで行ったみたい。

世界最大の空軍博物館で、かなり見ごたえのある場所のようです。(夫が行ったのは、これが二回目)

ベトナムで行ったクチトンネルや、霞ヶ浦の予科練の事などを思い出した。また、こういった施設の近くへ行く機会があれば寄ってみよう。(クチトンネルの記事 / 予科練の記事

→さて、お土産はかわいい木彫りのブタちゃん。ゴルフボールぐらいの大きさで、足が手のひらのツボ押しに良さそう(していないけれど)。三本足なので、ちょっとぶつかるとすぐゴローンとしてしまうのも、とぼけた感じでカワイイ♪
裏を見ると、made in Chili とあり、一瞬「アメリカまで行って中国製!?」と思った。チリ製なんて、日本ではなかなかお目にかからないもんね。

その他、夫のオススメ写真をフォト蔵にもupしていますので、ご興味のある方はそちらもどうぞ~
[PR]
by phedre | 2007-08-15 18:37 | 旅関連の話 | Trackback | Comments(4)
夢の島熱帯植物館・2
c0041132_21192750.jpg夢の島熱帯植物館の中へ(前回、熱帯植物園と書いてしまいましたが、植物館が正しい名称です)

外のハーブ園も面白い。でっかいアザミが咲いてるなー(私より背が高い)と思ったら、アーティチョークだった。そっか、チョウセンアザミだったっけ?ゆでて食べるとうまいんだよね。

↓食虫植物の展示をしていて、ウツボカズラにも色々な形があるのねと感心。長かったり、ぼてっとしていたり。
常時、食虫植物温室で育てているそうで、温室へ行って見るとあちこちに垂れ下がるウツボカズラがいっぱい!かわいい!
屋外にも植えられていて、外で育てているのは珍しいそうだ。
左側のは、サラセニア。捕虫の仕方はウツボカズラと同じで、筒状の部分に落とし込んでゲットする。

なんと売店では鉢植えで売られていた。手をかけてあげれば、よく育つのかな。
c0041132_21184462.jpg
c0041132_2119153.jpgお楽しみのドームへ入ると、天井が高くて気持ちがいい。背の高い植物を見上げたり、下を覗き込んでみたりと、道がうまく入り組んでいて、上下の移動もあるので広く感じる。うまい造りだなぁ。
細い道へ入ると、ジャングルへ迷い込んだみたいだ。

オオオニバスの池に、滝が流れ込んでいて涼しげ。この滝の裏を通れるのも、冒険気分でうれしい♪

いつも、写真に植物のネームプレートも撮って来るのだが、メモリが少なく、案内に載っているのは撮らずに来たら、案内を無くしてしまった(T_T) せっかくの、珍しい花の名前がわからない~
右上の、まるでCGで描いたか修正しまくったような花はトーチジンジャー。目の前で見ても、蝋で作った模型じゃ?って思うような不思議なテクスチャ。
真ん中左二枚は、フウリンブッソウゲ。言われてみれば、風鈴の形だわー

まぁ、そんな遠くもないし、また行こう。それに、つくばからは高速バス東京駅往復+JR山の手線内フリー切符があって、それだと2000円と安く行けるのだ。この日の夕食は、久しぶりに西荻窪へ行ったが、それもフリー切符なのでお得~。
電車が通ったおかげで、バスの便数は減ったけど、安くなってありがたい。

ボルネオが懐かしくなった。キナバル公園も、また行きたいな。
c0041132_21191496.jpg
7/19:少しだけ名前が分かったので、本文中に追記しました。
[PR]
by phedre | 2007-07-14 21:27 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(3)
夢の島熱帯植物園・1
c0041132_22405877.jpg江東区の、夢の島熱帯植物園へ行ってきた♪
先日upした、「まいにち植物」に紹介されていて、こんな所があったのか~と、早速散歩へ。何も夏に温室へ行くこともないのだが、幸い涼しめの日だったので、ちょうど良かった。

道中も、すでにトロピカルな雰囲気。
建物は、敷地面積はそれほど広くない印象だが、ドームが高くて日がいっぱい入りそう。
ここは、「夢の島公園」内にある清掃工場の熱を利用しているそうだ。

建物の前には、くつろげる庭もあって、売店で買ったグアバジュースを飲んで休憩。トロピカルなジュースが何種類か売られていて、南国気分満喫。
蓮の池があったけど、ちょっと早かったのか、まだ蕾だった。

