ブログトップ
タグ:飛行機 ( 23 ) タグの人気記事
温泉寺(城崎)~玄武洞
ようやく、天橋立の旅も最終日。
豊岡を出て、再び城崎へ。
城崎に泊まった翌朝に行こうとしたお寺があったのだが、風が強く、ロープウエイ運休で行けず。晴れていたら徒歩でもがんばれたのだが…
すごく心残りだったのだが、豊岡の宿をチェックアウトした最終日にかなり時間があったので再訪することにした。
豊岡から二駅だし、空港までのバスも城崎から出ているし、便利だな!

温泉寺-城崎温泉を開いた道智上人により開創された古刹。
大師山の中腹にあり、ロープウエイですぐ本堂の前まで行ける。
麓には立派な薬師堂があり、ここの境内では源泉が飲める。手に取るにはやや熱めで、ふんわりとした硫黄の香りに程よい塩味が見事に調和して、ぶわ!まっずーい!胃腸にいいそうなので、がんばって毎回(計3回)飲んだ。

さて本堂へ。1380年代に建てられたもので、中も拝観させてもらえる(400円)。住職さんが案内してくださる。
ご本尊は2Mもの大きな十一面観音だそう、ただし33年に一度のご開帳と年に二日の御開扉(顔の部分だけ見られる)の時以外は見られないので、今回は厨子を眺めるだけ。
でも、その周りを固める四天王はじっくり見られる。木造の四天王で、かっこいいー!
温泉寺のサイトで、写真が見られます♪
写真左が本堂。ロープウエイの駅が目の前で、面白い。右上は多宝塔。右下は、麓の別のお寺にいたわんこ。おうちの上が好きなのね。
c0041132_17293468.jpg
c0041132_1732309.jpgかえりは静かな石段を下って、のんびり下界へ。ちょこっと足湯をして、リフレッシュ♪
この日は外湯に入っていこう、と、午前中に行ったらラッキーなことに露天貸切。内湯に入っていた人も、5~6人いたかどうか。しかもこの日は菖蒲湯の日。
帰ってきたらもう、賑わい始めていて、道も混んできたし、早めに入っておいてよかった~。

→駅前の外湯の屋根。こんな所に走獣!紫禁城をモチーフにしたお風呂なのか? 北京旅行を思い出す。走獣にはまったっけ。懐かしいな。


c0041132_17342928.jpgその後は、なんとも不思議な眺めの写真に魅せられて、城崎温泉で自転車を借り、玄武洞へ。
電車からも見えていたので、道はわかりやすく、ひたすら川に沿って30分ほど走れば着く。広い川べりを走るのは気持ちいい。


c0041132_17382976.jpgこの、ところてんのような不思議な眺め、160万年前に起こった火山活動でマグマが山頂から流れ出して固まる時に、規則正しいきれいな割れ目をつくりだしたものだそう。「6000年前波に洗われて姿を現し、数知れない玄武岩が積み上げられて地下から地上へ、更に空へと続いています。」

写真で見たより、ずっと大きくて迫力あるー!今にもぽろぽろ落ちてきそう。ここは4つの洞があり、それぞれに少しずつ違った眺めを持っている。

まぁ本当に、不思議としか言い様の無い風景。隙間から草が生えてきているのを見ると、草木のパワーってすごいなーと思う。右上と左下の写真は、人が写っているので大きさ比べてみて下さい。
c0041132_1739498.jpg


玄武洞ミュージアムへ
[PR]
by phedre | 2007-06-04 18:22 | 天橋立・城崎・豊岡 | Trackback | Comments(4)
ホーチミンにて~7)統一会堂周辺
c0041132_195274.jpg市民劇場コンチネンタルホテルの横を通り抜けて、聖母マリア教会とお隣の中央郵便局へ向かう。ほんとプチパリだねぇ。

↓最初にupした、自分でもこれはベトナムなのか?っていう写真(再)。
c0041132_20493251.jpg
c0041132_19104134.jpg
↑素敵な教会♪ 聖人がベトナム人顔なのね~。c0041132_1985135.jpgこれが中央郵便局。なんとまぁ、ゴージャスな郵便局なのか。中は天井が高く、正面にはホーおじさんの肖像画。ベンチがあったので、ちょっとのんびりできる。しっかりお土産コーナーまである。
ここから年賀状を出した。遅いけど・・・。

