ブログトップ
国立環境研究所 夏の大公開
c0041132_1735427.jpg前回の産総研に続いて国立環境研究所(NIES)夏の大公開

環境研では、まずお土産に布製エコバッグを人数分貰える♪小さな子連れの家族でも、ちゃんと人数分。
開催報告の写真を見ると、うちわも配っていたようだが、着いたときにはもう終わっていたようだ。その他、スタンプラリーで花の苗も貰えたりする。おみやげいっぱーい

こちらは建物は古めだが、敷地内の植物の繁り具合は、研究所の中では群を抜いている。農業関係のところと違うのは、結構ワイルドな雰囲気のところか。リサーチセンター前の農園は、ピシッと植えられていたからなー
なんでも、ここを建てた時に一部雑木林は伐採したが、松などは残したらしい(環境研だけに、周りの環境に配慮している)。

↑の建物は生物環境調節実験施設 一見3階建ての温室だ。
中では、植物と大気環境について-オゾンによって汚染される植物や、逆に成層圏オゾンの破壊をするガスを出す植物などの研究をしている。熱帯のシダ植物から、環境に影響を与えるガスが出るらしい。植物って、環境にはいいものかと思ってたけど、そうとは限らないのね。

ここも、やはり子供が多いので、顕微鏡を覗いたりするのは彼らにお任せして、パネル展示が
あるところは主にそれを見てきた。
部屋いっぱいに詳しい解説展示がされているところもあれば、色々遊ばせてもらえるところもあり、大人にも子供にもバランスのいい展示だったと思う。

それに、ここにも加速器や風洞実験装置があり、ちょっと嬉しい。
ここの加速器は、昔の地球環境はどうだったかを知り、物質の挙動を知る研究のために主に使われる。身近なところで、ナスカ展で見たような、ミイラの年代の特定などにも利用される。

加速器好きの方はこちらをどうぞ→加速器分析施設のサイト


c0041132_17353311.jpg環境研の別のみどころは、コンクリートの素敵な建物♪
木がいっぱいなので、いい位置からなかなか写真を撮れないんだけど・・・

→大気汚染実験棟
時々、どこかの屋上からビームが出ているのが見えるが、どうやらここだったらしい。中に入ってみたかった~
↓左:大気科学棟
右:何のための出っ張りだろう?コンクリートの質感がいい

NIESは普段見学できるところがない分、サイト内の説明が充実していて、見ていると飽きない。子供向けのページも凝っているー 中で面白かったのは、研究所の組織として、ちゃんと総務係や理事長などの仕事の説明もされているところ。確かに、全員が研究だけして成り立っているわけじゃないって、子供には想像しづらいかもね。(文末にリンクをまとめています)

c0041132_17355036.jpg

関連リンク
NIES子供のページ
「夏の大公開」開催報告
NIES施設見学(ここで色々な施設の説明が見られます)
[PR]
by phedre | 2006-08-24 18:21 | お散歩@つくば近郊