中は、うまく起伏をつけてあって、見た目より広く奥行きがある。熱帯の山の中を散策しているかのような気分になれて、楽しい。
池の横にはカフェが。リゾートっぽくて気持ちよさそう!今回利用しなかったが、メニューにはナシゴレンやタイ風焼きそばなど、こちらでも南国の雰囲気を味わえそうだ。

c0041132_22453091.jpg
次回また、中の様子をupします。
c0041132_22492219.jpg
園内で会った猫たち。右の写真の猫を見つけて、歩いていったら草むらに何か塊が?左のトラ猫がひそんでいた。
右の二匹は、色こそ違うものの、表情もハチ割れ具合もそっくり。(顔が八の字にブチが出来ている猫を、「はちわれ」というらしい) ごはん、いっぱい貰っているのかなー。
[PR]
by phedre | 2007-07-10 22:57 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(3)
モンゴル展@つくばエキスポセンター
つくばエキスポセンターの、モンゴル展を見てきた。ちょっとした写真展&モンゴルでの生活用品などの展示で、面白かったのは実物のゲルに入れるところ↓
c0041132_20155989.jpg

c0041132_21351543.jpg実用第一かと思っていたけれど、意外と模様も凝っている。中には、たんす、ベッド、低いテーブルと椅子が置いてあった。椅子は背もたれの無い、アジアの町で見かける高さ30cmほどの小さいもの。
壁は斜め格子型に組まれたじゃばら?の骨で構成されていて、この数が増えるとゲルも大きくなるとか。

←屋外にもゲルが展示されている。モンゴルのロケット打ち上げ場の眺めは、意外とこんな感じなのかもしれない。
宇宙飛行士の記念切手なども展示されていた。

展示会場がこの通り、屋外にあるガラス張りのドームの中なので、展示ケースのガラスが光って中が見づらいのが惜しかったなー。なぜかケースの上に更に、ビニールシートがかかっているものまであったし。

c0041132_21385636.jpgモンゴル衣装試着コーナーにあった帽子。頭の天辺の飾りが、かわいい~
そして、ゲルと牛車!王様のゲルなどは、こうして運ぶようだ。今もそうなのだろうか?

試食したお菓子は、見た目キャットフードのような塊で、食べてみるとヤギチーズの味がした。もう一つは、すごい固いミルキーみたい。移動するにあたって、やはり保存が利くのを第一に作っているんだろうなぁー。私は一個でもう十分、だったけど、夫は意外とおいしいと言っていた。
小さい展示だったけれども、普段は知る機会のないモンゴルの文化に触れられて、貴重な体験だったなー。ゲル組み立て体験、なども行っていたそう。(昨日で終了しています)
[PR]
by phedre | 2007-06-11 21:54 | お散歩@つくば近郊 | Trackback | Comments(2)
国立科学博物館 日本館
c0041132_20573024.jpg
c0041132_21439100.jpg先日改装を終えてリニューアルオープンした、国立科学博物館 本館(日本館)をやっと見てきましたー

展示は、3階からスタートです、との立て看板を見て、素直に3階へ向かう。
スタート地点に立って、「すごい…」。ぽかーんと口開けた状態で止まってしまった。
本館に来たのは初めてで、その外見から内装も期待してはいたけれど、こんなに素敵なんてー!階段の床もよく見ると、年季の入ったタイルが敷かれていて、古くてもまだ大丈夫な部分は残したのかな?改装したばかり、というレトロ新品な感じがあまりしなかった。

展示は日本のものあれこれ、を時には触れたりしながら見られる。
古い顕微鏡なんかもあって、研究の歴史を感じられるのも面白い。
c0041132_2181842.jpg
上は海の生き物展示で、棚の下方=水深が深い、という構成。蟹さんは、ルリマダラシオマネキ。キレイだなぁー。

下は珪藻のプレパラート、など。顕微鏡じゃないと見られない標本は、こうして保管されている。昔の標本も、素敵ね。
c0041132_21114867.jpg
時計の展示も面白い。うちにも欲しい!持ち歩きたいような、印籠時計なども、時代の移り変わりが見えて楽しいね。

花展も行ってきました♪なんとなく、いつもの筑波植物園の延長みたいなところも(サボテンのコーナーとか)あって、ゆったり楽しめた。青いバラとカーネーションは、すごく綺麗で、でも慣れない色だから造花のようにも見えて、不思議な感じだったなぁ。
受粉の様子ビデオには衝撃!とうもろこしって、あのヒゲヒゲに受粉して、それが粒々に育っていくんだってー!ってことは、ヒゲの数=粒の数?おもしろーい!
[PR]
by phedre | 2007-06-07 22:06 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(4)
パロとの対話~ものづくり展@科博
c0041132_21295390.jpgものづくり展@国立科学博物館02月18日(日)まで
夫がぜひ見たい!ってことで、私もちょろちょろと付いて行きました。
入り口入るとすぐに、鉱石が置いてあって、その先はレトロな金属製品など。に見入っていると、もう夫の姿は消えているw 現代技術の方が興味津々、みたい。

