ブログトップ
花粉症
すっかり国民病?となった花粉症
杉の成長に伴ってか、ここ数年で急激に患者数が増えましたね。
虫歯並みじゃないかとも思ってしまう。

今は花粉症っていえば、杉、ブタクサ、イネetcと、罹ってない人でもどんなものか大体知っているけれど、1970年代くらいに訳されてる小説だと、まだ「花粉症」って表現が無く、「枯れ草熱」ってなってるんですよね。
クリスティの小説で、たまに出てきていて、
「あら、お風邪ですか?」
「いえ、枯れ草熱ですので・・・どうぞご心配なく」
みたいなね。イギリスには枯れ草熱という病気があるらしいが、どんな病気なんだろうって
色々想像していたのだけれど、ある日「花粉症」を英語で何というのか聞いた時に、長年の疑問が氷解。
hay feverって 枯れ草熱のことじゃん!
なんだ、ただの花粉症か・・・
クリスティ作品を通した、イギリスへの淡い憧れの一部が崩壊した瞬間であった。

さて私は「枯れ草熱」というより色々アレルギーなので、正直なところ花粉に反応しているのかどうなのか、いまいち自信がない。ほこりが天敵なので、掃除も辛い。
年中鼻炎状態なのだが、最近買ってみてよかったのが、鼻の洗浄スプレー
ミントの香りの精製水が、ぷしゅーっと出てきて、鼻の奥の患部を直撃!
鼻うがいでは、届かないところまで(届くけど、ツーンとなるからしない)根こそぎ洗浄!
とっても 気持ちいい。くせになりそう。

ちなみに、
「朝出かける前に洗浄して、鼻炎スプレーをさしていくと、かなり快適にすごせる」
そうなので、花粉にお困りの方はお試しを。
[PR]
by phedre | 2005-04-06 00:50 | あれこれ