ブログトップ
タグ:飛行機 ( 23 ) タグの人気記事
ホイアン・ハノイ再訪
10年前に新婚旅行で訪れた、ベトナムのホイアンとハノイを再訪+ダナン観光してきました。
今回はゆったり目の行程にして、前回行けなかったダナンのマーブルマウンテンとチャム博物館にも行くことにし、ホイアン4泊(ホテルは2泊ずつ)ハノイ3泊の長めの旅です。
10年の時の流れを強く感じる旅でした。

最初にまずハノイの新空港ターミナル(きれい!人少ない!)→旧ターミナル(懐かしい!古い!クーラー弱い!)で乗り継いで、夕方にダナン空港へ着き、ホテルのピックアップの車でホイアンへ…ダナンからの道がきれいになっている!
やはり10年も経つと町も変わるなあ…と思いながらホイアンに着くと、更に町がキレイになっていて驚きの連続でした。

c0041132_15021403.jpg
上2枚はホイアン、左下はミーソン遺跡群、右下はハノイの歴史博物館。ハノイの新ターミナル。他に到着している便は無く、全然人がいない…。入国もすぐできたので、乗り継ぎの時間がかなり余っちゃった。
c0041132_14191859.jpg
国内線乗り継ぎで、旧ターミナルへ移動。ゲートにあった免税店は軒並み閉店していて、ガラ~ンとしている…。
c0041132_14191822.jpg
ここにはお店は無いけれど、途中の待合ロビーにはちゃんと売店も食堂もあります(^^;
[PR]
by phedre | 2015-06-19 15:40 | ベトナム | Trackback | Comments(0)
静岡へプチ旅
9月の休日に、静岡へ1泊2日のプチ旅してきました!
まだまだ暑いのに、更に暑い街へ・・・。それからほんの2ヶ月しか経ってないのに、もう冬!?ってぐらいに冷え込んできて、日本の秋は短いなあ・・・

連休で混んでいたので、行きは「ぷらっとこだま」のグリーン車を利用。お得で快適で、気分も盛り上がっていいねー
静岡市に行くのは2回目。前回はガンダーラ仏の展示を見に行ったんだけど、今回は特に目的もなく、ぶらぶらと静岡県立美術館に。
c0041132_1621101.jpg
ロダン館で、やぐらを組んでもっと近くで「地獄の門」を見るという面白い試みをしていて、早速登ってみた♪
c0041132_16211759.jpg
近い!それに上から眺めおろすこともないので、こういう風になってたのか~と、見慣れた作品なのに新鮮!
外にいるような明るい空間で、のんびりお散歩気分で鑑賞できるのは嬉しいです♪
(今は改修工事中で閉まっているようです)
c0041132_16211394.jpg
ちょっと高台にあるので、外に出たときの開放感も好き~
c0041132_17154946.jpg
そのあと、駅からすぐの静岡市美術館へはしご。
「フィンランドのくらしとデザイン―ムーミンが住む森の生活」展開催中だったので、エレベーターもマリメッコ柄。ビルの上階にあるので、これなら入り口もわかりやすい。
グッズコーナーがものすごく充実していて、かなり賑わっていて楽しかった!
北欧デザインに触れる機会は多いけど、それ以外に私はあまり見る機会のなかった風景画や建築など広く展示してあって、北欧の美術館や博物館も面白そう♪って思って帰って来ました~

夜は静岡の海の幸食べに、ぶらぶらして見つけた居酒屋に~♪
c0041132_1716110.jpg
お刺身の盛り合わせ、生しらすと桜えびが美味しい!そもそも、つくばでお刺身頼んでも出てこない組み合わせなので、気持ちも味も新鮮で幸せ(^-^)
「もへゑ」というお店でした。静岡市は居酒屋さんいっぱいで楽しいな~。

