ブログトップ
ベトナム回想(3)ハノイのコロニアルホテル
c0041132_13525269.jpgフエから空路でハノイへ向かう。
ホテルから空港へ―繁華街を抜け、のんびりした下町を過ぎ、だいぶ店もまばらになってきた辺りで、タクシーが急に細い横道に入っていく。近道かな?と思ったら、すぐ先に検問所のようなものが・・・そこがフエ空港だった。角に看板くらい出しときなよ~と思いつつ(ほんとにただの細い道)、空港内へ入る。小さいけれど、清潔感のある建物だ。
ベトナムのいいところは、空港やデパート、美術館などは勿論、街中も清掃が行き届いているところ。
ロビーでお茶していると、モップを持った清掃員さんが何往復もしていく。
街にゴミ箱が無くて、買い食いした後に、ゴミはどこに捨てるの?と聞いたら、道を指差された。車道への段差の辺りに、ゴミが溜まっているところがあって、そのへんに出しておくと、毎日回っている清掃車が片付けてくれるようだ。
この辺はやはり、フランスの影響を受けているんだなぁ。

ハノイに着くと、やはり都会(ってか首都だし)、街へ向かうには高速に乗っていく。高級住宅街の辺りなのだろうか、カラフルでかわいらしい小さな宮殿のような家がいっぱい~!
(写真:水上人形劇の人形売り場。こんなにあると、ちと不気味)
c0041132_14165572.jpg

c0041132_14173519.jpgさてハノイのお宿は、本で読んで数年来憧れていた、ソフィテル・メトロポール・ハノイ。コロニアル~な優雅な建物。↑ロビーの吹き抜け部分。上から&下から。
お部屋は天井が高くて、すごく豪奢な気分になる。
驚いたのは、散歩して部屋に戻ったら、なんとウエルカム生ケーキが準備されていた!しかも、「当ホテルへようこそ」と、直筆のカード付きで。
普通はマカロンと生チョコだけっぽいので、予約のフォーマットに新婚旅行です、と書いたのが効いたのかしら。ちなみにケーキはチョコレートムース、ふわふわして美味しかった~♪

新館と旧館があるので、歴史のある建物の方に泊まりたい方は、旧館の方を指定するのをお忘れなく。

c0041132_17245572.jpgちょっと予約するのが遅かったのか、2泊しか取れなかったので、後半は近くのヒルトン・ハノイ・オペラへ移った。一つ豪華にしたら、もう後はそのまま行っちゃえ~、って感じで、こちらはお部屋のグレードを上げてエグゼクティブルームに。なんて、すっごいリッチな旅に思えるけれど、普通の部屋より20ドルくらい上げるだけで、広いお部屋だけでなく、ラウンジでの朝食はもとより午後はお茶&お菓子、夕方からはちょっとしたおつまみとアルコール類も頂けるとあっては、むしろお得ー。
夜行ったら、ラウンジは西洋の方々ですっかり満員だったw。お茶の時間は、閑散としていたのにー。

c0041132_17323995.jpgお隣がハノイのオペラ座で、パリのオペラ座を模してあり、ヒルトンもそれに合わせた外観になっている。
窓からの眺め、前に見えるのがオペラ座。
ハノイまで来ると、だいぶ涼しくなり、もう半そででは寒い。毎日こんな感じの曇り空だったが、雨にならなかったのは幸いだった。
[PR]
by phedre | 2005-03-29 22:26 | ベトナム