ブログトップ
タグ:博物館・美術館 ( 82 ) タグの人気記事
国立科学博物館1-ランチャーと炭素、それに望遠鏡
科学博物館友の会の、年間パスポートを手に、夫と二人やってきました上野科博。
パスポートあると気楽でいいなぁ。じゃ~軽くぶらぶらするか!って、常設展全6フロアのうち2フロア見て屋上で缶コーヒー飲んで、この日は満足して退却。
ナスカ展最後の土曜日で、すっごい並んでた。待ち時間40分、出るとき4時ごろだったにもかかわらず、似たような状況ですごい混みよう。

常設展は、子供向け展示のところはやはり混んでいて、2Fたんけん広場はすごい賑やか。大人も触って遊べる内容だったけど、子供たちがいない間隙を縫ってそそくさと遊んでみるぐらい(^^;

さて、まずは新館裏手にある、ラムダロケット用のランチャーへ。
これ、実物もこんな風に傾いていたらしい。
ラムダ・ロケット用ランチャー
ロケットなんだから、天空に向けて垂直にぼかーんと!じゃないのか~って思うんだけど、万一失敗してもいいように海のほう向けて傾けてあるそうだ。
今も、鹿児島の内之浦から打ち上げるときは斜めらしい。(種子島からだけ打ち上げてるんかと思ってた)

では中へ~
まずはB3F、宇宙・物質・法則-自然の仕組みを探る-

炭素(C)同素体の姿
一番目立つ美しいモデル、炭素の色々な姿(同素体)。
手前はカーボンナノチューブ、真ん中辺のボールは普通の墨、ちょっと切れてるけど端の山型のがダイヤモンドかな。同素体で一番有名なのって言ったら炭素だけど、おなじ炭素原子でも、組み合わせ方によってまったく違う素材になるのは驚きですな。他には酸素とオゾンとか。一時期、「オゾンを胸いっぱい吸い込んで~」みたいなキャッチコピーがあったけど、オゾンって人体には有害なんじゃ・・・酸素と一つ組み替えるだけで、だいぶ変わるもんなんだよね。
「ダイヤを燃やすと炭になる」この恐ろしい実験、いつか見てみたいな。

(以上、大きい写真は画像クリックでフォト蔵アルバムにupしたものが見られます)

ここは楽しいですな~
レトロな秤や、電磁石の実験のような楽しめる展示と、研究所見学で見せてもらったような最先端の技術も垣間見られる。
ここでまんべんなく楽しんで、しっかり知りたくなったらつくばの研究所へ、ってのもいいかもしれない。NIMSで見せてもらった、走査プローブ顕微鏡のヘッド部があって感動(すごいピンポイントな・・・)
c0041132_201328.jpg

そして素敵な、すばる望遠鏡とガリレオ・ニュートンの望遠鏡~~
ガリレオは上の長い方(装飾が綺麗・・・色合いは違うが北京の古観象台を思い出した。ゴージャスに飾るのがデフォルトなのか)、ニュートンが下の小さめのほう。こんな小さくてよく見えたものだ。
小学生の頃、天体望遠鏡をねだって買ってもらった私には、すごく魅力的な美しい望遠鏡。
もっと、使いこなせていたらよかったな~・・・

すばる望遠鏡は、横にある白い箱の前の黒いのが実際の人間の大きさ。想像していたより小さいが、実際に現地で見たら違うんだろうな。

続く。

国立科学博物館
[PR]
by phedre | 2006-06-22 20:18 | お散歩@東京方面 | Trackback(1) | Comments(2)
ちょこっと植物園
曇り空続きだと思ったら、雨っぽくなってきたなぁ~。
関東の梅雨は長くて、初めての年はこのまま終わらないんじゃないかと思ったものだった。東北の梅雨は短いのよー

クレマチス
先日終了した、筑波実験植物園でのクレマチス展の様子。
前に行ったときより、たくさん咲いていて、また新しい種類のも見られた~

ハマヒルガオ
そして、地面を覆うようなハマヒルガオ
ほんとに海辺に来ているかのようだ。

梅雨は梅雨で、アジサイがつやつやしていていいんだけど、自転車で出かけられないのが辛い。

アジサイは英語でハイドレンジャー(hydrangea)。「この前ハイドレンジャーを見に行ったんだよ」と言われ、「ふーん、新しい戦隊モノのショーでも見たのか」と思ったことがある人は、きっと他にもいるだろう・・・。