翌日は浜松へ!
c0041132_17154085.jpg

航空自衛隊のエアーパークで飛行機を鑑賞。無料レンタルのつなぎを着たちびっこ達がいっぱいいて、カワイイ♪(大人も借りられます。着ている人は、この時は見なかった)


c0041132_1715266.jpg

それから、駅の近くにある染色工房の店舗、「アトリエ ぬいや」で買い物~
芹沢銈介さんに師事した、 山内武志さんのお店です。
所狭しと置かれた素敵な染物の数々・・・。それでもなぜかお宅にお邪魔しているような、ゆったりした空間です。
この日、通り雨が来そうな日だったので、山内さんご本人がお店にいらして、色々素材のこととか芹沢さんとのエピソードとか、お話を聞くことができました!すごいラッキーでした・・・。
染め製品の他にも、外国の雑貨などもあって楽しい♪ また買い物しに行く!
テーブルランナーと、手ぬぐいを買いましたー♪ 座布団カバーも買えばよかったな~・・・。次回また行くときのお楽しみ。
[PR]
by phedre | 2012-11-17 17:22 | 関東の小さな旅 | Trackback | Comments(2)
ラオス最後の朝
充実したラオスの旅も、もう最終日・・・。お昼前の便で、バンコクへ向かいます。
朝は再び托鉢を見に出かけ、帰りにワット・シェントーン近くのカフェで朝食。ラオスの朝は本当に早い!
c0041132_20211079.jpg
奥に写ってる白い建物のAncient Bon Cafe & Bakery。ここはメインストリートの外れの方で、ここまで来ると急激に値段が下がって写真のヌードルが8,000Kip(約80円)とか・・・。
c0041132_20213151.jpg
奥にあるヌードルはラオス名物カオソーイ。やっと食べられた!しかも美味しい!カオソーイじゃない方も、ものすごくダシが効いていて、朝から幸せ~。あと多いとは思ったけど、ラオス風にフランスパンに目玉焼きを崩して付けて食べるのもやってみた。こちらはまあ、想像通りかな。
c0041132_20212925.jpg
ぎりぎりまで、早朝のルアンパバーンを散策。
お米を平らにしたものを干していた。市場でも見かけた。お寺では、托鉢で余った分はこうして干しているとか。普通の家庭でも保存食にしているのかも?
c0041132_2021634.jpg
最後にもう一度、ワット・シェントーンへ寄って。
c0041132_20212710.jpg
川べりをぐるっと歩いてホテルへ向かっていると、お坊さんが畑を耕しているのを見かけたり。さて帰ろうか。

ホテルの窓からいつも見ていた、お隣のワンコ(左上)に最後のご挨拶。おとなしくってカワイイ♪
c0041132_20212483.jpg
最後に、ルアンパバーンで泊まったホテルはここ Villa Deux Rivieres
ラオスらしい小さな建物の綺麗なホテルです。日本語ができるスタッフもいて、最初挨拶された時、発音が綺麗で日本人かと思った・・・
ナムカーン川沿いの、静かな場所で、メインストリートにもすぐ。自転車も借りられて便利(隣のゲストハウス?から借りる)。部屋もキレイだしいい感じー♪次回もここに泊まりたい(^-^)
c0041132_2021392.jpg
朝食はパン色々と、玉子とヌードルも注文できる。ヌードルがまた美味しい!玄関前のテーブルで夜はのんびりワインを飲んだり朝もまったりしたりと満喫。
c0041132_20213473.jpg
場所は、赤い矢印のところ。青い矢印がワット・シェントーン。改めて見たら右の方に橋がかかってる、行ってみればよかったなー。
c0041132_2021199.jpg
そして空港へ。3泊のラオス滞在、本当に楽しかった。もっと長く居たかったな。
c0041132_20211876.jpg
この日は大晦日。ラオスで新年を迎えたかったけど、そうするとラオス~バンコク便の航空券がいきなり高くなる。ラオスの人も、年末年始は帰省するものらしい。よってカウントダウンはバンコクで~。ラオス、またゆっくりしに来るよー!
[PR]
by phedre | 2012-09-13 21:10 | ラオス&タイ | Trackback | Comments(2)
ルアンパバーンへ!
お昼過ぎのバンコクエアウェイズで、ルアンパバーンへ!