ぼけっとしていると、各国ツアーバスが続々到着。市内観光の目玉ポイントらしいが、わかるわ~。

↓そして近くの統一会堂を見学。1975年4月30日に、解放戦線の戦車がここの柵を破り、サイゴンを無血陥落させた。ベトナム戦争の終結である。
c0041132_192889.jpg元大統領官邸であった建物で、内部は会議などがある時以外は見学が可能。
上階は豪華な会議室や大統領夫人のための宴会室など、調度品見ているだけでも面白い。
下:廊下から外(前庭)を眺める。今はのんびりした風景だけど、ここを戦車が
やってきたのね。

↓最上階へ上がると、裏側にはしっかりヘリポート。ここから「さらばだ明智君!」なんて逃げたりしたのね。
華やかな地上階から、地下へ降りると、いきなり秘密の司令室~!
(左下)この廊下の左右に、小部屋があって色々通信機器など置かれている。ちょっと息苦しい・・・、クチトンネルと比べるとまた苦しいものが。

c0041132_19375529.jpg
ホーチミンの話で1月後半まで行けそうだなぁ、と思っていたら、明日はもう2月かぁー。ちょっと、だれたか(^^; もうあと、数回でまとめて終わりです。

あ、サイドバーで案内していたSELENEのメッセージは応募期間を延長したそうですので、みんなで月にメッセージ送りましょう~
[PR]
by phedre | 2007-01-31 19:55 | ベトナム | Trackback | Comments(2)
ボルネオでの日々~13.猫&帰国まで
c0041132_23135843.jpg温めすぎて忘れるところだった。ボルネオの猫ちゃん♪&わんこです。
この猫はポーリン温泉に居た子で、いきなり↓の様にくつろぎまくり。やっぱ温泉だしね。それとも暑くてだれてるのか。
島に行ったときも、サピ島のレストラン周辺にはいっぱいいて、ごはんには苦労していないようだった。でもやせていたが。市内の市場でも、食堂は2階なのに何匹もごろごろしていて、平和そう。

わんこは、キナバル山に行く途中、休憩を取った街にいた子。やっぱ犬もだらけ気味。
c0041132_23174614.jpgさて、もう日本に帰るですー
これで、機内泊を除くと4泊5日。実質4日かな。う~ん、それしかいなかったとは思えない、日記の長さを見てもw

帰りはクアラルンプール経由なので、早めに出発。コタキナバルの空港は、お土産コーナーに冷凍シーフードがあって、でっかいエビなどが氷漬けになってる。日本の冷凍食品と違って、塊の氷の中にまさにカチコチに固定されているというか。近場なら、お土産にいいんだろうな。
c0041132_23282555.jpg直行便があるので、日本語の案内もあるよー♪
国際線チェックイン。
ん?
わざとじゃないのかと、一瞬疑ってしまうw
c0041132_23304690.jpg

c0041132_23311510.jpgセキュリティのおばさまもフレンドリーで、楽しくコタキナバルとお別れ。
ちょうど、日没の時間で、向こうには前日泳いできた島が見える。
乗換えで降りたクアラルンプールの空港は、すごい都会的でびっくり!つい興奮して、ロイヤル・セランゴールで買い物した。まったりしたコタキナバルとは全然違うー。街の雰囲気も、違うのかなぁ。

ではではボルネオシリーズ、今回で終了ですー。果てしない長さになりましたがw、おつきあいありがとうございました♪
さて先日友人に会ったら、日焼けの痕が剥けて困った、と言ってました。私はくっきりついたままです。
のんびりした雰囲気が忘れられない旅でした。今度は、クチンにも行ってみたいな。

今回の旅のお供:有栖川有栖 「マレー鉄道の謎」 ボルネオではなく、キャメロンハイランドが舞台ですが、これを持っていってよかった。マレー語やマレーシア人のことなど、色々参考になりました。
[PR]
by phedre | 2006-12-13 23:50 | ボルネオ | Trackback | Comments(6)