さておき、科学博物館の年間パスポートを申し込んだ。ここの植物園でも有効なので、これは便利♪ それに、一人だと4000円だけど、家族会員は一人に付き+1000円。なので、二人で5000円。これはお得。ナスカ展もこれで入れたし、いいねぇ~
あっと、熱帯雨林展もよかったよー トロピカルフルーツの花~受粉~実がなるまでのビデオに釘付け。温室とはまた違った楽しみがあった。(上野の科学博物館で、7/2まで)
[PR]
by phedre | 2006-06-09 20:55 | お散歩@つくば近郊 | Trackback | Comments(8)
ナスカ展
c0041132_14221919.jpgナスカ展へ。

展示物の詳細は、ぼうしゃさんの記事がとっても詳しいので、ぜひそちらをご覧下さい。
ずっと行きたいと思っていたのだが、友達のパリマッチさんが先週行ったという記事(HGの写真もあり)を読んで天気もいいし出かけてきた。
パリマッチさんから、「すっごい混むよ、朝一番で行きなよ」と言われていたのだが、平日だからとたかをくくって12時ごろ行ったら、並ぶほどではないが、展示室内は十分混んでる。助言に従っておくんだったわ。
混むポイントはやはり、ミイラや骸骨の前(みんな怖いもの好きね・・・)と地上絵シアター。
ミイラができる仕組みは興味あるけど、現物はやはりきついな~その先は頭蓋骨並んでるし・・・パリのカタコンベを思い出して一瞬くらくらした。(こういうの苦手なのに、何でカタコンベに行ったんだろうな~)
特にミイラを包みから出していく映像。きつい。うへー。
なかなか見られるものじゃないし、どういう風に調査研究がされているかは非常に興味深いところなので、と自分に言い聞かせてがんばって見た。

さて気を取り直してを見よう。
どれも色鮮やかなまま残っていて、特にベルトなどの装飾が面白い。
縁飾りの編み物も、色の組み合わせが凝っている。再現して作ったんじゃないの、と疑うほどの鮮やかさ。
点数は少なかったけど、どれも美しく華やか。
土器の絵はキッチュな感じだけど、布の絵柄は線がくっきりしていないせいか、印象が違う。

土器のほうは、カリカチュアっぽくも見え、デフォルメされた愛嬌たっぷりの人間が描かれているのが多い。
古代ギリシャ、エジプトなどの人間の絵は、細身で顔は横向きだけど、こちらのはむっちりドラえもん体型、正面向きでくちびるも分厚い。
何より表情が面白い。図録見て、つい笑ってしまう。動物も擬人化されているものが多く、人面猫とか人面海老とか・・・神話的存在の猫、だったりするようだが。
色数が多いのも特徴。

最後は、リアルな映像でナスカ上空のフライトを堪能。行って見たいけど、絶対小型機でぐるぐる回ったら酔う。
c0041132_14322266.jpgおみやげはストラップ。
赤いほうは、埋葬に使われた布地の模様で、ちょっと神話的な人間の姿。死後に変身していくさまのようだ。

銀色のほうは、「ピーナツの入った容器を持つサル」。オリジナルは土器で、目や手足は線で書かれている。

さて、土器のキッチュ感にとても感動したので・・・
図録を見て面白かった模様を模写って遊んだ。こういう模様が描かれた、壺や皿って、使ってて楽しそうだな。
私が描いたことで、いまいち情けない雰囲気になっているが・・・ナスカ土器のイメージ、こんな感じです。言葉で説明するより早いかなと(^^;
c0041132_15124722.gif
神話的存在の人間が、首から下げている首級をつかみ、味見しているように見える絵。
喜んでる生き物は海老。あとカエル。海老まで人間顔かよー
全体的に、目は「目が点」か三白眼な感じだな。
海老がすごい気に入ったので、プリントして何かに使おうかな~。

★ナスカ展は6/18(日)まで、国立科学博物館にて。
[PR]
by phedre | 2006-06-05 15:36 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(8)
国立博物館 常設展あれこれ
国立博物館の常設展を見てきた。
なんといっても広いので、今回目指すは黒門+本館の建物と展示、後は気力体力と相談で。
小雨そぼ降る、ゴールデンウィークも終わりに近づいた日。つつじが雨に濡れて、黒門によく映える。