早めに空港へ行ったら、出発が1時間ほど遅れていて・・・、その間は、クーポン食堂で軽いお昼を食べたり、免税店でジム・トンプソンやタイブランドの石鹸類などを念入りに下見(帰国の時に買おうと思って)。
バンコクエアウェイズは全てのクラスでラウンジが使えるので、後はラウンジでまったり。バナナの皮でつつまれたもち米のおやつが美味しい♪乗ったら、機内食も出る。サラダと魚のソテーにポテトだったかな。米やパンはつかないのかな?という不思議な食事・・・
ラオスが近くなると、どんどん山間に入っていく。
c0041132_20225336.jpg
空港は、やっぱりちっちゃくてカワイイ!
c0041132_2026775.jpg
ちょうどルアンパバーンの中心部手前辺りかな。
奥を流れるのがメコン川、右手側がナムカーン川。
c0041132_20332454.jpg
真ん中にプーシーの丘!
c0041132_20283221.jpg
こちらは帰りに撮った写真、上の写真の右にくっつく感じで、奥のメコンと手前のナムカーンに挟まれた中洲がメインストリートのあるエリア。
今回も機内からはフィルムで撮影。大事な旅の友。

ちなみに空港から写真のエリアまでは、車で15分ほど。近い!!なかなか、上空から鮮明に自分が滞在する街の様子が確認できることはないので、後から写真を見直して喜びもひとしお。
[PR]
by phedre | 2012-01-31 20:56 | ラオス&タイ | Trackback | Comments(0)
帰国:ビルバオ~ミュンヘン
c0041132_1921274.jpg
ビルバオ国際空港。ここからルフトハンザでミュンヘンへ向かい、すぐ乗り継いで日本へ向かうです♪
モダンアートで町おこしをしているだけあって、空港も小さいながら、チェックインカウンター周りは広々と明るい空間。
c0041132_19204238.jpg
「ビルバオ空港へようこそ」のパネルもグッゲンハイム。
右下は、預け荷物のラッピングサービス(5ユーロだったかな)。ラップでぐるぐる巻きにされて、どこへ旅立つのかな。
免税店ではワインが色々あって、う!高いけどこの際・・・と思うも、重いからと思いとどまる(後から思うと、とどまって良かった)
c0041132_1927168.jpg
機内から飛行機雲~
c0041132_19271648.jpg
ドイツの大地♪
c0041132_19271617.jpg
ミュンヘンに着いたけど、なんとまさかのフライトキャンセル!
今日は帰れません・・・。ああ、ワイン買わなくって良かった(^^;
タクシーチケットを手に、ホテルへ。この辺、全部ルフトハンザ持ち(夕食朝食付き)なので、懐は全然痛んでないんだけど、空港周辺のホテルなのでちょっと出かけることも出来ないのが惜しい(もう20時だし)。
Dolceっていう、部屋は新しくキレイなホテル。更に喉が痛い。c0041132_19273776.jpg翌朝は、変更の手配をしてもらわないといけないので、まっすぐ空港へ。結構並んだので、腰が痛い~。
混んでいる時期だけに、後二日後の便でもいいかしら?って言われたら、まぁーそれでもOKって思ってたのに、すんなり数時間後のフランクフルト行きに乗ってANAで帰国してね、とチケットが出てきて拍子抜け。
日本に帰ります~

荷物を預けてまずは薬局へ・・・。扁桃腺が腫れてきて熱っぽくやばかったので、ドイツ語で「扁桃腺が腫れて少し痛い」って書いたメモを見せて(エキサイト翻訳ありがとう)、「ちょっと熱があるんです」と薬ゲット。恐ろしいほど早く熱が引いて、怖いぐらいによく効いた。

お昼はダルマイヤーでヴァイスブルストー♪♪熱があるので残念ながらトマトジュースです・・・。
そしてダルマイヤーのショップでお買い物♪チョコとかコーヒーなど。ふと、店員さんに「フランクフルト空港にもショップありますか?」聞いた所、ミュンヘンにしかないとのこと。「じゃ、ここで買っていきますね♪」とわしわし買い込んだら、お会計の時に搭乗券を出す間もなく「フランクフルトへ行くんですよね♪よい旅を!」とすごいにこやかな応対で、癒される・・・。
そんで買ってきたチョコがうますぎ!ピスタチオ入りの板チョコが特に!もっと買い込んでおくんだった~!