スロープを下ると、「キュ、キュ~」というかわいい声が!パロちゃんがいるよー。→
つくばの産総研にもいるけれど、一般公開の時は子供達のアイドルで触れず。普段も会えるけれど、そこの子は触られまくってるので少々灰色っぽい。この展示にいる子はつやつや♪
そして、「パロを飼い始めた人達」といった内容のビデオが流れている。私が見たところは、旦那さんに先立たれ、子供達も自立して一人暮らしの女性と、定年後飼っていた犬も年老いてきたご夫婦。パロを家族のように可愛がっている姿を見て、年取ったらこういうのもいいのかなぁ、なんて。
私の父はペットを飼うのは「死んだらかわいそうだからダメだ」と反対していた人なので(でも、猫飼った時はつまみのトロとかあげて贅沢させてたw)、パロちゃんなら心配なくていいのかなぁと思った。
ロボットのペット可愛がるなんて、わかんない!?って思っている人も、実際にパロちゃんに触ってみると気持ちが変わるのでは?ほんとにかわいい!
のどをゴロゴロすると「きゅー♪」って喜んだかと思えば、次には「キュゥゥ。。。」っていやいやしたり。
動画で撮りたかったんだけど、実はカメラが壊れてAUTOの撮影のみになっちゃってた時だったので、今度産総研に行って触れたら撮ってきます♪ カメラはその後無事、修理から帰還してくれました。

他には色々な金型とか、パーツとか展示されていて、テクスチャを忠実に再現する型とか・・・、すごいんだけど、私には以前と比べてどのくらい進歩しているのか?がよくわからず、昔のモデルなんかがあったらよかったなーと思う。
でも、金属パーツなどのメタリックな輝きが素敵で、「きゃ~歯車ってかっこいい」なんて、にわか部品ファンになってきた。エッジの切れ具合とか、用途はわからなくてもかっこいいんだな。
c0041132_21454878.jpg
こちらは、お世話になっている方も多いでしょう!デジカメのズーム用鏡筒部分金型&成型品です~
c0041132_21554889.jpg
c0041132_21572542.jpg↑こんな楽器も展示されてました。演奏も、日によって行っているようです(行った日に演奏していたのに、ちょうど終わった頃に着いた。残念!)

それから新しい360°シアターも入ってきた~
愛・地球博で展示されていたもの、らしい。
出入口と、足元の一部以外はぐるっと画面で、プラネタリウムの画面が広がった感じ。足元も半分は下が見えるスケスケ状態。映像はたとえば上空を眺めても、足元を見てもいい。体が上昇、下降など自由自在にしている気分になる。人によっては酔うかもしれない。海中から空へ昇る映像などは、上を見るか下を見るかで気分が変わるだろう。常設展ついでに見られるので、お得です。

ものづくり展、もうあと10日ほどで終わってしまうー。パロに触りたい方はお急ぎを。あるいはつくばへどうぞ♪産総研に住んでますよ~

ところで、エキサイトブログに文字色&サイズ変更機能がついたので、早速使ってみました。今までは太字イタリック下線打消し線、だけだったので。昔に文字の色変えたりしているのは、タグ手打ちですw ちょっとは読みやすくなるように、使いこなしていきたいものです。
[PR]
by phedre | 2007-02-07 22:14 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(5)
ホーチミンにて~9)博物館めぐり
c0041132_1565361.jpg最終日は(やっと最終日まで来ましたな)博物館めぐり。こちらはホーチミン市博物館、1885年に建てられたもとはフランス官僚の邸宅で、後の南北分裂の時代には大統領の隠れ家にもなった。こんな立派な建物じゃ、ぜんっぜん隠れてないんじゃw
中の展示は、市民の生活寄りの物が多い。昔のお弁当箱とか。お庭に軍用機も置いてある。
二階のテラスからは、細かい飾りもよく見える。

着いたらちょうど、結婚式の撮影中。↓この車は展示物。乗っかっていいのね・・・。
新郎も写真撮ってます。この後教会の横を通ったら、偶然車で乗り付けてきた!なんつーか派手だが結婚式っぽくない車だな。どうやら結婚写真撮影ツアーみたいなのがあるようで、中で他の人が式をしている最中に、建物の横で写真を撮るカップルの姿も見られた。


c0041132_1521507.jpg
c0041132_15215911.jpg
c0041132_15363560.jpg↑伝統的な結婚式の様子、各民族毎の衣装が展示してある。頭のポンポンがすごいな~。
そして、中で撮影していたカップル。こちらも綺麗♪この後、ホテルやレストランなどで披露宴を行うようなのは、日本と一緒ね。週末はあちこちでパーティをしているのに出会う。私の泊まっていたホテルでもしていたが、パーティ会場入り口では弦楽器の生演奏がお出迎え。すご。

裏庭へまわると、敷地内にあるレストランでは結婚パーティの準備中。多分、今写真撮っている人とは別なんだろうな。この台の上が高砂になるのかなー?こんな歴史ある建物を飾り付けてくれるなんていいねぇ。
ピンクの扇型の板には、二人の名前と日付が書いてある。


次は、歴史博物館へ。

歴史博物館と公園
[PR]
by phedre | 2007-02-04 17:18 | ベトナム | Trackback | Comments(2)