黒門(国立博物館)

その先にある、法隆寺宝物館へ初めて入った。モダンでいい雰囲気。
ここはなかなか楽しめる♪光背・押出仏(浮き彫りした型に、銅板乗せてトントンと叩き打ち出したもの)の展示が珍しく、見入る。
そしてこの宝物館に入っているレストラン。どうやらベルギービールが飲めるらしい。
この日は我慢したが、次回は博物館+ベルギービールでまったりの極上休日コースが楽しめるか?
ちなみに、写真美術館も、のんびりベルギービールが飲める非常にいい場所だ。

ところで、館内は撮影可のようだ。
もちろん、フラッシュや三脚はダメだけど、他の人の邪魔にならないようにしながら撮る分にはいいらしい。(撮っちゃいけない展示物&部屋にはその旨掲示してある)
ということで、特に気に入ったものを少し撮ってきた♪
でも、暗いから難しい。周りも暗いが仏像だと本体も暗いし。それにやはり、博物館で写真撮るのは悪いことしているようでやりにくい。ま、雰囲気だけお持ち帰りってことで。

さて本館へ。
建物はやはり素敵。特に照明や時計など、凝っていていいな。展示はとんでもなく充実しているので、この他特別展なんか見たら、一日かかっちゃうよ~

文殊菩薩騎獅像および従者立像
文殊菩薩騎獅像および従者立像

この像の、すごい存在感に圧倒される。一周してまた、見に戻ってしまった。

ガンダーラ菩薩最後、少し時間も余ったし、東洋館へ行き、ガンダーラ仏などを眺める。
あ~、この濃いご尊顔、癒されるわ。特にこの、腹の出たおやじ風味なのが特にいいね。(おやじ趣味ではないんだけど)
あとはやはりクメールものが綺麗。ちょうど、「東南アジアのブロンズ彫刻」として、カンボジア辺りの小品展示をしており、手のひらに載る程度の像が色々・・・かわいらしくも美麗な小像たち。ちょうどいい時に行ったなー

★「東南アジアのブロンズ彫刻」東洋館で、7/2まで
小さな企画展だけど、十分満足♪こういうミニ展示があるのはいいね。


レリーフ:バイヨン@カンボジアのアンコールトムバイヨン@カンボジアのアンコールトムの、浮彫断片。
懐かしい、アンコールワット周辺の遺跡群。観光地化が進むのと、保存が進むのとどっちが先なのか。今は前者のようだが・・・少しでも破損が食い止められるといいが。

そして、↓この可愛い顔。
ヨトカン(ってどこじゃ?)で、1~4世紀に作られたものだそうで、どれも個性的ー。ピンバッジにして、かばんに付けたいな。
後で調べたら、今の新彊ウイグル自治区、の辺りらしい。
小像@ヨトカン、1〜4世紀ごろ

そういえば、10月から入館料が変わるらしい。その前に年間パスポート買っておこうかな。ほんと、はまりやすい性格だなー。
[PR]
by phedre | 2006-05-23 20:49 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(8)
国立博物館・庭園開放
上野の国立博物館で、庭園の開放をしていたので、早速散策へ行ってきた。
東洋館の常設展も、行きたいと思っていたのでちょうどいい。
国立博物館

国立博物館の庭園つくばの桜はまだつぼみだけど、都内について高速を下りたらちらほらと咲いている。この庭園には、10種類もの桜があるというので、ちょっとは咲いているかな?と軽く期待して向かったら、思ったより咲いている。
今度の週末辺り、かなり見ごろかも。

この日は3時過ぎに着いたので、だいぶ日陰になってしまっていたけれど、お昼ごろなら写真撮影にはもってこいだと思う。

国立博物館の庭園2お茶室を覗きながら、池のほとりに出ると、ちょうど本館がよく見える。
本館は1937年に建てられた、コンクリート壁の装飾と瓦屋根が素敵な建物。「帝冠様式」というらしい。
お隣の表慶館も、ドーム型の美しい洋風建築(今は工事中)。
東洋館はそれに比べるとシンプルだけれども、展示室がちょっと階段を上がって次の展示が見られる、オープンなつくりで、場所によっては下の階の彫刻を上から眺められたりする。