フランクフルトまでのフライトはゆったりできて、ほどよい気分転換になったけど、着いてからがヒマ~。チェックインカウンター周りをうろうろしたら、カウンターの一角が郵便局でびっくりしたw
10年程前に来た時は、うわ~新しい空港キレイ!!って感動したのに、今回寄ったらイマイチ・・・。時が流れたなぁ。

スペイン旅行記、ここまでです。書いている間にどんどんユーロが安くなって、これならまた行ける・・・!なんて思ったり。やっぱり、ドイツ経由のヨーロッパはいいなぁ♪
[PR]
by phedre | 2010-10-20 20:09 | スペイン | Trackback | Comments(2)
セビーリャのホテル、食べ物
セビーリャの宿泊先:Hotel Europa
エウロパ、という名前が気に入って。それに、この日は昼前にセビーリャに着いて翌朝発つ事を考えて、カテドラル近くに宿泊。
周りはバルを始め、小さいお店が沢山、大通りもすぐで便利!
c0041132_21413651.jpg
そして可愛い内装のホテル♪フロントのセニョーラも可愛らしい方。アンダルシアは美女&イケメン率が高いなぁ~。
c0041132_21421294.jpg
部屋の中は地味だけど、清潔にしてあるし半身浴が可能な小さいバスタブも有り。入浴剤持って来ていたので、狭いながらリラックス。
c0041132_21421055.jpg
夕食はエル・コルテ・イングレス(デパート)で購入。左上から、やはりリオハのワイン♪ガスパチョ(これがうまい)、フォアグラのパテ(フランス産)パン(やっぱり硬い)、マッシュルームのオリーブオイル漬け、ライスサラダ(ツナ入りで美味しい)、左下は近くのお菓子屋さんで買ったフラン(うま!)
左下が、近くのお菓子屋さんのショーケース。シンプルなお菓子が並ぶ。カテドラルすぐなので、周辺は物売りの人もちらほら。
右下は空港で朝食。ナポリターナ・チョコラテ(パン・オ・ショコラ)、大きい・・・あとカフェ・コン・レチェ(カフェオレ)。普段はブラックが好きなんだけど、スペインのはかなり濃厚なエスプレッソなのでミルクを入れても十分濃くて美味しい。というより、入れないときつい。

翌朝はすぐ、空港へ。
c0041132_21414874.jpg
おみやげ屋さん。うまそう~~~!
c0041132_21414912.jpg
離陸前。(フィルムで撮っています)短い滞在だったけど、楽しかった~アンダルシア。また来たいな。
c0041132_2142086.jpg
まっすぐ北へ、Vuelingでスペインのバスク地方~ビルバオ空港へ向かいます。
[PR]
by phedre | 2010-08-13 00:17 | スペイン | Trackback | Comments(0)
バルセロナで乗継
フランクフルトから、バルセロナへ。
c0041132_158289.jpg
南フランスのカマルグかな?
ルフトハンザCitylineの機内は、TVモニターが無くって何処を飛んでいるのかわからない(^^;
c0041132_1541948.jpg
機内で出たサンドイッチは、まさにドイツのプチプチしたパンにチーズが挟まっていて、おいしい♪ついでにゼクトも飲んで(^^)ちょっとだけドイツ気分を味わっての移動。順番が前後しますが、右上はフランクフルト行きの機内からの眺め。エストニアの沿岸付近かな~。
c0041132_1544694.jpg
バルセロナへ着陸~(フィルムで撮っています)。サグラダファミリアっぽい突起が、真ん中のちょっと右寄りの辺りに見える・・・。ズームできないのが残念。

そしてバルセロナの空港ホテルで1泊して、翌朝7時のVuelingでSevillaへ。搭乗する頃に、夜が明け始めた。昨日到着時にはたくさん見かけた日本人も、この時には全然おらず、本当に地方へ移動するんだな~という気持ちになる。

Sevilla空港に着いて、バスでRENFEの駅へ行き、Cordoba行きの切符を購入。久しぶりのスペイン語でドキドキだけど、切符売り場のおじさん、単語で話してくれたので良かった。「コルドバね。今?」「5分後?」みたいな簡単な会話でも、ものすごい達成感。
ちょうど、AVEじゃなくってもうちょっと安い特急に乗れて(コルドバなら所要時間は同じ)、往復で35ユーロほど。AVEの片道程度の値段・・・わーい♪
コルドバの話は次回の記事から~。