本館、表慶館ともに重要文化財に指定されているそう。他にも敷地内には密かな見所があるようで、次回は念入りに探索しなくては。

桜も咲いてたよ

本館は鬼瓦もチェック!全部で33基あり、みんな違う顔をしているらしい。
c0041132_15582896.jpg
東洋館の展示は、朝鮮半島・中国から、エジプトまで広い範囲のものを扱っていて、仏像・仏具、器類が多い。
1階のガンダーラ彫刻コーナーも素敵だったが、中国コーナーでは故宮で見たような瑠璃瓦に出会い、嬉しかった。
少し疲れていたので、駆け足で回ってしまったけれど、今度は休憩込みで余裕を持って来よう。

ちなみに庭園開放、今回は4月16日(日)まで。また行っちゃおうかな・・・
[PR]
by phedre | 2006-03-26 16:16 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(9)
北京でお正月(8)古観象台
北京出発前の最後の観光は、古観象台
ここは現存する世界最古の天文台で、明、清代に製造された機器が展示されている。

階段を上り、明の正統7年(1442年)に建てられたという、台の上へ・・・
c0041132_1445415.jpg

古観象台近代的なビル群を背景に、重厚で豪奢な装飾の機器が並ぶ。
機器の足元の、押さえの石だろうか、白い石にも細かい装飾が施されている。
一番奥は、我々にも馴染み深い天体儀。後は天体の角度を測る機器らしい。

中庭から台を見上げたところ。
外の道路からも見えるが、これは本当に感動してしまう場所だった。
中庭にもまだまだ展示があり、月食の起きる様の図が彫られた石版や、色々な日時計もあり、どれもこれも見事!

古観象台、たぶん経緯儀。足元に写っている、経緯儀?、龍がしっかり支えていて、ゴージャスでたくましい造り。
四方に岩山に見立てたような形の、同色の柱が立っていて(手前に写っている)、これは何のためのものなんだろう?(→大きい写真)

寒かったこの日に、ここを訪れていた人は他に無く、ゆっくりと清代の天文台へ時間が戻って行ったような気分になれた。
c0041132_151207.jpg
台を下りた先も、レトロな眺め。四合院造りの建物がそのままに残る。
四合院は、昔ながらの住宅の建て方で、中庭建築の一種。中庭を囲むように4つの棟が配置されており、それぞれの部屋は中庭の方を向いている。門と反対側に母屋が置かれる。
展示室のある側へ抜けようとすると、ぽつーんと置かれた給水用のカプセル・・・
かと思うけど、どっかで見た形状だと思えば、宇宙からの帰還用カプセルではないか~(これはレプリカで、本物は中国科学技術館にあるそうだ)解説もなく、ただ置かれている、このさりげなさが素敵だ。
古観象台の中庭@北京

c0041132_1537492.jpg中庭には展示室があり、中国における天文学の歴史資料が豊富に展示されており、図版を見ているだけでも相当楽しめる。
↑周りの柵も、ちゃんと龍模様。
→狛犬ゴミ箱。黄色と2色あって、ちゃんと建物の入り口左右に配置されていた。狛ゴミ箱か。

ちょうどANAの機内誌、「翼の王国」で紹介されていたので、詳しい説明はこちらをどうぞ。

アクセス:地下鉄建国門駅を出てすぐ裏。道から見える。月・火が休みみたい。昼休みがあるようなので注意!多分11時半~13時半は閉まっている。
c0041132_15473813.jpgチケットもレトロでよかった。
原色ばりばりの北京観光の後で行くと、モノトーンで新鮮。北京観光ではかなりお勧めな場所だ。

さて毎回長い旅行記ですが、北京編はこれにて終了です。いつも長い文章にお付き合い頂いて、ありがとうございます~。まだお土産をupしてないですが、それはまたぼちぼちと。
オリンピックが終わったら、だいぶ違う雰囲気になっているのかなぁ。
その頃、また行ってみたいなー。
[PR]
by phedre | 2006-01-23 16:19 | 中国1(北京、アモイ、杭州) | Trackback | Comments(3)
北京でお正月(1)故宮
c0041132_18235917.jpg
富士山を眺めながら北京へ向かう。
この時期はオフ・シーズンで、ホテルによってはかなり割安で泊まれてお得。観光地もすいているかなと思ったら、
c0041132_18243340.jpg
故宮、けっこう混んでいる~
気候のいい秋に来たら、どれぐらい混むのだろう。