バルセロナのホテル
[PR]
by phedre | 2010-05-31 15:41 | スペイン | Trackback | Comments(0)
看板・食べ物・帰国
ギリシャ&ドイツ旅行記、これで最後です~

やっぱりあちこちの看板が気になる!
c0041132_20561929.jpg
建物の角にも、ちょっとした飾りがあって素敵!左上はローゼンタールのお店にあったもの。
下の象は置物が並ぶショップで売られていた。エキゾチックというべきなのか…
c0041132_20562720.jpgホフロロイハウスの近くにあるレストランでランチ♪
すっごいまろやかなシュパーゲルのスープと、ヴァイスブルストで乾杯ー!
結局毎日シュパーゲル食べていたけど、スープはここのが断然うまかった。他も悪くなかったけど、具として入っているアスパラが緑だったりして、ちょっと惜しい。
隣は三越。看板もドイツ風~(でも、撤退するらしいですな)
c0041132_20564741.jpg最後に、空港で夫と待ち合わせ。AirBrauという空港で作っているビールを出すレストランがあり、そこで出発前のランチ。
私は季節のビールを注文。ちょっと濃い目でアルコールも強め、チェックイン前にすっかりゴキゲンである。
帰りはルフトハンザで。出国してからも飲みポイントは色々!ダルマイヤーもあるし、迷ったけどやはり生ビールを出している所へ。カウンターでビールを頼み、入れるのを待つ間に余ったユーロ未満の小銭をチップボックスへ入れたら、それに気づいたのか、おじさんがやたら愛想がいい。こちらも気分がいい♪

初ルフトハンザ、座席は前方のちょっと仕切られたエリアで、エコノミーなんだけどなんとなく落ち着いたいい場所だった。しかし、この路線は座席にモニターが無いのは辛い!本などは用意していたものの、現在地が知りたくてたまらないので、なんとも落ち着かない。
無事到着したはいいけど、ゲートが遠くて酔ってしまい、気持ち悪い…降りたが動けず、やっとイミグレに着いたら殆ど誰もいない。係員さんが来て、「日本人の方ですか?こちらで手続きしますので、どうぞ…。ちょっとお待ち下さい」と、システムを立ち上げている様子。「すみません、交代の時間だったもので」なるほど、便が切れる時間に一旦あれこれ引き上げるのね。

そんなこんなで、のんびりしたような最後は慌しかったような、ヨーロッパでの春休みも終わり。もう夏休みの時期だな~。

ギリシャがのんびりしていて楽しかった!ドイツも安心感があって落ち着いていて好きだけど、今回は特にギリシャが印象深かった。やはり、街歩きをしてもすぐ海があるという開放感が良かったのだろうか?
ユーロもサーチャージも高い今、なかなか気軽には再訪できなそうだけど、いつかまたギリシャに行きたいな。
[PR]
by phedre | 2008-07-31 21:27 | クレタ島・ミュンヘン | Trackback | Comments(2)
ギリシャ~ミュンヘンの移動
イラクリオンから、アテネを経由してミュンヘンへ向かう。
c0041132_20114886.jpg
c0041132_20124996.jpg左上から、オリンピック航空、XLというイギリスの格安航空会社、私たちが乗ったエーゲ海航空、赤いのはPrivat Air、その下の名前も無いのはVardar Air(Yak Serviceの所属の飛行機らしい)。そしてエーゲ海航空のエンジン。
(エーゲ海&オリンピックと、XL以外わからなかったので、友人達に教えてもらいました。感謝です♪そしてこんなレアそうなのもわかる辺り、感動。でも、私の解釈が間違っているかもしれないですが…)

→上:さよならクレタ島。 下:もうすぐアテネ♪
c0041132_2012533.jpg
c0041132_20122451.jpgアテネ~ミュンヘンの航路は、クロアチア沿岸辺りからアドリア海上空に入る。ドブロブニクから北へずっと、島が連なっていていい眺め!この周辺も訪れてみたいな。