一直線にざっと見学するだけでも、2時間はかかるという故宮。(故宮の地図
天安門から数えて、3つ目の門を越えるとやっと、この太和殿に着く。ほんと広い・・・

c0041132_18254457.jpg皇帝専用の道(上の写真真ん中の、ちょっと白いところ。色んな場所にある)。左右の階段を籠を担ぐ人が歩き、真ん中(写真だと左上)を皇帝の籠が通る。皇帝の象徴、龍の模様が繊細に描かれていて、階段にまで、彫刻が綺麗に彫られている。

朝方雪がちらつき、少しだけ雪が積もった。

まだまだ続きます。
[PR]
by phedre | 2006-01-07 23:36 | 中国1(北京、アモイ、杭州) | Trackback | Comments(8)
池袋の、猫と「ういろ」
c0041132_13534034.jpg休日、筑波山に行こうとしたら、シャトルバスに長蛇の列が出来ていたので諦め・・・
池袋散策へ変更。

久しぶりに、オリエント博物館に行った。
池袋東武にうまい「ういろう」があると、友人より情報を得たところだったので、博物館が目当てかういろうが目当てか・・・
ともあれ、久しぶりのオリエント博物館は、いつもながらの素敵な展示にのんびりした空気が心地よく、すっかりくつろいできた。お気に入りの場所だ。

東武に向かう前に、ちょっと遠回りをして、猫ポイントへ。
水天宮と書かれたお宮の前に、守り猫のように座っている子を発見。
横を見たら、写真を撮っている人が。猫か街ブロガーさんかな?
珍しい、黒白じゃなくて濃灰白猫。

c0041132_135472.jpgガード下の辺りで、ごはんを貰っているらしく、猫ハウスまで揃っていた。ちょうどごはん配っているおじさんもいたし。
この猫達には、バイクがどうやら、くつろぎの場所みたい。
黒白猫は、すっかりシートに溶け込んでいる。バイクを出す人も、猫に遠慮しつつ出してるようだった。
この猫達、みんななかなかの美形なうえに、つやつやしている。
c0041132_13543161.jpg
では、久しぶりに東武へ~~♪♪
先日東京方面へ出張で来て、帰りに東京駅の大丸で大興奮wしてきたばかりなのだが・・・
やっぱり、デパ地下は心が躍る♪

c0041132_13552470.jpgさてこれが、今回目指した虎屋ういろ。お店に行ってびっくり・・・大きくて安いー!
このお皿、普通にサンマが乗るような大きさなのだが、これで400円!(ベーシックなものは300円)
新鮮さが売りで、「真空パックのういろうとは、お味が違います」ってことで、賞味期限も短い。でもその分、このぷるぷる感は今まで食べたことのないおいしさ!
私、とにかくういろうが好きで、好きな和菓子の一番は抹茶ういろう、二番は桜ういろう、って具合なので、この「紅葉ういろ」は、抹茶ベースに桜、ゆず、白ういろが散らされていて大満足~。季節商品の中には、チョコ味のバレンタインういろや、ブルーベリー、コーヒーなど斬新なお味のもあり・・・バレンタインは、ういろにしちゃおうかな~
なんとセントレアでは限定、「飛行機ういろ」が買えるらしい。

c0041132_13554379.jpgしかし久しぶりのデパ地下は、興奮するあまりかケースに並ぶ綺麗なケーキなどは、みな煌いて見えて、もう→こんな感じに見えたよw イルミネーションされているかのように。
つくば西武も好きなんだけどね。最近はケーキ売り場はあんまり見ないで、ザ・ガーデンの野菜コーナーに行っちゃうわ。
なかなか、いい野菜&珍しい野菜も揃っているし。
虎屋ういろも入らないかしらw
[PR]
by phedre | 2005-11-24 14:05 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(9)
古代エジプト展@東京都美術館&大丸ミュージアム
c0041132_1594454.jpg古代エジプト展@東京都美術館と、@東京駅大丸ミュージアムに行きました。