さて、アテネからも同じエーゲ海航空なので(コードシェアでルフトハンザ扱いだったけど)、イラクリオンでスルーチェックインできないか聞いてみたら、OK。荷物はスルーだけど、アテネでもう一度チェックインしてねとのこと。これだけでも気楽だ~。
そして、ちょっと出発が遅れた…。カウンターで聞いておいてよかった、そうでなければ落ち着かなかっただろう。

座席はエンジンの真横で、ちょっと怖い。さよならクレタ島~。


c0041132_20413429.jpg軽食も出て、チョコクリームのクロワッサンだったが、甘いわ。アテネからの機内食も、ペンネアラビアータとパン、クラッカー、チーズとクリームケーキ。炭水化物と乳製品ばっかw 野菜が食べたいー。そして、国際線でワイン出して欲しかったなぁ…

←そして、アルプスを越えて、もうすぐミュンヘン。
ドイツビールとソーセージが待っている。
どんな街なのだろう。
[PR]
by phedre | 2008-06-24 20:56 | クレタ島・ミュンヘン | Trackback | Comments(0)
イラクリオン市内観光
翌日、またイラクリオンへ。今度は市内観光。
c0041132_20361485.jpg
城壁が残り、港周辺はごつい眺め。800年代にアラブ人が占領した頃の名残で、その後もビザンチン~ベネチアと支配者が変わっても修復されて使い続けられたようだ。
この日は天気が微妙で、軽く霧雨も降り、気温も低く風もあり肌寒い。(すごい空の色でしょ)
c0041132_2038838.jpg
c0041132_20381982.jpg港の先端に残るベネチア時代の要塞に向かうと、ざっぱーーん!と激しく砕け散る波しぶき。
昨日、ヘルソニソスの砂浜で少しだけ水遊びをしたが、それが嘘の様な眺めだ。

この要塞左側を回りこんで、奥へ行きたいのだが…
ざっぱーん!
チャレンジャーな旅人と野良犬もいたが、ちょっとこれは…
近くにいた他の観光客が、この人たちに「奥に行ったら、何か見られる?中に入れたりするの?」と聞いていたが、答えはNo、何も無いよと。
ひときわ大きい波に、カメラをかばって逃げたら頭から水しぶき。冷たい(T_T)
特に見るものが無いのを確認しに行ってもしょうがないし、諦めて退却。
c0041132_20394977.jpg防波堤の内側を通って帰ると、ちょうど飛行機が来た。

エーゲ海クルーズは、冬場は海も荒れるし運休になる路線も多いと何かで聞いたが、激しく納得。その昔攻め込んだ人たちも、快晴の日を狙ったのだろうか。バレバレだな~。

翌日行った人の話では、「すごく天気良くって、海もキレイだし、中も入れて楽しかった~」
この中、入れたのか!?じゃぁ波によって休館日が決まるわけだ。ちなみに2ユーロぐらいとか。
c0041132_20404268.jpg
こっちは背中ずぶ濡れだが、そんな高波とも知らぬように猫はのんびりくつろいでいる。
幸い、風邪を引かない程度に風があったので、すぐ服はかわいた。
c0041132_20423093.jpg
市内は素敵な建物も多いが、落書きもあったり崩れかけていたりで結構薄汚れた印象。
下町っぽくて面白いけど。
↑は、たしか聖マルコ大会堂。この辺りはこういった古い建物が並んでいて、ごちゃごちゃしているのにかっこよくって面白い。c0041132_20454487.jpg

市内には美しい教会があるようなので、そこを目指しながら散策することにした。

(左上)教会へ行く途中に、アーケードがあった。神社へ向かう縁日のような感覚?この奥にきっと教会が!?と思ったが、違う道だった。レストランがいい感じ~
(右上)教会近くの通り。夜はライトが点くのかな。
(左下)無駄に豪華なピザハットw レストラン式になってるんだろうね。
(右下)バスターミナル近くのホテル。エントランス。こんなに大きく「PULL」って書かなくても…ん、内側はどうなっているんだろう?

次回は教会です♪
[PR]
by phedre | 2008-06-07 21:06 | クレタ島・ミュンヘン | Trackback | Comments(0)