都美術館には先週の日曜日に行ったが、人の多さにあまり作品が記憶に残っていない・・・
大きな石棺の蓋は見事だった。って位かなw
空いてる時にゆっくり見たら、もっと色々印象に残るんだろうけど。
ここって、いつ行っても混んでるよなぁ。

↑散歩中に見つけた、お寺の郵便受け。小さい屋根がかわいらしい。

c0041132_154149.jpg大丸ミュージアムの方は、ショーケースが小さめで、展示物を左右からもじっくり見られるし、その分混雑も緩和されるのか、最終日の日曜でも十分鑑賞できて満足~。
レリーフなど素敵な展示物が多くて、よかった~~。

お土産にホルス神をげっと。
猫好きとしては、バステト神が欲しいところだが、大きいのしかなかった・・・
c0041132_15364937.jpgホルスは王権の象徴で、「ウジャトの目(護符などに使われている目のモチーフ、←こんなの)」は、このホルスの目。

エジプトも行きたいなぁ。
「ナイルに死す」読みながら、クルーズ船で旅がしたい~。
[PR]
by phedre | 2005-08-29 15:59 | お散歩@東京方面 | Trackback | Comments(2)
金沢(4)・コスモアイル羽咋&和倉温泉
和倉温泉へ行く途中、羽咋(はくい)に立ち寄る。だんなっちが「コスモアイル羽咋」に行くので、私は気多大社へ・・・と思ったら、バスが1時間半後までない!(T_T) タクシーに乗ってまで行くほどでもないし、少々しょんぼり(´・ω・`)しつつ、コスモアイルへ行ってみた。

c0041132_2355997.jpg駅から歩くと、よく目立つドーム状の建物に、後方にはロケットらしきものも見えるので、迷わない。手前に鮮やかな色の屋根が見えるので、あれも建物の一部かな?と近づいてみたら、コスモス保育園だった(コスモアイルにかけてるのか?)。

c0041132_2361928.jpgここには、「人類初の宇宙開発から他の惑星探査活動の歴史までで活躍した実物や博物館グレードの宇宙機材が展示されています。(サイトから引用)」ということで、↑こんなのが置いてあったり、←こんなのがぶらさがっていたりする。こぢんまりとしているが、なかなか充実した展示。

c0041132_23113995.jpg羽咋はUFOの町だそうで、資料コーナーには充実したUFO資料(アポロの資料と同じくらいある)、そしてお土産コーナーにはUFOグッズも。宇宙人の顔のイヤリングまで売っているw

しかも、駅前にはUFOが!夜見たら、も少し雰囲気出てるかな?

羽咋から電車で和倉温泉へ。羽咋駅の駅員さん、到着アナウンスしながら改札、忙しそう・・・
和倉温泉駅へ着き、駅の外へ出ると、目の前にずらっ!と並んだ旅館のお出迎えバスと、旗持ったおじ様たち。びっくりw

c0041132_231546.jpg
和倉温泉は、立派な温泉宿が軒を連ねる、賑わってる海辺の温泉街。温泉気分が盛り上がってくる。いたるところにお湯が沸いていて、温泉卵ポイントがある。ちょっと裏のほうには、渋い神社もあるし、湯上りの散歩ものんびり楽しめる。猫もまったりくつろぎ中。
c0041132_23215170.jpg
お宿はレトロな渡月庵。ふすまの絵柄や、色分けされた障子もいい~。お宿の皆さんも気さくだし、温泉ですっかりまったり。お食事も勿論、うま~だし、お腹パンパンで満足。
c0041132_23151443.jpg
夏の間は、毎晩お祭りがあるらしく、伝統芸能のステージに、子供スイカ割り大会など・・・賑やかで面白い。
翌朝、朝食でいただいた、「さもんの塩辛」が感動的においしかった~。塩辛を、こうじ&ゆず味にしたもので、しょっぱくなく柔らかい味。帰ってきて探したら、こうじで漬けた塩辛を見つけたので、ゆずを入れてみたところ、かなり近いものができた。しばらくはまりそうだ。
[PR]
by phedre | 2005-07-30 23:33 | 金沢・白川郷・氷見・高岡 | Trackback(1) | Comments(2)